DOCS雑感

《ファーニマル・ウィング》

《トイポット》で捨てると2枚使って2ドロー1サーチなので、単純に+1アドです。
サーチが容易なので、1枚挿すだけで仕事するのでかなりいいカードだと思います。

《DDスワラル・スライム》

DDモンスターがアドバンテージを取る手段として、《DDD烈火王テムジン》のような他のDDが特殊召喚されたとき墓地のDDを特殊召喚という効果を起動させることが挙げられます。
このカードは特殊召喚のトリガーと、墓地肥しという2つの役割を簡単に行える、非常に強力なモンスターです。

《DDスワラル・スライム》

融合2連発によりライフを奪う速度が桁外れに上がるため、1枚は必要だと思います。

《Emミラー・コンダクター》

《星守の騎士 プトレマイオス》《クラウソラスの影霊衣》などのモンスターに対する突破口となり得ます。
サーチ可能な下スケールというだけで重宝されるはずです。

《Emヒグルミ》

Pゾーンで破壊されても発動するのであれば、《ハーピィの羽根帚》などに耐性を持たせられるためかなり強力です。
自分で《揺れる眼差し》《竜剣士ラスターP》などを打つと超展開ができるらしいです。

《竜魔王ベクターP》

《揺れる眼差し》でサーチすると、盤面の解決と蓋を同時にできるので結構いい気がします。

《マジェスペクター・ユニコーン》

この弾で一番危険なにおいのするカードです。
戦闘以外で解決するのが難しいのにも関わらず、打点が2000もあるのでシンクロエクシーズに頼るケースになりますが、そこに《強制脱出装置》効果を当てられるため突破が非常に面倒です。
何度も出されてしまうと、Pデッキ以外ではほとんどが詰みに持っていかれる気がします。

《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》

盤面解決力とライフを取る力に非常に優れた、文句なしに強いモンスターです。

《昇竜剣士マジェスターP》

後続をサーチしながら《爆竜剣士イグニスターP》に繋げられるのとかなり強いです。

《イグナイト・リロード》

ペンデュラムに特化したデッキでは最強レベルの手札交換になりそうです。

《オッドアイズ・フュージョン》

あらゆるペンデュラムデッキがいれる可能性のあるカードです。
盤面解決から制圧まで可能ですが、2体並んでいないと紙になるのが欠点です。

《誤封の契約書》

サーチできる《王宮のお触れ》なんで流石に強いです。

《業炎のバリア -ファイヤー・フォース-》

《聖なるバリア-ミラーフォース-》より大きなリターンを取れるかなり強いカードです。
実質ライフコストに加えて、《神の警告》よりも打って強い場面が少ないため、2重に打ちづらさがあるので使ってみると抜ける系統のカードかもしれません。

《フレシアの蟲惑魔》

最強レベルの置物で、《星守の騎士 プトレマイオス》のように相手への動きに干渉しながら、自身は高い守備力と破壊耐性で居座ります。
これだけでは攻める力がないため、《星守の騎士 プトレマイオス》よりは圧力をかけづらいですが、4+4で出てよいスペックを超えていると感じました。



スポンサーサイト
プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR