スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マシン型/スキドレギアバレー

今期スキドレギアバレーを使うのであれば、《マシンナーズ・ギアフレーム》《マシンナーズ・フォートレス》を採用したマシン型が無難だと思われる。

自分が《Sin スターダスト・ドラゴン》を使っていた理由としては、【甲虫装機】【ヒーロービート】の圧倒的な遭遇率にあり、これらのデッキに対して《Sin スターダスト・ドラゴン》が絶対的な制圧力を持っていたからで、その【甲虫装機】の数が激減した今期に《Sin スターダスト・ドラゴン》を使う理由は薄い。

《マシンナーズ・フォートレス》を採用することで生まれるメリットは多いが、特に《古代の機械巨竜》《奈落の落とし穴》《強制脱出装置》《次元幽閉》へ多少強くなる点が最も大きい。
これら3つの罠は《甲虫装機 ダンセル》という致命的な弱点を抱えていたため前期では採用率が低かったが、今期においては非常に有効な罠として働く。
そのためメインからの採用率が増えると考えられ、《古代の機械巨竜》を適当に展開してしまうと《奈落の落とし穴》を踏み、後続の《歯車街》が腐ってしまう危険性が増す。
そこで《古代の機械巨竜》を無理なく複数枚採用できるマシン型であれば、《奈落の落とし穴》を踏んでも後続を腐らせることなくゲームを進められる。
《次元幽閉》も同様で、《スキルドレイン》下で《古代の機械巨竜》を殴らせたい場面は多い。
最も耐性が得られるのは《強制脱出装置》で、墓地に《マシンナーズ・フォートレス》さえ存在していれば疑似的に《強制脱出装置》に耐性を得られる。

また、《マシンナーズ・ギアフレーム》を採用することで相手に《エフェクト・ヴェーラー》の当てどころを与えてしまうという弱点も、《エフェクト・ヴェーラー》の採用率低下によりある程度無視できることも大きい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。