スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒界

地味に暗黒界が流行し出しているようで、デッキの見直しが必要に。
現状厳しい点は以下の3点

・こちらが2枚1組で動くデッキであるため、《墓穴の道連れ》で機能停止しかねない点
《王家の眠る谷-ネクロバレー》《スキルドレイン》で仮想アドバンテージを取れず、《暗黒界の龍神 グラファ》《暗黒界の門》でアドバンテージ差をじりじりつけられる点。
《暗黒界の龍神 グラファ》の壁を超えてダイレクトアタックを決め辛い点


1点目は下手に意識するとデッキパワーを落としかねず、2点目はデッキ相性の問題であるため、ひとまず3点目の問題点から着手する。
スキドレギアバレー側が暗黒界相手にアドバンテージを取るためには、《暗黒界の門》《歯車街》を使って破壊するか、戦闘破壊を通す必要があり、この後者のアドバンテージの取り方を《暗黒界の龍神 グラファ》の存在により半無力化されてしまう。
そのため、《暗黒界の龍神 グラファ》の生み出すサイクルを止める必要がある。
止める手段は主に3つ。
《暗黒界の龍神 グラファ》を墓地からどかす。
・下級の暗黒界を罠で止める。
・2体のモンスターを並べて上からライフを削っていく。

1つ目は、《暗黒界の龍神 グラファ》は最大3体墓地に送られるため状況に依ってはあまり意味をなさないが、最もポピュラーな対策手段。
2つ目は、《ライオウ》《強制脱出装置》はボードアドバンテージで損をし、《神の警告》はライフアドバンテージで損をするため、純粋な1:1交換ができる罠は《落とし穴》程度しかないのが問題。
3つ目は無理に攻め込んで全体除去や《冥府の使者ゴーズ》を踏むと致命打になる上、《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》《Sin スターダスト・ドラゴン》の制約に足を引っ張られる。

2つ目での対策はじり貧になりやすいため、1つ目・3つ目の対策から考えていく。


《奈落の落とし穴》
【聖刻】【アライブヒーロー】【ヒーロービート】【ヴェルズラギア】【ガジェット】と一通りのデッキに有効。
《暗黒界の門》で割られると致命傷なので、伏せるタイミングがややシビア。

《次元幽閉》
後出しでも機能する分、【聖刻】に弱い。

《因果切断》
根こそぎ《暗黒界の龍神 グラファ》を除外でき、かつフリーチェーン。
1枚のハンドコスト要求をどう見るかが採用するか否かの分かれ目。

《マクロコスモス》
【甲虫装機】【アライブヒーロー】に有効で最も威力が高いが、若干自分の首も絞める。

《転生の予言》
2枚戻せるのは強み。

《D.D.クロウ》
【アライブヒーロー】【甲虫装機】に有効で、手札誘発である点が長所。
とにかく妨害されにくい。

《霊滅術師 カイクウ》《閃光の追放者》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》
《禁じられた聖槍》で維持さえできれば優秀。

《D.D.アサイラント》《異次元の女戦士》
【アライブヒーロー】【ヒーロービート】【ヴェルズラギア】【ガジェット】と、一通りのデッキに有効で、使いやすい。

《神獣王バルバロス》
打点で《暗黒界の龍神 グラファ》を超えられる存在。
ライフを削るという観点からするとベター。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。