スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《カードカー・D》

スキドレギアバレーに採用できそうなカード

効果を言い換えれば、“そのターンの召喚・特殊召喚・バトルを放棄する代わりに次のターンのドローフェイズは3枚カードをドローできる”
といった感じ。
こう書けば相当強力なカードであることが伺える。
そもそもスキドレギアバレーは、中途半端に動いてもリソースが尽きるだけで勝ち切ることができないデッキなので、1ターン動くのを送らせてリソースを増やすこのカードとの相性は非常に良い。

弱点としては、固めて引いてしまうと攻めがかなり遅れてしまう点が挙げられる。
《カードカー・D》から《カードカー・D》を引いてしまうだけでも、そのターンは枚数的に《カードカー・D》を使わなかった場合と同等となってしまうため、さらに《カードカー・D》を使って攻めを遅らせる必要が生じてしまう。

この弱点が重そうなため、3枚積むのは怖く、2枚が限界という印象。
《バトルフェーダー》で遅延できるラヴァルと異なり、このデッキの防御性能はそこまで高いものではないため、2ターン3ターンと溜めこんでいるとこちらが動く前に負けてしまう可能性が高い。
逆に言えば、そこまでゲーム展開の早くないヒーロービートや兎ラギア戦においては、《カードカー・D》で生まれる1枚の差が非常に効いてくるため複数枚積んでもよい気がする。

そしてこのカード自身が地属性であることから、《ギガンテス》の特殊召喚条件を満たしやすい。
元より《ギガンテス》《墓守の司令官》が自身を墓地に送れる効果を持っているため場に出しやすかったのだが、《カードカー・D》の登場によってよりそれが顕著となった。
《ギガンテス》は対ヒーロービート、対兎ラギア戦で特に活躍するカードであるため、《カードカー・D》の仮想敵とも一致している。

またこの2枚と相性の良い《禁じられた聖槍》も見逃せない。
《ギガンテス》に対する召喚無効以外のカードを打ち消しながら大嵐効果を通せる上、《カードカー・D》の遅さを克服できる速攻魔法であるため非常に優秀。
《禁じられた聖槍》《デュアルスパーク》にチェーンしてアドバンテージを取ったり、相手の《禁じられた聖槍》と相殺させたりできるためヒーロービート・兎ラギア戦で活躍できるカードで、2枚の仮想敵とも一致している。

現在はとりあえず、
メイン《カードカー・D》1枚
サイド《カードカー・D》1枚・《ギガンテス》1枚・《禁じられた聖槍》2枚
で様子見
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。