FC2ブログ

ぴにゃドラ感想

成績

1回目は《ダンディライオン》を使いまわすリンクデッキで決勝のミラーマッチに敗れ2勝1敗
2回目は《ダンディライオン》を使いまわすリンクデッキで3勝0敗
計5勝1敗でした。
2回とも、1stピックからデッキは決め打ちです。

強かったカード

《ダンディライオン》:間違いなくプール内最強のカードです。このカードを何回場に出すかが勝敗に直結します。
《巌征竜-レドックス》:優秀な地属性と墓地肥やしが多く、3~4枚の働きが期待できる超パワーカードです。
《幻獣機ハムストラット》:召喚権を使わずに《彼岸の黒天使 ケルビーニ》を出せます。中盤以降は綿毛トークンを《幻獣機ドラゴサック》に変換できるので、最後までパワーカードです。
《ダーク・シムルグ》:召喚権を使わない強い攻め手です。
《天威龍ーヴィシュダ》:返し性能が跳ね上がります。《やぶ蛇》を貫通できる伏せ除去としても機能します。
《D.D.クロウ》:ミラーマッチ最強のカードです。2回目のドラフトでは、2手目くらいでピックしました。
《星遺物を継ぐもの》:6マッチ通して一度たりとも腐りませんでした。《死者蘇生》とほぼ同等のパワーカードです。
《幻獣機ドラゴサック》:リンクモンスターを使い切ったあとの貴重な返し札です。《幻獣機ハムストラット》で無限に呼び出せるので、リソースは切れません。
《トロイメア・ユニコーン》:トークンが多く絡む展開で必須です。《強欲な壺》より優先してピックします。
《プロキシー・ドラゴン》:トークンが多く絡む展開で必須です。
《彼岸の黒天使 ケルビーニ》:雑魚ハンが強ハンに化けます。《強欲な壺》より優先してピックします。

特殊ルール

1枚のパワーに依存できなくなるので面白いですが、
2枚取ることでケアできる上、2枚とれるのは1人だけなので、《ダンディライオン》クラスのパワーカードがプールにあると運が大きく絡みます。
(実際、2回とも優勝は《ダンディライオン》を2枚取った人でした。)
スポンサーサイト

ぴにゃドラプレイ前感想

強そうなデッキ

シングル戦は、3軸のリンクデッキがずば抜けているように見えます。
《彼岸の黒天使 ケルビーニ》を早期に召喚し、墓地に《SR 三つ目のダイス》《カードガンナー》《クリッター》《ダンディライオン》などを落としつつ墓地利用に繋ぐことができれば中々捲られないでしょう。
しかし、特殊ルールがあるので、2本目以降は高確率で《彼岸の黒天使 ケルビーニ》を失います。(《貪欲な壺》はサレンダーでケアされないことを祈ります。)
他の勝ち筋が大切です。

他に危険なデッキは、《閃光の追放者》《暗炎星-ユウシ》《ライトロード・モンク エイリン》《ライトロード・アサシン ライデン》《霊滅術師 カイクウ》などの高速ビートダウンです。
3軸に強い罠が効きづらく、噛み合い次第では一方的な展開になり得ます。
また、特定のカードに依存しないので特殊ルールにも強いです。

妨害札の方針

《彼岸の黒天使 ケルビーニ》《奈落の落とし穴》《次元幽閉》が通らないので、無効札の点数は高いです。
《魔界発現世行きデスガイド》《彼岸の黒天使 ケルビーニ》を止められる無効系が強いです。
《バージェストマ・ディノミスクス》《強制脱出装置》《迷い風》は後打ちでも間に合う可能性があります。
《D.D.クロウ》もサイド要因としては最強レベルの妨害札です。

エクストラの方針

《彼岸の黒天使 ケルビーニ》はマストです。《強欲な壺》より優先します。
2枚取れば特殊ルールを無力化できるので、既に1枚持っていても、見たら必ず取ります。
他のリンクモンスターはトークンが混ざっていても動けるカードを優先します。
シンクロは《デブリ・ドラゴン》が絡むカードを取っておきたいですが、1種類あたりの枚数が少ないので、特定のカードを狙うのはあきらめ、レベルだけ合わせて適当に拾います。

メモ

《暗黒界の雷》《魔宮の賄賂》などアンプレイアブルカードが多く、8人なのでデッキの完成度を求めすぎると自滅します。
《星遺物を継ぐもの》《貪欲な壺》《強欲な壺》レベルのパワーがありそうです。
《メタモルポット》《やぶ蛇》は爆弾なので、忘れないようにします。
《ダンディライオン》を連打できるデッキなら、《D-HERO Bloo-D》《エネミーコントローラー》は強そうです。


ドラゴンボール超 ブロリー ネタバレ有り感想

良かった所

・戦闘
最高。
悟空・ベジータ・ゴジータで戦闘の表現が全然違うのも面白い。
噛ませ扱いになりがちだった超サイヤ人ブルーだけど、今作は文句なしにかっこよかった。

・作画
復活のFのテカテカ作画とは違い、原作に近いタッチ。

・ストーリー
シンプルなのに飽きない。
各キャラの行動が自然で、綺麗に最後のバトルとオチに繋がっている。
旧映画とは別物になりすぎない範囲でアレンジしていてバランスが良い。

・キャラクター
主役のフリーザすら適当な扱いを受けていた復活のFと違い、全員大事にされている。
また、復活のFは脇役の戦闘や会話に時間を割いて失敗したので今作のキャラ数の絞り方は素晴らしい。
バランスブレイカーのビルスとウイスが出しゃばらないのも高ポイント。

・その他
ベジータの超サイヤ人ゴッド初お披露目。めちゃくちゃカッコいい。
ゴジータがソウルパニッシャーを使っていた。めちゃくちゃカッコいい。
悟空が珍しくクレバー。
ベジータがフリーザを脅威に感じていたり、フリーザの格が落ちてなくて良かった。
悟空やブロリーの戦闘力が数値化されなくてよかった。復活のFの130万発言などはオタクが気にする。

悪かった所

・ネタバレ
Youtubeでもゴジータ、入場特典にもゴジータ、朝のめざましジャンケンにもゴジータ。
最高のサプライズなのに回避できない。

・3Dポリゴン
戦闘中に違和感あった。

・戦闘以外の作画
違和感あるシーンがいくつかあった。

・謎BGM
技やキャラの掛け声は合わない。

総評

5億点。

ガトドラ プレイ前感想

強そうなデッキ

アンデと征竜です。
競合に強そうな風+地の混合征竜を狙います。
2色竜のスタミナと手数は圧倒的なので、初動と返しを意識しながら下記のカードを中心に集めます。

初動

《カードガンナー》→《デブリ・ドラゴン》《巌征竜-レドックス》《真竜皇リトスアジムD》
《素早いビッグハムスター》→《ライトロード・ハンター ライコウ》《ペロペロケルペロス》《巌征竜-レドックス》
《グレイドル・アリゲーター》→《デブリ・ドラゴン》
《スケープ・ゴースト》→《トロイメア・フェニクス》《電影の騎士ガイアセイバー》
《幻獣機ハムストラット》→《嵐征竜-テンペスト》《真竜凰マリアムネ》《トロイメア・フェニクス》《彼岸の黒天使 ケルビーニ》《電影の騎士ガイアセイバー》
《クローラー・デンドライト》《マスマティシャン》→《幻獣機オライオン》《ダンディライオン》《ペロペロケルペロス》《巌征竜-レドックス》
《裏風の精霊》→《スケープ・ゴースト》《クローラー・デンドライト》《ライトロード・ハンター ライコウ》《素早いビッグハムスター》
《ライトロード・ハンター ライコウ》
《トリオンの蟲惑魔》→《底なしの落とし穴》

召喚権を使う攻め

《EMハンサムライガー》
《怪鳥グライフ》
《霞の谷のファルコン》
《クロック・ワイバーン》《幻獣機テザーウルフ》《幻獣機ブラックファルコン》
《ライトロード・マジシャン ライラ》《ライトロード・モンク エイリン》
《次元合成師》
《風帝ライザー》《魔装邪龍 イーサルウェポン》
《光と闇の竜》
《烈風帝ライザー》
《クレーンクレーン》
→《トロイメア・フェニクス》《彼岸の黒天使 ケルビーニ》
《サイバース・ガジェット》→《瑚之龍》
《デブリ・ドラゴン》→《ブラック・ローズ・ドラゴン》《トロイメア・フェニクス》

召喚権を使わない攻め

《グローアップ・バルブ》
《A・ジェネクス・バードマン》
《Emハットトリッカー》
《ジュラゲド》
《こけコッコ》
《ダイナミスト・ブラキオン》
《急き兎馬》
《魔晶龍ジルドラス》
《巌征竜-レドックス》
《亡龍の戦慄-デストルドー》
《嵐征竜-テンペスト》
《影星軌道兵器ハイドランダー》
《混源龍レヴィオニア》
《トラゴエディア》

《強化蘇生》
《ピンポイント・ガード》


返し札

《ブラック・ホール》
《帝王の烈旋》

《神風のバリア -エア・フォース-》
《激流葬》
《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-》
《無差別崩壊》

《瑚之龍》
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《スクラップ・ドラゴン》
《灼銀の機竜》

《No.101 S・H・Ark Knight》
《ヴァレルロード・ドラゴン》

【プリンセス征竜】4勝1敗



攻め筋

《切れぎみ隊長》
《デブリ・ドラゴン》
《カオス・ソーサラー》
《巌征竜-レドックス》


上記は墓地を必要とするため、初動には《カードガンナー》《光の援軍》ギミックを採用。
この初動と相性の良い防御札である《工作列車シグナル・レッド》《バージェストマ・カナディア》を取り入れ、さらにこの2枚を強く扱える《ワイトプリンセス》をフル投入。
1度デッキが回転すれば、《巌征竜-レドックス》のスタミナと7シンクロ・7エクシーズの盤面解決力で押すことができる。

頭10枚のピック

BF-精鋭のゼピュロス
カードガンナー
デブリ・ドラゴン
デブリ・ドラゴン
グレイドル・アリゲーター

光の援軍
強化蘇生
矮星竜 プラネター
エフェクト・ヴェーラー

強化蘇生

ギミック紹介

(1) 《切れぎみ隊長》《黒き森のウィッチ》を蘇生
(2) 《工作列車シグナル・レッド》《強化蘇生》《リビングデッドの呼び声》《A・ジェネクス・バードマン》《BF-精鋭のゼピュロス》《獣神ヴァルカン》でバウンス
(3) 《工作列車シグナル・レッド》《バージェストマ・カナディア》《ワイトプリンセス》で補助
(4) 《巌征竜-レドックス》《紅蓮の機界騎士》《トラゴエディア》《シャッフル・リボーン》《幻獣機ドラゴサック》に繋ぐ
(5) 《ライトロード・マジシャン ライラ》《巌征竜-レドックス》《星遺物を巡る戦い》で飛ばす
(6) 《シャッフル・リボーン》《強化蘇生》《リビングデッドの呼び声》をデッキに戻す
(7) 《シャッフル・リボーン》《カードガンナー》《グレイドル・アリゲーター》を再利用
(8) 《黒き森のウィッチ》《増援》《光の援軍》によるシルバーバレット
プロフィール

いむな

Author:いむな
ドラフトの王


2015秋ドラ 7勝2敗ベスト4
2016秋ドラ 8勝1敗ベスト4
2017秋ドラ 1勝2敗予選落ち

TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR