《ドッペルゲンガー》《サイクロン》/スキドレギアバレー

《サイクロン》
まずスキドレギアバレーを相手にした場合、有効な札とそうでない札の差が大きい。
そのため、裏側という不確定なカードとの1:1交換によって生まれる恩恵は計りづらい。
さらに、このデッキは物を維持して戦うデッキで、場が完成してから《サイクロン》を放ってもチェーン《サイクロン》《サンダー・ブレイク》《強制脱出装置》などでアド損しやすい。
以上から今まで使うことを拒んできたが、最近自分の中での評価が上昇した。

その理由は【甲虫装機】の《リビングデッドの呼び声》で、このカードは《王家の眠る谷-ネクロバレー》《スキルドレイン》を維持・ドローできなかった場合に非常に対処しづらい。
例えば、《強制脱出装置》を伏せたエンドフェイズに《リビングデッドの呼び声》《甲虫装機 ダンセル》を蘇生された場合、《強制脱出装置》を打っても打たなくても《甲虫装機 ダンセル》の効果起動を通してしまう。
《神の警告》では打つことすらできない。
スキドレギアバレーには《デュアルスパーク》《ヒーロー・ブラスト》《激流葬》のように1:1ができる単体除去が少なく、このような状況に置かれてしまうと非常に脆い。
ここで《サイクロン》は、対《リビングデッドの呼び声》に関しては第二の単体除去としての運用ができ、《王家の眠る谷-ネクロバレー》《スキルドレイン》が場に残せなかった場合の攻防に安定感を持たせられる。

また裏側のカードと1:1する場合にしても、展開前に打ちこめばその後の動きやすさが格段に良くなり、展開後では相手のエンドフェイズに打ちこむことで相手の解決手を断ち切れる。

【六武衆】の《六武衆の結束》《六武の門》、【ガジェット】の《血の代償》、【ヴェルズラギア】の《マクロコスモス》、【暗黒界】の《暗黒界の門》といった戦況が大きく動きかねないカードも1枚で対処できるのも強み。


《ドッペルゲンガー》
【ヒーロービート】を相手にする場合の思想として前記事で触れたように、戦闘破壊でのアドバンテージを取ることへの意識が重要である。
そのため、現環境で流行している《D.D.アサイラント》《スノーマンイーター》《異次元の女戦士》といったモンスターと1:1を行うタイプのメタカードはこの思想と噛み合っていない。
その点《ドッペルゲンガー》は魔法罠を2枚も破壊でき、効果が発動できれば戦闘破壊を通せる確率もグッと上がり、この流れで最大で+2ものアドバンテージを得られる。
これは【ヒーロービート】に加えて、【六武衆】【ヴェルズラギア】戦でも当てはまり、自分のデッキにマッチした形でこれらをメタることのできる有用なカードといえる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR