四征竜雑感

《嵐征竜 テンペスト》
星7/風属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または風属性モンスターを合計2体除外して発動できる。手札・墓地からこのカードを特殊召喚する。特殊召喚されたこのカードは相手のエンドフェイズに手札に戻る。また、手札からこのカードと風属性モンスターを墓地に送って発動する。自分のデッキからドラゴン族モンスターを1体手札に加える。このカードが除外された時デッキからドラゴン族・風属性モンスターを1体手札に加える。
「嵐征竜 テンペスト」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

《焔征竜 ブラスター》
星7/火属性/ドラゴン族/攻2800/守1800
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または火属性モンスターを合計2体除外して発動できる。手札・墓地からこのカードを特殊召喚する。特殊召喚されたこのカードは相手のエンドフェイズに手札に戻る。また、手札からこのカードと火属性モンスターを墓地に送って発動する。フィールド上のカードを1枚破壊する。
このカードが除外された時デッキからドラゴン族・火属性モンスターを1体手札に加える。
「焔征竜 ブラスター」の効果は1ターンに1度しか発動できない

《瀑征竜 タイダル》
星7/水属性/ドラゴン族/攻2600/守2000
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または水属性モンスターを合計2体除外して発動できる。手札・墓地からこのカードを特殊召喚する。特殊召喚されたこのカードは相手のエンドフェイズに手札に戻る。また、手札からこのカードと水属性モンスターを墓地に送って発動する。自分のデッキからモンスターを1体墓地に送る。
このカードが除外された時デッキからドラゴン族・水属性モンスターを1体手札に加える。
「瀑征竜 タイダル」の効果は1ターンに1度しか発動できない

《厳征竜 レドックス》
星7/地属性/ドラゴン族/攻1600/守3000
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または地属性モンスターを合計2体除外して発動できる。手札・墓地からこのカードを特殊召喚する。特殊召喚されたこのカードは相手のエンドフェイズに手札に戻る。また、手札からこのカードと地属性モンスターを墓地に送って発動する。自分の墓地からモンスターを1体特殊召喚する。
このカードが除外された時デッキからドラゴン族・地属性モンスターを1体手札に加える。
「厳征竜 レドックス」の効果は1ターンに1度しか発動できない


・手札・墓地から自身を特殊召喚する効果
コストは2枚だが、手札でも墓地でも良く、種族や属性の縛りも「または」なので出しやすい印象。
往復1ターンで場から消えるが、手札に有っても困らないカードなので重いデメリットではないだろう。
全体的に打点が高く、墓地のカードをコストに蘇生して戦闘破壊まで繋げられるとアドバンテージは+2

・手札から捨てて発動する起動効果
通常魔法の感覚で打て、どれも制限カード級の恩恵を得られるがアドバンテージは-1
よって捨てる相方は、《コドモドラゴン》《海皇の竜騎隊》《真紅眼の飛竜》のような捨てて意味のあるカードにしたい。

・除外された時発動する誘発効果
ドラゴン族・○属性モンスターでまともなカードが少ないため、自身をサーチするケースが一番多いかもしれない。
自身をサーチし、2番目の効果に繋げられるとディスアドバンテージを緩和できる。

・1ターンに1度の制約
3つの効果を同一ターンに使えるか否かで、使いやすさが大きく変わる。
「3番目の効果で征竜をサーチし2番目の効果で捨てる動き」「2番目の効果で切った征竜を1番目の効果で蘇生する動き」「1番目の効果のコストに征竜を使い、3番目の効果を使用する動き」はいずれも強く、《水精鱗-アビスディーネ》とは異なる裁定になることを期待したい。

《嵐征竜 テンペスト》
下級を一方的に殴れる打点を持つため戦闘破壊は期待できるが、返しで倒されることも多そう。
風属性ということで《デブリ・ドラゴン》《真紅眼の飛竜》との相性が良く、2番目の効果で《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《ダーク・アームド・ドラゴン》《デブリ・ドラゴン》をサーチできるため、カオスドラゴン気味のデッキで活躍できそうな印象。

《焔征竜 ブラスター》
「四征竜最強の打点」「《交響魔人マエストローク》で倒せない守備力」と戦闘力が高く、1番目の効果だけでも強い。
2番目の効果も純粋に強いため細かなギミックは狙わず、炎属性中心のデッキで活躍できそうな印象。

《瀑征竜 タイダル》
打点が2600と優秀で、守備も2000あるため《ジェムナイト・パール》でようやく相打ち。
2つ目の効果で《海皇の重装兵》《海皇の狙撃兵》《海皇の竜騎隊》を切り、《黄泉ガエル》《粋カエル》《フィッシュボーグ-アーチャー》を落とす動きが強いだろう。
一気に墓地の水が3枚になるため、《氷霊神ムーラングレイス》を出す速度も上がりそう。
レベルが7なので《水精鱗-ガイオアビス》との相性も良く、《フィッシュボーグ-アーチャー》入りのマーメイルで活躍できそうな印象。

《厳征竜 レドックス》
打点が低すぎるため、1番目の効果は戦闘よりもエクシーズに活かしたい。
2番目の効果で《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を蘇生して畳み掛けたいところだが、地属性ドラゴン族は《コドモドラゴン》程度しかいないのでドラゴンで纏めるのは少し難しい。
《キング・オブ・ビースト》《森の番人グリーン・バブーン》ならレベル7も活かせる。
《ダンディライオン》《馬頭鬼》《紋章獣レオ》と、捨てると強い地属性は多め。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たぶん無理ですが自己蘇生効果と捨てて発動する効果を同一ターンに使えるなら、
風や地はランク7が手軽に作れるので面白いですね。
プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR