《戦線復活の代償》《馬の骨の対価》

《戦線復活の代償》
装備魔法
自分フィールド上の通常モンスター1体を墓地へ送って発動する。
自分または相手の墓地に存在するモンスター1体を選択して自分フィールド上に
特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールド上に存在しなくなった時、装備モンスターを破壊する。

《馬の骨の対価》
通常魔法
効果モンスター以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を墓地へ送って発動する。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。


コストさえ払えば禁止カードである《死者蘇生》《強欲な壺》と同等の効果を得られる2枚。
そのコストは、フィールド上の《通常モンスター》1体と重くはない。
今回は、このコストをできるだけ軽くできるカードを挙げてみる。


《深海のディーヴァ》
デッキから通常モンスターをサーチできるため、即効性が高く、単体で《A・O・J カタストル》《アームズ・エイド》を作れるため、汎用性も高い。

《ジャンク・シンクロン》
墓地から通常モンスターを釣り上げるため即効性は低いが、単体で《A・O・J カタストル》《アームズ・エイド》を作れるため、汎用性が高い。
戦士族・闇属性という恵まれたステータスを持つため、他のギミックと共有しやすいのも利点。

《雲魔物-タービュランス》
デッキ墓地どちらからも通常モンスターを釣り上げられるため即効性が高く、デッキスペースを圧迫しない。
その一方、チューナーではなく場に出せるモンスターが1種類のため汎用性は低め。

《ブラック・ボンバー》
墓地から通常モンスターを釣り上げるため即効性は低いが、単体で《ブラック・ローズ・ドラゴン》《カラクリ将軍 無零》を作れるため、汎用性が高い。

《金華猫》
墓地から通常モンスターを釣り上げるため即効性は低いが何度も効果を使用でき、単体で《フォーミュラ・シンクロン》を作れるため、アドバンテージを稼ぎやすい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR