スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼征竜

《地征竜-リアクタン》
星4/地属性/ドラゴン族/攻1800/守1200
ドラゴン族または地属性のモンスター1体とこのカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「巌征竜-レドックス」1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
「地征竜-リアクタン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

《水征竜-ストリーム》

星4/水属性/ドラゴン族/攻1600/守2000
ドラゴン族または水属性のモンスター1体とこのカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「瀑征竜-タイダル」1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
「水征竜-ストリーム」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

基本的に征竜モンスターは、手札にいても墓地にいてもパフォーマンスが変わらないため、円滑に墓地に送るギミックが欲しい。
そこでこの2枚であるが、他のコストを要求するカードと比較して、これらは「第一効果のコストになる点」「第三効果でサーチできる点」が強み。
つまり、《封印の黄金櫃》で即座にハンドに加えられ、墓地に落ちても除外コストとして扱える。

例えば、
《嵐征竜-テンペスト》《焔征竜-ブラスター》《封印の黄金櫃》
という一見動けないようなハンドであっても、

1.《封印の黄金櫃》《瀑征竜-タイダル》を除外
2.《瀑征竜-タイダル》の効果で《水征竜-ストリーム》をサーチ
3.《水征竜-ストリーム》《焔征竜-ブラスター》を捨て《瀑征竜-タイダル》を特殊召喚
4.《焔征竜-ブラスター》《水征竜-ストリーム》を除外し、手札の《嵐征竜-テンペスト》を特殊召喚
5.《焔征竜-ブラスター》の効果で《ガード・オブ・フレムベル》をサーチ
6.《ガード・オブ・フレムベル》を通常召喚
7.《ガード・オブ・フレムベル》《嵐征竜-テンペスト》を素材に《スターダスト・ドラゴン》をシンクロ召喚

結果
手札 無し
 場 《瀑征竜-タイダル》《スターダスト・ドラゴン》
墓地 《嵐征竜-テンペスト》《ガード・オブ・フレムベル》
除外 《水征竜-ストリーム》《焔征竜-ブラスター》
予約 《瀑征竜-タイダル》

という場を生成でき、墓地の征竜はハンドにいるのと同等とみなせるため、予約も含めて+2枚のアドバンテージを得られている。
墓地の《ガード・オブ・フレムベル》も、特殊召喚のコストとして有用で、場の《スターダスト・ドラゴン》も墓地に送られればコストに使用できるため、+2以上の価値があると言っていい。

これまで征竜がアドバンテージを獲得する手段としては、「《封印の黄金櫃》《七星の宝刀》を発動する」「墓地を絡めた特殊召喚」程度しかなく、
前者は墓地が肥えないため次につながらず、後者は序盤から積極的に狙えないという問題点を抱えていた。
よって、このように「初動から墓地を肥やしつつ場を整えられる手段」を得たことは非常に大きい。

さらに、この2枚は《巨竜の羽ばたき》との兼ね合いが素晴らしい。
《封印の黄金櫃》でサーチしていないのであれば、幼征竜で呼び出した征竜は自身の効果を使っていないため、《奈落の落とし穴》を受けるとサーチ効果を発動することができる。
そのため対戦相手からすると《奈落の落とし穴》は打ちづらく、裏を返すと《巨竜の羽ばたき》を当てやすいということになる。

風・炎の幼征竜も登場するはずなので、それらが登場すればさらに状況ごとの選択肢が広まる良いデッキになりそう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。