スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対ヴェルズラギアメモ

数試合対戦してみた感想

ヴェルズ側の、先出しに成功した《古代の機械巨竜》への解答
《ヴェルズ・オピオン》《月の書》or《禁じられた聖槍》
《強制脱出装置》
の2通りが多かった。
どちらのパターンに対しても、《禁じられた聖槍》でカバー可能。
ただし、《ヴェルズ・オピオン》《強制脱出装置》のケースはカバー不可能。

また、《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》を使っても前者のケースを耐えられるため、場合によっては《古代の機械巨竜》よりも《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》を優先して場に置くべきかもしれない。
ただし、《歯車街》単体では《サイクロン》で突破され、《スキルドレイン》単体では《サイクロン》《禁じられた聖槍》で突破される。


ギアバレー側の、先出しに成功した《ヴェルズ・オピオン》への解答
《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《スノーマンイーター》《N・グラン・モール》《スナイプストーカー》《召喚僧サモンプリースト》《禁じられた聖杯》《スキルドレイン》《強制脱出装置》と、《ヴェルズ・オピオン》単体ならば突破は容易。
ただし、《侵略の侵喰感染》《強制脱出装置》の存在を考慮すると途端に突破が困難となる。
前者は《ヴェルズ・オピオン》の召喚を許せばほぼ確実に握られてしまうため、魔法・罠での対策は現実的ではない。
《侵略の侵喰感染》《強制脱出装置》に対して《魔宮の賄賂》等のカウンターを当てる方法も考えられるが、伏せている間に大きくライフを削られてしまうため、殆ど意味が無い。
《スキルドレイン》も同様の脆弱性を抱えている。

これらを考慮すると、《N・グラン・モール》《召喚僧サモンプリースト》《スナイプストーカー》《禁じられた聖槍》程度しか迅速に処理できる手段が無いことがわかる。


ギアバレー側の、《ヴェルズ・オピオン》の召喚への解答
《エフェクト・ヴェーラー》《禁じられた聖杯》《強制脱出装置》《神の警告》
汎用性が高い《禁じられた聖杯》《強制脱出装置》に対し、《エフェクト・ヴェーラー》《神の警告》は後手に回ると腐ってしまう。
後者2枚にはなるべく頼りたくないところ。


現在採用していないものの、採用を検討できるカード
《古代の機械獣》《フォトン・スラッシャー》
ヴェルズ戦においてキーとなる《禁じられた聖槍》との併用で、《ヴェルズ・オピオン》を崩せるカード。
《ヴェルズ・サンダーバード》《ヴェルズ・ヘリオロープ》のラインにも倒されない為、ダメージレースでも負け辛くなる。
前者は《強欲で謙虚な壺》を使ったターンに召喚できる上《スノーマンイーター》に強く、後者は《強制脱出装置》に強い。
ヒーロービートに対しても有効。

《くず鉄のかかし》
ターンさえかければ《ヴェルズ・オピオン》の突破は容易であり、その突破に必要な時間を稼げるカード。
《スキルドレイン》《魔宮の賄賂》といった、本来遅いカードが対策に活きやすくなる。
ヒーロービートに対しても有効。

《デモンズ・チェーン》
《スキルドレイン》《くず鉄のかかし》を1枚で自己完結させたカード
まず、《侵略の侵喰感染》をチェーンされても残るのが強い。
攻撃が止まるためライフを保て、効果も永続的に無効になるためじっくり返せる。
インゼクターにも有効なため《くず鉄のかかし》と違って無駄枠となりづらいのも評価できる。
弱点は《サイクロン》で打ち消されてしまう点。


以上より、《古代の機械巨竜》の維持、《ヴェルズ・オピオン》の突破どちらにも《禁じられた聖槍》が有効。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分もSSGV使ってますー(^o^)
対ラヴァルと対ヒロビも知りたいです(*^^*)

No title

こんばんは。
ラヴァルもヒロビも実戦経験が少ないので、実戦経験を積んだら感想をまとめてみます。
プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。