リンク召喚について

リンク召喚とシンクロ召喚

リンク召喚は、チューナーとレベル合わせが不要な代わりにパワーが落ちたシンクロ召喚です。

リンク3の《スリーバースト・ショット・ドラゴン》は、《幻層の守護者アルマデス》と同程度の性能ですが、消費が1枚多いです。
《ライトロード・アーク ミカエル》《ブラック・ローズ・ドラゴン》といった大きなリターンを見込めるカードも、《トロイメア・フェニックス》と同じ2枚消費で出せてしまうことを考えると、リンクモンスターのパワーの低さが目立ちます。

そんなリンクモンスターがシンクロモンスターを上回っている点としては、
(1) 消費を抑える方法をシンクロよりも多く持つこと。
(2) 高リンクモンスターを召喚する際、低リンクモンスターの効果を使えること。
(3) レベルを合わせる必要がないこと。
が挙げられます。

シンクロ召喚の消費を抑えるには、《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》といった吊り上げモンスターを使うか、《黒き森のウィッチ》《ゴブリンゾンビ》などとチューナーを並べる必要がありますが、
リンク召喚はモンスターを並べるだけで良いので《黄泉ガエル》《幻獣機テザーウルフ》など、多くのカードと組み合わせられます。

《獣神ヴァルカン》経由で《スクラップ・ドラゴン》を出すためには、チューナー2体が要求されるため連続召喚のハードルは高いです。
対してリンク召喚は、3体のモンスターを並べるだけで、《トロイメア・フェニックス》経由で《スリーバースト・ショット・ドラゴン》を出すことができます。
例えばリンク2とリンク3のカードを2種類ずつピックすれば、3体のモンスターを並べることで4通りのリターンを得られるようになり、レベル合わせの必要がないことも相まって戦術が組み立てやすいです。

リンクモンスター

アンダークロックテイカー×2
トロイメア・ケルベロス×4
トロイメア・フェニックス×4

スリーバーストショット・ドラゴン×2
デコード・トーカー×2
トポロジック・トゥリスバエナ×2
トロイメア・ユニコーン×2
電影の騎士ガイアセイバー×2

トポロジック・ボマー・ドラゴン×2


リンク2トロイメアの2種類は、手札を除去として使うことができます。
他のリンク2は性能が低く、上記を削ってしまうと持つ者と持たざる者の差がついてしまうので、少数精鋭としています。
スポンサーサイト

新マスタールールとリンク召喚の振り返り

新マスタールール導入から1年ちょっと経ったので、良かった点と悪かった点をまとめてみます。

〇選択肢の増加

リンクモンスターはレベル関係なく出せるので、多くの場面で召喚可能な状態になり、選択肢が増えます。
また、列の要素が新しく取り入れられたことで、モンスターを召喚する位置も重要になりました。
シンクロ・エクシーズを複数並べられないので、カードをプレイする順序を誤ると狙った盤面を作れません。

〇大量展開の抑制

新ルール最大の功績です。
シンクロやエクシーズ体は基本的に強く、出している側がとても有利です。
そのような有利な状況で、2体目のシンクロやエクシーズを出せなくなったので、ワンサイドゲームが減りました。
また、シンクロ・エクシーズを並べてライフを一気に削ることも難しくなり、ゲームスピードが緩やかになりました。

〇過去のカードの見直し

エクストラに依存しない召喚方法として、《邪帝ガイウス》などのアドバンス召喚の価値が大きく上昇しました。
《黄泉ガエル》《終焉の焔》《バージェストマ・カナディア》などのシンクロ・エクシーズに使いづらかった素材や、《エネミーコントローラー》《好敵手の記憶》などのコントロール奪取系のカードの使いやすさが増しました。

〇リンクモンスターのバランスの良さ

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》《ヴァレルロード・ドラゴン》など、同じリンク数でも出しやすさに差があり、出しにくいほど強くなるというバランスが絶妙です。
効果自体もコンボ性に富んでいるものが多いです。

〇新規カードの面白さ

リンクモンスターのみならず、《ワイトプリンセス》《紅蓮の機界騎士》《星遺物を巡る戦い》《閃刀術式-ジャミングウェーブ》等、新ルールならではの面白いカードが多く登場しています。

×過去のカードの弱体化

《ラヴァルバル・チェイン》《ダイガスタ・エメラル》など、繋ぎ役のエクシーズ体は展開を阻害してしまうため、大きく弱体化しました。

×過去のカードの強化

《スケープ・ゴースト》《ダンディライオン》《魔界発現世行きデスガイド》は、リンク召喚との相性が良すぎるため、オーバースペックなカードとなってしまいました。

採用しているリンクモンスター

《リプロドクス》《プロキシー・ドラゴン》《トロイメア・ゴブリン》《アンダークロック・テイカー》
《スリーバーストショット・ドラゴン》《デコード・トーカー》《トロイメア・ユニコーン》《電影の騎士ガイアセイバー》
《トポロジック・ボマー・ドラゴン》《ヴァレルロード・ドラゴン》
の計10種類を採用しています。
リンク2は基本的に下敷きで、《カオス・ソーサラー》《ダーク・シムルグ》《巌征竜-レドックス》の3属性に対応させています。


構築・ピック・プレイングの深みが増し、ゲームスピードが緩やかかつ有利不利が入れ替わりやすい面白いゲーム展開が増えた点で、素晴らしいルール改正だったと思います。

ドラフトに入れていないカード

一般的なドラフトではメジャーですが、採用しなかったカードを紹介していきます。

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》

典型的なパワーカードです。
一瞬でライフを奪ってしまい、ゲームが大味になってしまうため採用していません。
これほど高いパワーを持つカードは、「見たら即ピック」が定石となるため、パック運に左右されやすくなってしまいます。
《スケープ・ゴースト》《天使の施し》《氷結界の龍 トリシューラ》等も同様です。

《魔界発現世行きデスガイド》

先攻1ターン目に通ってしまうと、簡単にゲームをコントロールできてしまいます。
《クリッター》から2枚目の自身を持ってくる動きも強力で、潜在アドバンテージが大きすぎます。
《カードカー・D》《トリオンの蠱惑魔》等も同様の理由です。

《キングレムリン》

先攻1ターン目にこのカードをエクシーズ召喚し、罠を構えて第二第三のランクエクシーズに繋げるデッキは、大量の罠とレベル4を展開するカードをピックし続けるだけで簡単に組めてしまいます。
また、《フォトン・スラッシャー》《ゴブリン・ドバーグ》《カメンレオン》《キングレムリン》等、ランク4デッキ以外では優先度が低いカードが中心のため、ランク4デッキを組むと決め打ちしたプレイヤーがピックから孤立してしまいがちです。

《緊急テレポート》

サーチ先は《幽鬼うさぎ》すらパワーが低く、プール内に大量の弱いカードを入れる必要があります。《緊急テレポート》を2枚以上ピックして、《サイコ・コマンダー》《クレボンス》を1枚取るか取らないかレベルであるため、パックに下位で流れるカードを固定化させてしまう要因に繋がります。
《レスキューラビット》《聖刻龍-トフェニドラゴン》等も似た理由です。

《霞の谷のファルコン》

このカードが強く使われている場合、殆どがハメ技が成立している状況です。弱いorハメ技の二極化に繋がるので、不採用となっています。
《デス・ラクーダ》《追い剥ぎゴブリン》等も同様の理由です。

《輪廻天狗》

3枚前提や2枚1セットのカードはピックが歪みやすくなります。《アイス・ハンド》等も同様です。

《底無しの落とし穴》《砂塵のバリア-ダストフォース-》

シンクロ・エクシーズモンスターに当てた場合、後続を防ぐため「殴らないプレイ」が正解になるケースが多発します。
その場合、ゲームが無駄に長引いてしまうため、採用していません。

ドラフトのおはなし2

先攻ドローの有無

自分のドラフトは、先攻ドローありでやっています。
なぜなら、中程度のパワーの環境であれば先攻1ターン目にアドバンテージを突き放したり、盤面を固めきることはできないからです。
先攻でアドバンテージを獲得する手段は《EMドクロバット・ジョーカー》《アステル・ドローン》の絡んだ《キングレムリン》のエクシーズ召喚程度ですが、
後攻でアドバンテージを獲得する手段は《大嵐》などの単体カード、《キラー・トマト》《強制転移》《氷帝メビウス》《帝王の烈旋》といったコンボに加えて、戦闘破壊があります。
逆に戦闘破壊を恐れて先攻側がモンスターを置かないと、ダイレクトアタックが決まってしまいライフレースで差をつけられてしまいます。


強テーマと弱テーマの格差

弱すぎるテーマ・強すぎるテーマをプールから排除したドラフトであっても、テーマ間のパワーの格差は必ずついてしまいます。
これにどう向き合うかですが、個人的には「優秀な罠を絞る」「強いテーマの数を絞る」「強いテーマのキーカードに汎用性を与える」ことによって差を少し埋めたいと考えています。
前者の「優秀な汎用魔法罠を絞る」ことによって、《神の宣告》《奈落の落とし穴》のような優秀なカードを強力なデッキが多数確保できないようにします。
そして、後者の「強いテーマの数を絞る」「強いテーマのキーカードに汎用性を与える」ことによって強いテーマのカードを競合させ、テーマカードを優先しなければ強い構築を作りづらい状態を作ります。
具体的には《焔征竜-ブラスター》を使うデッキとして征竜の他に炎属性ビート・ドラゴン族ビートを設けることで、競合を発生させる、などです。

パワーの高いデッキ(征竜)を選んだプレイヤーにとっては《焔征竜-ブラスター》>《奈落の落とし穴》という優先度
パワーの低いデッキ(グッドスタッフ)を選んだプレイヤーにとっては《奈落の落とし穴》>《サイバー・ドラゴン》という優先度
になるため、罠の質という点でパワー差を埋めることができます。
また、人気の高いテーマは低いテーマよりも競合が発生しやすいため、フルパワーで組むことも難しくなります。
プロフィール

いむな

Author:いむな
ドラフトの王


2015秋ドラ 7勝2敗ベスト4
2016秋ドラ 8勝1敗ベスト4
2017秋ドラ 1勝2敗予選落ち

TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR