スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《召喚僧サモンプリースト》

単体(+コストの魔法カード)でできることがあまりにも多いカード。
《エフェクト・ヴェーラー》という大きな弱点を抱えているため環境とは無縁のカードであるが、スキドレギアバレーというデッキにおいては2戦目以降《エフェクト・ヴェーラー》を投入されることが無いため、《召喚僧サモンプリースト》の効果を通しやすい。

・魔法カードが1枚の場合
ほぼ間違いなくレベル4エクシーズモンスターに繋げる。
この際《カードガード》を経由することで、既に場に出ている《古代の機械巨竜》《Sin スターダスト・ドラゴン》《王家の眠る谷-ネクロバレー》などに破壊耐性を付与することができ、《ライトロード・マジシャン ライラ》を経由することで、相手のバックを破壊することができる。
召喚できるエクシーズモンスターは、
対聖刻の《インヴェルズ・ローチ》
対ラヴァルの《ヴェルズ・ナイトメア》
対ラギアの《交響魔人マエストローク》《ジェムナイト・パール》
と揃っており、状況に応じて最も強いカードを呼び出すことが可能。

・魔法カードが2枚の場合
コストが重いものの、エクシーズモンスターに《カードガード》によって破壊耐性を付与できるため非常に強固な場を作り出せる。
対聖刻の《インヴェルズ・ローチ》《ライオウ》 《インヴェルズ・ローチ》《カードガード》 
対ラヴァルの《ヴェルズ・ナイトメア》《カードガード》
対ラギアの《ジェムナイト・パール》《カードガード》
詰めの《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
という場はいずれも相手のテンポを大きく崩せるほど強固な場で、隙あらば狙ってみたい。

・エクシーズ召喚をしない場合
こちらは《召喚僧サモンプリースト》の特殊召喚効果を毎ターン使う場合で、基本的には対聖刻で用いる戦術。
《ブラック・ホール》《激流葬》がケアできるのであれば、《ライオウ》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》などをガンガン展開していき、相手の数枚の単体除去では到底崩せない場を作り出すことが狙い。


また先攻で強固な場を作り出すだけでなく、切り返し性能もある程度備わっているのも魅力。
例えば《ヴェルズ・オピオン》《侵略の汎発感染》《奈落の落とし穴》《聖なるバリア-ミラーフォース-》《スターライト・ロード》という布陣相手ですら、《召喚僧サモンプリースト》《召喚僧サモンプリースト》から《交響魔人マエストローク》を呼び出すだけで突破でき、《スノーマンイーター》には《ヴェルズ・タナトス》《発条機雷ゼンマイン》には《No.50 ブラック・コーン号》という回答を備えている。

魔法カードがなければ機能しないため、サイドチェンジ後のデッキ内の魔法の比率には注意したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。