スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になっているカードなど/スキドレギアバレー

《サイバー・ドラゴン》
最近増えてきている【ヒーロービート】【ガジェット】に強い1枚。
【甲虫装機】の《カードガンナー》《発条機雷ゼンマイン》を相手にしてもアドバンテージを得られ、様々な局面で役に立つ。
注意する点としては《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》《古代の機械巨竜》と並べてビートできない点と、《死者蘇生》で奪われた時の被害が大きめな点。
とはいえ前者はプレイング次第でどうとでもなり、後者は《王家の眠る谷-ネクロバレー》《強制脱出装置》で防ぎやすい。
《ヴェルズ・オピオン》に無力という欠点を抱えているが、【兎ヴェルズ】の数自体が減っているのも追い風。
非常に使いやすいカードであるため、現在はメインに1枚、サイドに1枚投入している。

《異次元の女戦士》
最近増えてきている【ヒーロービート】【ガジェット】に強い1枚。
《スノーマンイーター》と異なり、対象を取らずに《マシンナーズ・フォートレス》を除外でき、《グリーン・ガジェット》にも戦闘破壊されないステータスが素晴らしい。
《E・HERO アナザー・ネオス》《E・HERO The シャイニング》《ヴェルズ・オピオン》も相手できる。
現在はサイドデッキに2枚採用している。

《カオス・ソルジャー -開闢の使者》
スキドレギアバレーというデッキは基本的に2枚1組で動き、1枚で切り返せるカードが殆ど存在しない。
対してこのカードは単体で切り返せるカードであり、ハンドに握れると心強い。
《王家の眠る谷-ネクロバレー》との相性は最悪で、《スキルドレイン》下でも3000バニラとなってしまうが、これらのメタカードが立っている間は《Sin スターダスト・ドラゴン》《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》を展開できるため大きな問題ではない。
光属性は《ライオウ》《エフェクト・ヴェーラー》《サイバー・ドラゴン》、闇属性は《Sin スターダスト・ドラゴン》《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》と数は揃っているため、召喚条件を満たせないということもあまりない。
現在は採用に踏み切れていないが、多少の相性の悪さを無視できるほどの性能を持つカードであるため、採用も十分に視野に入る。

《奈落の落とし穴》

一般的に【甲虫装機】への効きが悪いと言われているが、《甲虫装機 ダンセル》《エフェクト・ヴェーラー》《王家の眠る谷-ネクロバレー》《強制脱出装置》《スキルドレイン》で止められるため対抗手段が多いが、《サイバー・ドラゴン》《ライオウ》はこれらのカードが効かないため厄介。
それらに対して有効なのがこの《奈落の落とし穴》
《暗黒界の龍神 グラファ》《マシンナーズ・フォートレス》にも有効で、【聖刻】【アライブヒーロー】【ヒーロービート】に対しても大きな効果を期待できる。
【甲虫装機】のサイドボードの変化に伴い、入れない理由はないと感じてきたため現在はサイドに2枚。

《聖なるバリア-ミラーフォース-》

【ヒーロービート】【兎ヴェルズ】【ガジェット】【六武衆】のようなビートダウン、【アライブヒーロー】【聖刻】のような展開系統のデッキに対して滅法強い1枚。
これらのデッキはスキドレギアバレーが比較的苦手とするジャンルであり、1枚で大きく戦況を変えられる可能性を持つこのカードは非常にありがたい。
反面【甲虫装機】【ラヴァル】には弱いものの、デッキそのものがこれらのデッキに対して絶対的に有利であるため、大きな問題にはならない。
処理が非常に面倒な《冥府の使者ゴーズ》対策にもなる点も見逃せない。
以上の理由から、メインデッキに採用している。

《ブラック・ホール》
《奈落の落とし穴》で除去ができない、先におかれたモンスターや《冥府の使者ゴーズ》を処理できるカード。
【甲虫装機】を相手にした場合の負けパターンとして、《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》を生き残らせてしまい、《大嵐》から1枚の《エフェクト・ヴェーラー》を乗り越えてキルされてしまうケースが良くある。
そのため、メイン2で相手のモンスターを除去できるこのカードは有用。
やや使いにくい面も見受けられるが、裏守備対策として使えないこともない。
現在はサイドから投入されるであろう《ライオウ》《異次元の女戦士》《冥府の使者ゴーズ》を意識してサイドに投入している。

《ならず者傭兵部隊》

このデッキにおいて、召喚権を使うモンスターは《ライオウ》《異次元の女戦士》《スノーマンイーター》程度。
そのため、これらを入れない【甲虫装機】相手では《ライオウ》《冥府の使者ゴーズ》を破壊できる《抹殺の使徒》の感覚で使用できる。
《スキルドレイン》下でも問題なく使えるのもポイント。
《ライオウ》《異次元の女戦士》両方を入れるデッキが多いため現在は採用を見送っているものの、【甲虫装機】を見るならば面白い1枚。
《ヴェルズ・オピオン》への解答にもなる。

《マインドクラッシュ》
数が増えている【アライブヒーロー】【聖刻】に強い1枚。
基本的にはサーチされたカードを打ち抜くことになるが、《王家の眠る谷-ネクロバレー》の存在により、それ以外のカードの予測が立てやすい。
具体的には、【甲虫装機】を相手にした場合、《王家の眠る谷-ネクロバレー》下でインゼクターが効果を使用してきたらハンドに《甲虫装機 ホーネット》がある確率が非常に高い。
また【ヒーロービート】を相手にした場合、中盤以降に《王家の眠る谷-ネクロバレー》を割りに来たら《ミラクル・フュージョン》をハンドに抱えている確率が高い。
相手の手札を掌握できる点も素晴らしく、攻めに踏み切るか否かを判断する重要な指標を得られる。
【兎ヴェルズ】には効果が薄めなものの、数が減ってきているのでメイン投入も視野に入る。

《魔宮の賄賂》
2本目以降の弱さが目立つカード。
仮想アドバンテージで戦うスキドレギアバレーにおいて、マストカウンター対象を打ち消しつつ機能するかわからない1枚をドローさせるこのカードは非常に強力。
ただし、2本目においては機能しないカードはサイドチェンジで抜かれてしまっているため、このカードの1ドローの重みは1本目とは段違いに重くなってしまっている。
そのため通すと負ける《大嵐》や、トドメを刺せる状況を除いてはなるべく打ちたくないカード。
特に2枚引いてしまった時が悲惨で、2枚使ってしまった日にはそれだけでアドバンテージ差が2もついてしまい、巻き返すことが困難になってしまう。
そのため現在では、サイドチェンジで抜くことが多い。

《スターライト・ロード》
《魔宮の賄賂》に代わって《大嵐》をカウンターできるカード。
先程述べたように、《サイクロン》程度に《魔宮の賄賂》を使ってしまってはジリ貧を生じさせるだけで宜しくなく、《魔宮の賄賂》《大嵐》を主に打ち消すためのカードとなる。
ならば《スターライト・ロード》でも十分と言え、こちらはデメリットどころかメリットを得られる。
現在ほとんどのデッキで《聖なるバリア-ミラーフォース-》が採用されており、これを加味すると《スターライト・ロード》の対象は4枚以上。
ピン採用ならば十二分に機能すると言えそうである。
現在は採用していないが、サイドに1枚挿すことも検討している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。