スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し複雑な確率の計算方法

40枚デッキの場合、wikiによると投入枚数と初手存在確率の関係は以下のようになっています。

投入枚数1枚2枚3枚4枚5枚6枚7枚8枚9枚
存在確率15.00%28.08%39.43%49.25%57.71%64.96%71.14%76.39%80.82%

実はこの表を使うだけで、少し複雑な確率計算も行えてしまいます。

例えば、
《真六武衆-カゲキ》2枚
《六武衆の影武者》3枚
《紫炎の狼煙》3枚 (《増援》《紫炎の狼煙》とみなします)
としたときの、初手で《真六武衆-シエン》が特殊召喚できる確率を求めてみます。
hhhhh.png

《真六武衆-シエン》がシンクロ召喚できるのは、上のベン図で赤・緑・青・黒の和になるので、その確率を求めてみます。

まず、wikiの表から
橙+赤+黒+緑=28.08% (《真六武衆-カゲキ》を引く確率)
黄+赤+黒+青=39.43% (《紫炎の狼煙》を引く確率)
がすぐに求まります。

次に、《真六武衆-カゲキ》《紫炎の狼煙》を同一視して5枚投入されたあるカードとして捉えると、その部分は橙+赤+青+黒+黄+緑となり、それはwikiの表より57.71%とわかります。

以上より、《真六武衆-カゲキ》《紫炎の狼煙》を両方引く確率、つまり赤+黒の確率を求められます。
橙+赤+黒+緑=28.08%
黄+赤+黒+青=39.43%
の2つから、橙+赤+青+黒+黄+緑=57.71%を引くと、
赤+黒=9.8%となるからです。

同様にして
緑+黒=9.8%
青+黒=13.9%
と求まります。


最後に、《真六武衆-カゲキ》《六武衆の影武者》《紫炎の狼煙》を同一視して8枚投入されたあるカードとして捉えると、その部分は橙+赤+青+黒+黄+緑+桃となり、それはwikiの表より76.39%とわかります。

以上より、《真六武衆-カゲキ》《六武衆の影武者》《紫炎の狼煙》を全て引く確率、つまり黒の確率を求められます。
橙+赤+青+黒+黄+緑+桃=76.39%
赤+黒=9.8%
緑+黒=9.8%
青+黒=13.9%
の4つから
橙+赤+黒+緑=28.08%
黄+赤+黒+青=39.43%
桃+青+黒+緑=39.43%
の3つを引くと、
黒=2.95%となるからです。

赤+黒=9.8%
緑+黒=9.8%
青+黒=13.9%
黒=2.95%
の4つが求まったため、
赤=6.85%
緑=6.85%
青=10.95%
となり、
《真六武衆-シエン》がシンクロ召喚できる確率、つまり赤+緑+青+黒の確率は、27.6%と求められます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あなたのこと忘れてました!
修正しますw
プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。