CORE雑感

CORE-JP010「ファーニマル・マウス」星1 地 天使族 100/100
このカードの効果を発動するターン、自分は「デストーイ」モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。①:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ自分メインフェイズに発動できる。デッキから「ファーニマル・マウス」を2体まで特殊召喚する。

3体分のカウントになるので、《融合》《魔玩具融合》のパワーが跳ね上がる。
ただ初動が少ない問題点は解決していない。


CORE-JP013「RR-ファジー・レイニアス」星4 闇 鳥獣族 500/1500 レア
「RR-ファジー・レイニアス」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、このカードの効果を発動するターン、自分は「RR」モンスターしか特殊召喚できない。①:自分フィールドに「RR-ファジー・レイニアス」以外の「RR」モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「RR-ファジー・レイニアス」1体を手札に加える。

《RR-バニシング・レイニアス》《スワローズ・ネスト》《闇の誘惑》《ゴッドバードアタック》のかなり強い弾。
《おろかな埋葬》も初動としてカウントできるようになる。


CORE-JP014「RR-シンギング・レイニアス」星4 闇 鳥獣族 100/100
「RR-シンギング・レイニアス」の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。①:自分フィールドにXモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

選択肢としては欲しい場合もありそう。
例えば《星守の騎士 プトレマイオス》の後ろから《RR-トリビュート・レイニアス》を投げる場合とか。


CORE-JP015「Emダメージ・ジャグラー」星4 光 魔法使い族 1500/1000
「Emダメージ・ジャグラー」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分にダメージを与える魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その発動を無効にし破壊する。②:自分または相手のバトルフェイズにこのカードを手札から捨てて発動できる。このターン自分が受ける戦闘ダメージを1度だけ0にする。③:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「Emダメージ・ジャグラー」以外の「Em」モンスター1体を手札に加える。

エンタメイジ版《紋章獣レオ》で、サーチをキープできるのでかなり使いやすい。
第二効果も自発的に単体で墓地に送れることを考えると優秀。


CORE-JP016「Emフレイム・イーター」星4 炎 魔法使い族 1200/1600 レア
①:自分にダメージを与える魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、その効果で自分が受けるダメージを0にする。このターン、自分は「Em」モンスターしか特殊召喚できない。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。お互いのプレイヤーは500ダメージを受ける。

《H・C サウザンド・ブレード》を蘇生できる。


CORE-JP017「Emハットトリッカー」星4 地 魔法使い族 1100/1100
①:フィールドにモンスターが2体以上存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:自分にダメージを与える魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードにEmカウンターを1つ置く(最大3つまで)。その後、その効果で自分が受けるダメージを0にする。③:このカードにEmカウンターが3つ置かれた時にこのカードの攻撃力・守備力は3300になる。

《H・C 強襲のハルベルト》《真六武衆-キザン》を足して2で割った感じ。
エンタメイジネームなのでサーチも容易。


CORE-JP018「Emトリック・クラウン」星4 光 魔法使い族 1600/1200
「Emトリック・クラウン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「Em」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。その後、自分は1000ダメージを受ける。

シンクロエクシーズなんでもありの不死の壁。
《H・C サウザンド・ブレード》と合わさるとかなりうっとうしい。


CORE-JP025「竜剣士ラスターP」星4 光 ドラゴン族/ペンデュラム/チューナー 1850/0 スーパーレア
このカードを素材として、「竜剣士」モンスター以外の融合・S・Xモンスターを特殊召喚する事はできない。
【P効果 青5/赤5】
①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。そのカードを破壊し、そのカードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。

エクストラデッキをガンガン肥やせるという、P効果も強めのペンデュラムチューナー。
シンクロ先は縛られていますがスペックは高めなのでなんとかなるでしょう。


CORE-JP050「爆竜剣士イグニスターP」星8 炎 ドラゴン族/シンクロ 2850/0 ウルトラレア
チューナー+チューナー以外のPモンスター1体以上
①:1ターンに1度、フィールドのPモンスター1体またはPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。デッキから「竜剣士」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはS召喚の素材にできない。
2850という高い打点を持つ上、どちらの効果も優秀なので、ペンデュラムから連発できればかなり嫌がられそう。


CORE-JP042「エキセントリック・デーモン」星3 光 悪魔族/ペンデュラム 800/1000
「エキセントリック・デーモン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードをリリースし、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
【P効果 青7/赤7】
「エキセントリック・デーモン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカード以外のフィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードとこのカードを破壊する。

見ての通り汎用性の鬼。


CORE-JP045「応戦するG」星4 地 昆虫族 1400/1400 ノーマルレア
①:相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:このカードの①の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。

インフェルノイド・ネクロス・シャドールに打撃を与えられ、ヒーロー・クリフォート・インフェルノイドは採用できないという素敵なバランスのカード。


CORE-JP053「Emトラピーズ・マジシャン」星4 光 魔法使い族/エクシーズ 2500/2000 レア
魔法使い族レベル4モンスター×2
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はこのカードの攻撃力以下の戦闘・効果ダメージを受けない。②:自分・相手のメインフェイズ1に1度、このカードのX素材を1つ取り除き、このカード以外のフィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。このターンそのモンスターは2回攻撃でき、バトルフェイズ終了時に破壊される。③:このカードが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「Em」モンスター1体を特殊召喚する。

《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》などを2回攻撃させてライフを奪っても良し、メイン2の前に相手のモンスターを破壊しても良し(できないかも)、戦闘を躊躇させても良しとかなり強力なエクシーズ体です。
サーチ先も超優秀で、自身も2500打点と隙がありません。


CORE-JP054「真紅眼の鋼炎竜」星7 闇 ドラゴン族/エクシーズ 2800/2400 ウルトラレア
レベル7モンスター×2
①:X素材を持ったこのカードは効果では破壊されない。②:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動する度に相手に500ダメージを与える。③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分の墓地の「レッドアイズ」通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

どちらの効果もライフをゴリゴリ削れます。
耐性も相まって、出せれば非常に強いモンスターです。


CORE-JP055「ピアニッシモ」速攻魔法
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、その表側表示モンスターの元々の攻撃力は100になり、戦闘・効果では破壊されない。

除外やバウンスに対応しないかわりに、モンスター効果による破壊や戦闘破壊に対応し、被ダメージがかなり増えた《禁じられた聖槍》です。
相手に使えないのがかなりマイナス。


CORE-JP056「ブリリアント・フュージョン」永続魔法
「ブリリアント・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。①:このカードの発動時に自分のデッキから「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてエクストラデッキから融合召喚する。このカードがフィールドから離れた場合にそのモンスターを破壊する。②:1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力を相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

超パワーカードで、ジェムナイトデッキでなくても出張させる価値のあるカードです。
デッキにジェムナイトという不純物を積むリスクこそ負いますが《おろかな埋葬》+αは非常に強いです。
なかでも《ジェムナイト・セラフィ》は素材も効果も超一流。


CORE-JP065「捕違い」速攻魔法 レア
①:このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで、お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。

拘束時間が長いため、相手ターンの《マンジュ・ゴッド》を止めた返しに《マンジュ・ゴッド》を使えません。
となるとサーチを多用しないテーマで使いたいカードですが、それならば《手違い》で十分です。
テラナイト程度のサーチ依存デッキであれば、《マインドクラッシュ》のような感覚で使えるかも。


CORE-JP066「揺れる眼差し」速攻魔法
①:お互いのPゾーンのカードを全て破壊する。その後、この効果で破壊したカードの数によって以下の効果を適用する。
●1枚以上:相手に500ダメージを与える。
●2枚以上:デッキからPモンスター1体を手札に加える事ができる。
●3枚以上:フィールドのカード1枚を選んで除外できる。
●4枚:デッキから「揺れる眼差し」1枚を手札に加える事ができる。

ペンデュラムデッキのミラーマッチでは強そうです。
3枚破壊を打てればサーチ&除外と宇宙。


CORE-JP067「チキンレース」フィールド魔法 ノーマルレア
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。②:お互いのプレイヤーは1ターンに1度、自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。

《成金ゴブリン》《テラ・フォーミング》あわせて9枚になったという非常事態。
ワンキル系統以外では、ゴルガービートでかなり使いやすそうです。


CORE-JP070「ラプターズ・ガスト」カウンター罠
①:自分フィールドに「RR」カードが存在し、魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。

RRも《ハーピィの羽根帚》のケアができるようになりました。
《神星なる因子》と違って連発できますがモンスターは止められません。

CORE-JP074「潤いの風」永続罠
「潤いの風」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:1000LPを払ってこの効果を発動できる。デッキから「アロマ」モンスター1体を手札に加える。②:自分のLPが相手より少ない場合にこの効果を発動できる。自分は500LP回復する。

往復でサーチできるので《クリフォート・ツール》以上のアドバンテージを獲得できます。
回復もできるので実質コストは500ですね。


CORE-JP076「神風のバリア-エア・フォース-」通常罠 スーパーレア
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主の手札に戻す。

攻撃宣言時《強制脱出装置》ってかなり弱い打ち方なので、それしかできないのは駄目ですね。
全員破壊耐性持ちの展開テーマが出れば視野です。


CORE-JP081「矮星竜 プラネター」星4 光 ドラゴン族 1700/1200
①:このカードを召喚したターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから光属性または闇属性のレベル7モンスター1体を手札に加える。

《アテナ》《ダーク・アームド・ドラゴン》《冥府の使者ゴーズ》《ダーク・シムルグ》《カオスハンター》


CORE-JP087「魔装戦士 ドラゴディウス」星4 光 戦士族/ペンデュラム 1500/1500
①:自分のモンスターゾーンのこのカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。このターンのエンドフェイズに、デッキから「魔装戦士 ドラゴディウス」以外の攻撃力2000以下の、戦士族または魔法使い族モンスター1体を手札に加える。
【P効果 青2/赤2】
①:自分のモンスターが相手の表側表示モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に手札を1枚捨てて発動できる。その戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力は半分になる。

手札全てが収縮と化すP効果に、強めのリクルート効果を持つので使いやすそう。


CORE-JP088「魔装戦士 ドラゴノックス」星4 闇 戦士族/ペンデュラム 1500/1500
①:1ターンに1度、手札を1枚捨て、自分の墓地の攻撃力2000以下の、戦士族または魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。
【P効果 青7/赤7】
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。このカードを破壊し、そのバトルフェイズを終了する。

裏で置くので使いづらそうです。第二効果は見えている《超電磁タートル》


CORE-JP090「召魔装着」フィールド魔法
①:自分フィールドのドラゴン族・戦士族・魔法使い族モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。②:1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「魔装戦士」モンスター1体を特殊召喚する。③:1ターンに1度、自分の墓地の戦士族・魔法使い族モンスターを合計4体除外して発動できる。デッキから「イーサルウェポン」モンスター1体を手札に加える。

《音響戦士ギータス》を彷彿させる展開カード。
出てくるカードがバニラでない上打点もあるのがかなり良いですね。
スポンサーサイト

幻獣機雑感その2

前回幻獣機について紹介しましたが、最近相性の良いカードがたくさん登場しましたので、触れてみます。


《マスマティシャン》
一番はなんといってもこのカードで、召喚時に《幻獣機オライオン》を墓地に送れます。
その際、トークンが生成されるため疑似的な《幻獣機テザーウルフ》としての働きをします。
さらに落とした《幻獣機オライオン》を除外することで召喚権を増やせるため、このカードは実質的に召喚権を使わず場に出せています。
召喚権の追加とトークンの生成をたったの1枚で行えるわけですから、デッキに投入しない理由を思いつくほうが難しいほどの超優秀カードです。
似たカードに《スクラップ・リサイクラー》がありましたが、このカードは打点1500に加えて戦闘破壊でアドバンテージを失いません。
《スクラップ・リサイクラー》《幻獣機オライオン》を落としたところで、返しに戦闘破壊されてしまっては単なるアド損で終わってしまうため、《マスマティシャン》とは性能が雲泥の差です。

《ドロー・マッスル》
トークンを戦闘破壊から守るキャントリップです。
幻獣機はトークンを維持することでテンポアドバンテージ・カードアドバンテージを稼ぐデッキなので、トークンを守ることは大きな意味を持ちます。
それがフリーチェーンの《成金ゴブリン》のおまけでできるのですから3枚投入以外の選択肢がありません。
トークンがないときは腐ってしまう欠点を持ちますが、《マスマティシャン》のおかげでそのような事態には殆ど陥らなくなったのが大きいですね。

《幻獣機 ヤクルスラーン》
幻獣機の半端な布陣として、レベル7幻獣機(+トークン)、手札に《幻獣機オライオン》というものがあります。
今までは何の意味も持たなかった布陣の終着点として、このシンクロが登場したことは喜ばしいことです。
効果自体もかなり強く、出しただけで1ハンデスする上に、その後も耐性とサーチ効果のおかげで、何もできずに退場する可能性が低いです。

《ソウル・チャージ》
幻獣機はライフを失いづらいデッキであるため、ダメージのリスクが小さめです。
《幻獣機ドラゴサック》が出せる状況で打てれば、自身をリリースすることで素材と自身を即座に蘇生することができます。
こうすることで《影依融合》の縛りからも脱出できる上、《幻獣機メガラプター》の効果を複数回使えればアドバンテージを突き放せます。
《マスマティシャン》はレベル3であるため、《氷結界の龍 トリシューラ》に繋がりやすく、《幻獣機 ヤクルスラーン》《幻子力空母エンタープラズニル》と組み合わせることで3ハンデスに向えることも少なくありません。

《波動竜フォノン・ドラゴン》
先行1ターン目に《幻獣機メガラプター》《スケープ・ゴート》を引いた場合、《幻獣機メガラプター》+羊3体が次の自分のターンに帰ってくることはよくあります。
その場合、《幻獣機オライオン》をサーチして《波動竜フォノン・ドラゴン》に繋げることで、
《幻獣機メガラプター》《波動竜フォノン・ドラゴン》+幻獣機トークン2体という布陣が出来上がります。
レベル4チューナーである《波動竜フォノン・ドラゴン》《カラクリ守衛 参壱参》と同等の働きをするため、トークン全てを《カラクリ将軍 無零》に変換することができ、
最終場は《幻獣機メガラプター》《カラクリ守衛 参壱参》《カラクリ将軍 無零》《カラクリ将軍 無零》となり、8シンクロに《スクラップ・ドラゴン》を選ぶことで8000打点まで到達します。

新規まとめその1

《暗黒界の鬼神 ケルト》
星6 闇属性 悪魔族 ATK/2400 DEF/0
このカードがカードの効果によって手札から墓地へ捨てられた場合、このカードを墓地から特殊召喚する。
相手のカードの効果によって捨てられた場合、さらに自分のデッキから悪魔族モンスター1体を自分または相手フィールド上に特殊召喚できる。

守備が0なので、《カメンレオン》《神樹の守護獣-牙王》が出せますね。
《暗黒界の術師 スノウ》も守備が0なので、上手くまとめられると案外面白いかもしれません。


《ガスタの神裔 ピリカ》
星3 風属性 サイキック族 ATK1000 DEF/1500
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分の墓地から風属性のチューナー1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果を発動したターン、自分は風属性以外のモンスターを特殊召喚できない。
「ガスタの神裔 ピリカ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

例によってタイミングを逃すので、《リビングデッドの呼び声》のチェーンでモンスターを残すことはできませんが、誓約はターンをまたげば消えるので、《リビングデッドの呼び声》との相性は良好。
あとは何と言っても、《緊急テレポート》で呼ぶのが良いでしょう。

 参考:《ダイガスタ・スフィアード》
星6/風属性/サイキック族/攻2000/守1300
チューナー+チューナー以外の「ガスタ」と名のついたモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、自分の墓地の「ガスタ」と名のついたカード1枚を選択して手札に加える事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上の「ガスタ」と名のついたモンスターの戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。
また、このカードは戦闘では破壊されない。

このモンスターをシンクロ召喚することで、手札に《ガスタの神裔 ピリカ》 を戻せます。
後半効果もゲームを決めうるパワーがあるので、このカードへのアクセス手段が増えたことは相当な強化でしょう。


《コアキメイルの金剛核》

通常魔法
デッキから「コアキメイルの金剛核」以外の「コアキメイル」と名のついたカード1枚を手札に加える。
また、自分のメインフェイズ時に墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
このターン、自分フィールド上の「コアキメイル」と名のついたモンスターは破壊されない。

魔法も含めた万能サーチなので弱いはずがないです。
後半効果も、一度とはいえ維持コストを踏み倒せるので動きの幅が広がりますね。

 参考:《コアキメイル・ウルナイト》
星4/地属性/獣戦士族/攻2000/守1500
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、手札の獣戦士族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずこのカードを破壊する。
1ターンに1度、手札の「コアキメイルの鋼核」1枚を相手に見せる事で、デッキから「コアキメイル・ウルナイト」以外のレベル4以下の「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

 参考:《コアキメイル・クルセイダー》
星4/地属性/獣戦士族/攻1900/守1300
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に、手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、手札の獣戦士族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、自分の墓地の「コアキメイル」と名のついたカード1枚を選択して手札に加える事ができる。

《コアキメイル・ウルナイト》のパワーが高く、《コアキメイル・クルセイダー》《コアキメイルの金剛核》を再利用できますね。
《炎舞-「天キ」》《勇炎星-エンショウ》《熱血獣士ウルフバーク》を彷彿させる動きです。


《マドルチェ・エンジェリー》
星4 地 天使族 1000/1000
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
また、このカードをリリースして発動できる。
デッキから「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは戦闘では破壊されず、次の自分のターンのエンドフェイズ時に持ち主のデッキに戻る。
「マドルチェ・エンジェリー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

何時引いても強い超パワーカードです。
マドルチェには2枚のパワーカードがあったのですが、墓地にモンスターを溜めなければ効果を発揮できず、マドルチェの持つ「デッキへ帰る」という共通効果のせいで使いやすいとは言えませんでした。
このカードは自身が墓地へ行くため、墓地にマドルチェを溜める行為を簡単に行え、さらにリクルート効果からパワーカードへと繋がります。
元々強めのテーマデッキでありましたが、抱えていた欠点を克服することのできるこのカードの存在で、環境上位の常連になれる可能性を秘めました。

 参考:《クイーンマドルチェ・ティアラミス》
ランク4/地属性/天使族/攻2200/守2100
「マドルチェ」と名のついたレベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、自分の墓地の「マドルチェ」と名のついたカードを2枚まで選択して発動できる。
選択したカードをデッキに戻し、戻したカードの数まで相手フィールド上のカードを選んで持ち主のデッキに戻す。

 参考:《マドルチェ・ホーットケーキ》
星3/地属性/獣族/攻1500/守1100
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
また、自分のメインフェイズ時に、自分の墓地のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターをゲームから除外し、デッキから「マドルチェ・ホーットケーキ」以外の
「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
「マドルチェ・ホーットケーキ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 参考:《マドルチェ・メッセンジェラート》
星4/地属性/戦士族/攻1600/守1000
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
このカードが特殊召喚に成功した時、自分フィールド上に「マドルチェ」と名のついた獣族モンスターが存在する場合、デッキから「マドルチェ」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。

 参考:《マドルチェ・シャトー》
フィールド魔法
このカードの発動時に、自分の墓地に「マドルチェ」と名のついたモンスターが存在する場合、そのモンスターを全てデッキに戻す。
このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上の「マドルチェ」と名のついたモンスターの攻撃力・守備力は500ポイントアップする。
また、「マドルチェ」と名のついたモンスターの効果によって、自分の墓地のモンスターがデッキに戻る場合、デッキに戻さず手札に戻す事ができる。

 参考:《マドルチェ・チケット》
永続魔法
自分のフィールド上・墓地の「マドルチェ」と名のついたカードがカードの効果によって自分の手札・デッキに戻った時、デッキから「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
自分フィールド上に「マドルチェ」と名のついた天使族モンスターが存在する場合、手札に加えず表側攻撃表示で特殊召喚する事もできる。
「マドルチェ・チケット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 参考:《マドルチェ・ミィルフィーヤ》
星3/地属性/獣族/攻 500/守 300
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
このカードが召喚に成功した時、手札から「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。

 参考:《マドルチェ・マジョレーヌ》
星4/地属性/魔法使い族/攻1400/守1200
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、デッキから「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

前述した2枚のパワーカードが《クイーンマドルチェ・ティアラミス》《マドルチェ・ホーットケーキ》です。
前者は圧倒的な除去性能を誇り、後者はリクルートしてそのまま効果を使えます。
さらに《マドルチェ・ホーットケーキ》から《マドルチェ・メッセンジェラート》を呼び出し、魔法カードを加えることで、1枚のカードから3枚ものカードを産みだします。
2種の魔法カードはアドバンテージの損失を極端に抑え込むことができるカードで、相手の選択肢を大きく狭められます。
単体性能だけでもこれほどのパワーを持ちながら、《マドルチェ・ミィルフィーヤ》と合わせることで《虚空海竜リヴァイエール》《M.X-セイバー インヴォーカー》を経由して《クイーンマドルチェ・ティアラミス》への綺麗なアクセスが可能となりました。
《マドルチェ・ミィルフィーヤ》《マドルチェ・エンジェリー》《マドルチェ・マジョレーヌ》でのサーチが可能で、デッキとしての纏まりもハイレベルです。

LVALで気になったカード

《ゴーストリック・フロスト》
星1 闇 悪魔族 800/100
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。その相手モンスターを裏側守備表示にし、このカードを手札から裏側守備表示で特殊召喚する。

-ヴェルズに対応できる分、メインに入れるなら《速攻のかかし》《バトルフェーダー》より上の印象。
《閃珖竜 スターダスト》を裏返して《クリムゾン・ブレーダー》で叩いたり、返しの幅が広がる。


《和魂》
星4 光 天使族・スピリット 800/1800
このカードは特殊召喚できない。召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。このカードが召喚・リバースしたターン、自分は通常召喚に加えて1度だけスピリットモンスター1体を召喚できる。また、このカードが墓地へ送られた時、自分フィールド上にスピリットモンスターが存在する場合、デッキからカードを1枚ドローする。

《伊弉波》で1ドローできたり、アドバンテージ消費を抑えて《砂塵の悪霊》《鳳凰》を場に出せる。
《荒魂》《カゲトカゲ》が絡むとカードが毎ターン2枚増える。


《凍氷帝メビウス》

星8 水 水族 2800/1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。このカードがアドバンス召喚に成功した時、フィールド上の魔法・罠カードを3枚まで選択して破壊できる。このカードが水属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。
●この効果の発動に対して相手は選択されたカードを発動できない。

《黄泉ガエル》《粋カエル》《バトルフェーダー》《ゴーストリック・フロスト》等が絡むと伏せを吹き飛ばせる。チェーン不可は流石に凶悪。


《ゴーストリック・デュラハン》
星1 闇 悪魔族・エクシーズ 1000/0
レベル1モンスター×2
このカードの攻撃力は、自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたカードの数×200ポイントアップする。1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターの攻撃力をエンドフェイズ時まで半分にする。この効果は相手ターンでも発動できる。また、このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地からこのカード以外の「ゴーストリック」と名のついたカード1枚を選択して手札に加える事ができる。

-生きる《収縮》。これまで攻撃性能皆無だったランク1モンスターだが、このカードの登場で2400打点まで倒すことができる。
《シャイニート・マジシャン》との最大の違いは素材を能動的に外せることで、《黄泉ガエル》《レベル・スティーラー》を使いまわしやすい。


《神樹の守護獣-牙王》

星10 地 獣族・シンクロ 3100/1900
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードは、自分のメインフェイズ2以外では相手のカードの効果の対象にならない。

-いちど降臨を許してしまうとかなり怠いので、倒せる手段を複数用意しておきたい感じ。
《励輝士 ヴェルズビュート》《強制転移》《聖なるバリア-ミラーフォース-》《強制脱出装置》等。


《スキル・プリズナー》
通常罠
自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。このターン、選択したカードを対象として発動したモンスター効果を無効にする。また、墓地のこのカードをゲームから除外し、自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。このターン、選択したカードを対象として発動したモンスター効果を無効にする。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

《ブレイクスルー・スキル》と違って第二効果も完全なフリーチェーンなのが強み。
-前も後ろも守れるので、《エフェクト・ヴェーラー》から《ライトロード・マジシャン ライラ》まで色々潰せる。

《ドラゴラド》

星4/闇属性/ドラゴン族/攻1300/守1900
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の攻撃力1000以下の通常モンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分フィールド上のドラゴン族モンスター1体をリリースし、自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
エンドフェイズ時まで、選択したモンスターのレベルは8になり、攻撃力は800ポイントアップする。


《ラブラドライドラゴン》を蘇生できるようになり、一気に有用度が増したカード。
単体でも《トライデント・ドラギオン》《天穹覇龍ドラゴアセンション》まで繋ぐことができる。

さらに《聖刻龍-トフェニドラゴン》と組み合わせることで、以下のような展開も可能。

1.《聖刻龍-トフェニドラゴン》《ドラゴラド》《ラブラドライドラゴン》を並べる
2.《聖刻龍王-アトゥムス》をエクシーズ召喚

3-a.《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を特殊召喚し《ラブラドライドラゴン》を蘇生
4.《トライデント・ドラギオン》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《聖刻龍王-アトゥムス》を破壊
→総攻撃力:3000*3=9000

3-b.《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を特殊召喚し《聖刻龍-トフェニドラゴン》を蘇生
4.《聖刻龍-トフェニドラゴン》をリリースし、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》のレベルを8に。
5.《トライホーン・ドラゴン》を特殊召喚し、《No.22 不乱 健》《迅雷の騎士ガイアドラグーン》をエクシーズ召喚
→総攻撃力:4500+1300+2600=8400

3-c.《エクリプス・ワイバーン》を特殊召喚し、《ラヴァルバル・チェイン》《迅雷の騎士ガイアドラグーン》をエクシーズ召喚
4.《焔征竜-ブラスター》を落とし蘇生、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》サーチ。
5.《迅雷の騎士ガイアドラグーン》を除外し《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》特殊召喚、《聖刻龍王-アトゥムス》蘇生、《迅雷の騎士ガイアドラグーン》特殊召喚
→総攻撃力:1800+2800+2800+2600=10000


また《聖刻龍-トフェニドラゴン》《聖刻龍-シユウドラゴン》と組み合わせることで、墓地に依らず8000打点を叩き出せる
プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR