スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《カードカー・D》を採用しない理由/スキドレギアバレー

使用感としては"初手で引ければ恐ろしく強く、それ以外では発動する機会が殆どない"といった印象。
このデッキでアドバンテージを得る手段は、"戦闘破壊を通す"と"動きを制限する永続札を刺す"の2パターンしかなく、《カードカー・D》を発動した場合、バトルフェイズがスキップされてしまうため前者のアドバンテージの取り方はできない。
また動きを制限する永続札を効果で引いた場合であっても、発動可能になるまでのタイムラグが大きく、2枚以上同名カードが被ると意味がない。
《エフェクト・ヴェーラー》《増殖するG》《バトルフェーダー》《トラゴエディア》《冥府の使者ゴーズ》といった手札誘発の防御カードがあれば、後者の問題点はある程度緩和できるが、スキドレギアバレーには《エフェクト・ヴェーラー》を除いては入りづらい。

ある種似た系統の《強欲で謙虚な壺》を高く評価している点は
・発動ターンであっても予め高い打点のモンスターが召喚できていれば戦闘破壊によるアドバンテージを得ることができる点
・その場で最も必要な"動きを制限する永続札"もしくは"場に出ている高打点モンスターを維持できる札"を相手の次の返しに対応できる形で手札に加えられる点
の2点であり、《カードカー・D》にはそのどちらの強みも無い。

基本的に優勢時とは"動きを制限する永続札"で相手の動きを制限しながら"戦闘破壊を通す"ことができている状態であり、その場合バトルフェイズを飛ばす《カードカー・D》は必要ない。
また劣勢時を切り返す手段としては、高い打点を持ったモンスターに加えて、"動きを制限する永続札"もしくは"場に出ている高打点モンスターを維持できる札"を展開して打点勝負の場を生み出すしかなく、その場合も《カードカー・D》では遅い。

唯一状況に依らずに機能する先攻1ターン目において、このカードを引けるか否かは運に左右され、引くために複数枚《カードカー・D》を投入すると上記のような腐る局面が多くなってしまう。
以上の理由より、現在は採用を見送っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。