スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキドレギアバレー 2012/06/04

モンスター(14枚)
古代の機械巨竜(アンティーク・ギアガジェルドラゴン)
ライオウ×3枚
サイバー・ドラゴン
エフェクト・ヴェーラー×3枚
Sin スターダスト・ドラゴン×3枚
Sin サイバー・エンド・ドラゴン×3枚


魔法(13枚)
大嵐
歯車街(ギア・タウン)×3枚
強欲で謙虚な壺×3枚
王家の眠る谷-ネクロバレー×3枚
テラ・フォーミング×3枚


罠(13枚)
魔宮の賄賂×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
強制脱出装置×3枚
マインドクラッシュ×2枚
スターライト・ロード
スキルドレイン×3枚


エクストラデッキ
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
インヴェルズ・ローチ
ジェムナイト・パール
交響魔人マエストローク
聖刻神龍-エネアード

A・O・J カタストル
XX-セイバー ガトムズ
スターダスト・ドラゴン×3枚

キメラテック・フォートレス・ドラゴン×2枚
サイバー・エンド・ドラゴン×3枚


サイドデッキ
D.D.アサイラント
サイバー・ドラゴン
フォッシル・ダイナ パキケファロ
神獣王バルバロス×2枚

ブラック・ホール
禁じられた聖槍×2枚
禁じられた聖杯×3枚

盗賊の七つ道具×2枚
奈落の落とし穴×2枚



《サイバー・ドラゴン》
メインサイドに1枚ずつ。
召喚権を使わない2100打点というだけで腐りにくく、流行の【ヒーロービート】【ガジェット】に対して強い。
【甲虫装機】に対しても《カードガンナー》《発条機雷ゼンマイン》を、【聖刻】に対しても《セイクリッド・トレミスM7》を消せ、腐ってしまうことが少ないため1枚はメインに置いた。
2枚入れてない理由としては《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》《古代の機械巨竜》と並べて殴れない為、アタッカーとしての小回りが利かない点。
よって、《サイバー・ドラゴン》が大きく刺さると判断した場合のみ2枚目を投入する。

《墓守の司令官》0枚、《王家の眠る谷-ネクロバレー》3枚
《ライオウ》《マインドクラッシュ》の流行により、サーチカードを経由してハンドに加える手段が使いづらいため、《王家の眠る谷-ネクロバレー》そのものをフル投入した。

《大嵐》の投入
1本目に自分がガバ伏せできているときは有利なときで、有利なときに腐るリスクよりも、不利な場を返せる能力を評価して投入した。
実際このカードのおかげで拾える試合は非常に多い。

・メイン《マインドクラッシュ》
スキドレギアバレーの苦手な【聖刻】【アライブ】といったワンショット系統に対して強いカード。
【ヒーロービート】に対しても《王家の眠る谷-ネクロバレー》の破壊に合わせて《ミラクル・フュージョン》を狙い撃ちしたり、《E-エマージェンシーコール》に合わせて《超融合》《デュアルスパーク》を腐らせたりと有効で、【甲虫装機】に対しても手札の《甲虫装機 ホーネット》を叩き落とせる。
《強欲で謙虚な壺》はほぼすべてのデッキに3枚積まれており、腐ることが少ないのも魅力。

《魔宮の賄賂》《スターライト・ロード》への差し替え
2本目以降の《魔宮の賄賂》の弱さは常々問題視しており、それに代わる《大嵐》への対抗手段として《スターライト・ロード》を採用。

・メイン《聖なるバリア-ミラーフォース-》
殆どすべてのデッキに有効に働き、1枚で場を返せるカード。
《甲虫装機 ホーネット》に割られてしまう欠点も、スキドレバレーのギミックにより克服できているため、メインからの投入は十分アリだと判断した。

《神獣王バルバロス》2枚
《禁じられた聖杯》3枚

対【甲虫装機】における《禁じられた聖杯》はとても強く、《ライオウ》の一時的無力化、《ライトロード・ハンター ライコウ》《異次元の女戦士》の無力化と、サイドデッキから積まれるカードを封じつつ、根幹の《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 ホーネット》の流れを断ち切れる。
この様に非常に有用性の高いカードであるため3枚積みたいが、【甲虫装機】以外を相手にすると、盤面次第で決定的な仕事はするものの基本的に使い所が少なく腐りやすい。
それをある程度緩和できるのが《神獣王バルバロス》であり、特殊召喚を用いない3000打点を作る方法を得られることは評価しても良い。
《神獣王バルバロス》は癖のないモンスターで、《強欲で謙虚な壺》との相性も良く、《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》の隣に召喚することもできる。
《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》《Sin スターダスト・ドラゴン》を多く積むことによって、有利な盤面を作り出す力は格段に上昇したが、戦闘ダメージを与える力は大きく下がってしまった。
そんな中《神獣王バルバロス》は戦闘ダメージを与える力に優れており、Sinを多く採用したデメリットを打ち消せることを期待している。

《D.D.アサイラント》
《E・HERO アナザー・ネオス》《マシンナーズ・フォートレス》《暗黒界の龍神 グラファ》《ヴェルズ・オピオン》《E・HERO The シャイニング》と、このデッキが苦手とするモンスターに有効な1枚。
《異次元の女戦士》との違いは打点にあり、《禁じられた聖杯》で2100ライン、《禁じられた聖槍》で2500ラインに達し、《スキルドレイン》下でも《甲虫装機 センチピード》《ヴェルズ・サンダーバード》を戦闘破壊できる点を評価している。

《ブラック・ホール》
このデッキは戦闘を介さず相手のモンスターを除去する手段が非常に乏しく、《冥府の使者ゴーズ》《マシンナーズ・フォートレス》《暗黒界の龍神 グラファ》《ライトロード・ハンター ライコウ》《異次元の女戦士》《No.30 破滅のアシッドゴーレム》に苦労することが多い。
一方で1度のダイレクトアタックで奪えるライフは非常に大きく、その意味でも能動的にモンスターを除去しダイレクトアタックに繋げられるこのカードは強力であると感じている。
このカードで破壊したいカードは前述したようにサイドのカードが多く、1本目では《強制脱出装置》で間に合うことが多いためサイドでの採用に留めてある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。