目次

:ファンデッキ関連 2013/03制限対応
《幻想召喚師》 
《極星神》 New! 2013/05/14
《ゾンビ・マスター》《蒼血鬼》 New! 2013/05/14

:スキドレギアバレー関連
2012年上半期構築解説
《カードカー・D》考察
《召喚僧サモンプリースト》考察
《禁じられた聖衣》考察

:征竜関連
構築解説(3月時点)
ミラー考察(4月時点)

:コラム
簡単に求められる確率計算
スポンサーサイト

制限改訂感想

【禁止】
《真竜剣皇マスターP》《ドラゴニックD》

【制限】
《ABC-ドラゴン・バスター》《源竜星-ボウテンコウ》《召喚師アレイスター》《真竜拳士ダイナマイトK》《魂喰いオヴィラプター》《同族感染ウィルス》《ベビケラサウルス》《テラ・フォーミング》《グリモの魔導書》《真竜の継承》《真竜皇の復活》《トリックスター・リンカーネイション》

【準制限】
《WW-アイス・ベル》《召喚僧サモンプリースト》《増殖するG》《化石調査》《貪欲な壺》《未来融合-フューチャー・フュージョン》

【制限解除】
《EMペンデュラム・マジシャン》《黒き森のウィッチ》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《異次元からの埋葬》《炎舞-天キ》《儀式の準備》《機殻の生贄》《真帝王領域》《揺れる眼差し》《竜の渓谷》


《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》さえ刷っていなければ満点近い改訂だと思います。
毎度お馴染みとなっている最近のカードを禁止にガンガン放り込む格好ですが、放置よりはマシですね。
《星守の騎士 プトレマイオス》《Emダメージ・ジャグラー》《EMモンキーボード》《十二獣ドランシア》と、流石に同じことを繰り返し過ぎなので、今度こそ終わりにしてもらいたいところです。

改訂内容ですが、前環境ダントツ最強の【恐竜】が大きく弱体化し、ぶん回しデッキを陰で支えていた【真竜】もそれ以上に弱体化しました。
これによって、メインデッキから大量の手札誘発を積むことが許されるため、間接的には【SPYRAL】が弱まったとも言えます。
メイン手札誘発等、【SPYRAL】包囲網がどの程度働くかが、今後の環境の面白さを左右しそうです。

WW・召喚獣・魔導書等の人気汎用パーツや、【ユニオン】【トリックスター】といった準環境トップを規制したことは、「それより強いSPYRALを放置したのに何故」とヘイトを集める要因にもなっています。
特に前者はオリジナルデッキに出張しやすいパーツであり、SPYRALに対抗しやすくする為にも3か月待っても良かったと思います。
とはいえ、《スケープ・ゴート》《ブリリアント・フュージョン》《強欲で貪欲な壺》《隣の芝刈り》は健在なので、パワフルなオリジナルデッキを組めないこともなさそうです。

環境頭は【SPYRAL】一強が予想されますが、【十二獣】【EMEm】ほどのパワーはなく、【真竜】【恐竜】を両方マークするよりは遥かに楽なため、準環境トップでも勝てる可能性は十分にあります。
また、《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《機殻の生贄》等の緩和と『リンクブレインズパック』を合わせて、上手くバランスを取ってくれると期待しています。

改訂予想

・新禁止
《真竜剣皇マスターP》《源竜星-ボウテンコウ》

・新制限
《幻創のミセラサウルス》《スケープ・ゴート》《テラ・フォーミング》《命削りの宝札》《化石調査》《機械複製術》《盆回し》《神の通告》

・新準制限
《A・ジェネクス・バードマン》《WW-アイス・ベル》《影霊衣の術士 シュリット》

・制限解除
《レスキューキャット》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《炎舞-「天キ」》《機殻の生贄》《竜の渓谷》

《コード・トーカー》

闇 サイバース族/リンク 1300
効果モンスター2体
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
②:このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。
【LINK-2:上/下】

自分のモンスターを墓地に送る役割

《魔界発現世行きデスガイド》《クリッター》の盤面から《クリッター》の効果を発動させたり、《サイバース・ガジェット》《増殖するG》の場から動くことができます。
また、《洗脳-ブレインコントロール》《精神操作》で奪ったモンスターや、エクストラゾーンを埋めている《ダイガスタ・エメラル》等を退かす事も可能です。

《プロキシー・ドラゴン》との違い

上記の動きをした場合、エクストラゾーンが空いている点が最大の魅力です。
リンク召喚の他、少ない消費でシンクロ・エクシーズに繋ぐ事ができます。
また、《ファイアウォール・ドラゴン》の実質リンク数を7から6に下げられる点も魅力の1つです。
《プロキシー・ドラゴン》と比べた場合の欠点は、効果モンスターしか素材にできない為、トークンを効果モンスターに変換するという大きな役割を失っている点です。

ピックの優先度

《コード・トーカー》の場合、あると便利なカードではありますが、「自分のモンスターを墓地に送る必要があり」「追加でシンクロ・エクシーズを行う余裕がある」場合でなければ《プロキシー・ドラゴン》でも事が足ります。
《プロキシー・ドラゴン》は、《ダンディライオン》《スケープ・ゴート》のパワーを大きく上げるという重要な役割を担っているため、基本的には《プロキシー・ドラゴン》を優先的にピックすることになりそうです。
とはいえ、トークン戦術を使わないのであれば、《コード・トーカー》を優先しましょう。

納涼祭2017

春フェスぶりに現代遊戯王やりました。
久しぶりにオリジナルデッキを使ってCSに出られたので残しておきます。

削り真竜 後攻×〇〇
召喚真竜 先攻〇〇
ザウルス 後攻××
ユニオン 後攻〇×〇
パシフィス 後攻〇〇
個人4-1 チーム2-2-1予選落ち

モンスター×29枚
《ローンファイア・ブロッサム》×3枚
《捕食植物オフリス・スコーピオ》×3枚
《捕食植物ダーリング・コブラ》×2枚
《ブロックドラゴン》×2枚
《ジェムナイト・アレキサンド》
《ジェムナイト・エメラル》
《ギガンテス》×3枚
《魂喰いオヴィラプター》
《ジャイアント・レックス》×2枚
《怒炎壊獣ドゴラン》
《粘糸壊獣クモグス》×3枚
《BF-朧影のゴウフウ》
《H・C 強襲のハルベルト》×2枚
《増殖するG》×3枚
《灰流うらら》×3枚


魔法カード×11枚
《化石調査》×3枚
《ブリリアント・フュージョン》×3枚
《おろかな埋葬》
《ハーピィの羽根帚》
《コズミック・サイクロン》×3枚


エクストラ×15枚
《リンクリボー》
《リンクスパイダー》
《ミセス・レディエント》×2枚
《アカシック・マジシャン》
《バイナル・ソーサレス》
《デコード・トーカー》
《星杯戦士ニンギルス》
《トポロジック・ドラゴン》
《ヴァレルロード・ドラゴン》

《M.X-セイバー インヴォーカー》
《No.41 泥睡魔獣バグースカ》
《No.39 希望皇ホープ》
《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》

《ジェムナイト・ジルコニア》

このデッキ

【ブロックドラゴン】といえば十二獣を入れた型が強かったらしいのですが、《十二獣ブルホーン》が禁止カードに指定されてしまい、先攻1ターン目で《ブロックドラゴン》を出すことができなくなってしまいました。
そこで今回は、「《ブロックドラゴン》へのアクセス」「《ブロックドラゴン》のコスト確保」を1枚で行える《捕食植物オフリス・スコーピオ》に注目しました。
《ローンファイア・ブロッサム》《ブリリアント・フュージョン》を含めることで初動は9枚に達するので、及第点と言えます。

さて、《ブロックドラゴン》の相方ですが、十二獣はパワーが激減した上、《捕食植物オフリス・スコーピオ》と召喚権を喰い合ってしまうため、《ジャイアント・レックス》《BF-朧影のゴウフウ》《スケープ・ゴート》を採用することにしました。

《ジャイアント・レックス》を擁する恐竜ギミックはスタミナとライフを取る速度を爆発的に高めてくれるだけでなく、《ブロックドラゴン》にアクセスできない場合の時間を《魂喰いオヴィラプター》で稼ぐことができます。
例えば、《魂喰いオヴィラプター》《ギガンテス》《魂喰いオヴィラプター》《粘糸壊獣クモグス》はそれなりに強い返しです。

後者のトークンギミックは、単体性能が非常に高い上、《リンクスパイダー》《ミセス・レディエント》《星杯戦士ニンギルス》等を連続リンク召喚する事で、《ブロックドラゴン》のコストを確保することができます。

残りの枠は、剛鬼の代わりに《H・C 強襲のハルベルト》を採用するなどして、《増殖するG》《灰流うらら》《ハーピィの羽根帚》《コズミック・サイクロン》をフル投入できるスペースを確保しました。

先攻展開を手札誘発で止められた場合の防御力と、相手の先攻展開を返す攻撃力を両立できるほどのスペックはこのデッキにはないため、前者をある程度捨て、後攻を自ら選択するようにしました。
そのため、トップメタの恐竜相手の後手に使いづらい《スケープ・ゴート》はサイドに回しました。

ワンショット展開

《捕食植物オフリス・スコーピオ》を通せばワンキルが成立します。
最終盤面は《ギガンテス》《ギガンテス》《ミセス・レディエント》《ミセス・レディエント》です。

先行展開

《捕食植物オフリス・スコーピオ》を通せば先攻展開できます。
最終盤面は《デコード・トーカー》《ジェムナイト・ジルコニア》《No.41 泥睡魔獣バグースカ》です。
後続に地属性3枚+《ブロックドラゴン》が確定するため、それなりに強いです。

その他の展開

《ブロックドラゴン》《ミセス・レディエント》を並べてビートダウンします。
前は《粘糸壊獣クモグス》、後ろは《ギガンテス》で剥がしつつ、《ミセス・レディエント》で使いまわします。

これら全ての展開は、恐竜ギミックやトークンギミックが絡むことで大幅に強力になります。
プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR