スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成したデッキ”エヴォル”

@@h題


《焔征竜-ブラスター》
手札に来てしまったエヴォルダーを有効活用する役目と、相手の高打点モンスターを処理する役目を担います。
《炎星皇-チョウライオ》《虚空海竜リヴァイエール》《ラヴァルバル・チェイン》との相性が良いのも嬉しい点です。

《エヴォルダー・ケラト》
他のエヴォルダーと異なり、2100打点あるため状況に関わらず使いやすいのが利点です。
素引きすると弱いです。

《エヴォルダー・ディプロドクス》
バックを破壊できるため、アドバンテージを獲得しやすいです。
素引きすると弱いです。

《エヴォルダー・ウルカノドン》
効果の発動さえ成功すれば、エヴォルカイザーを呼び出せる強力なモンスターです。
序盤はこのカードの起動を目標に立ち回ります。
素引きすると弱いです。

《エヴォルド・オドケリス》
手札に来てしまったエヴォルダーの効果起動を行えます。
レベルが2と他のエヴォルドと噛み合わないため、保険的な立ち位置です。

《エヴォルド・ナハシュ》
《強制進化》からのコンボが強力です。
極稀に《焔征竜-ブラスター》の召喚のためにリリースします。

《エヴォルド・ゲフィロス》
唯一、サーチしてすぐに、単体で効果を起動できる可能性を持つエヴォルドです。
デッキにエヴォルダーがいなくても発動できる点が強く、中盤以降は最強のエヴォルドとなれます。

《強制進化》
フィールドで浮いている《エヴォルド・ウェストロ》《エヴォルド・オドケリス》《エヴォルダー・ウルカノドン》経由でエヴォルカイザーに変換します。
《エヴォルド・ナハシュ》とのコンボも強力で、どちらにせよエヴォルカイザーが2体並ぶ可能性が高いです。

《多様進化》
テキスト通りの強いカードです。

《強欲で謙虚な壺》
2枚1組で動くので潤滑油となる上、《進化の特異点》をいち早く手札に加えたいためフル投入です。

《月の書》
《エヴォルド・ウェストロ》《エヴォルド・カシネリア》と相性が良いカードです。

《禁じられた聖槍》
《エヴォルド・カシネリア》《エヴォルカイザー・ドルカ》《エヴォルカイザー・ソルデ》と相性が良いカードです。

《進化の特異点》
超パワーカードです。
フリーチェーンのため、さらなるアドバンテージを期待できます。


カードを減らさずエヴォルカイザーを出し、効果を発動することさえ続けられれば必ず勝てます。
具体的には、《エヴォルダー・ウルカノドン》《進化の特異点》によってエヴォルカイザーを出します。
効果を発動させるためには、場の状況と自分の罠に合ったエヴォルカイザーを選択して場に出す必要があります。
《エヴォルダー・ウルカノドン》は最大3回しか使えないため、丁寧に使いましょう。
手札に来てしまったエヴォルダーは、特殊召喚した《エヴォルダー・ディプロドクス》と混ぜたり、《焔征竜-ブラスター》で飛ばしたりして頑張って有効活用しましょう。

今まで採用していた《エヴォルド・カシネリア》《エヴォルド・ラゴスクス》ですが、リスクがあまりにも大きいためアウトしました。
《エヴォルド・カシネリア》は、同名2体を呼ばなくてはいけないため、デッキに採用するエヴォルダーの枚数が膨れ上がってしまう点と、起動してしまうと一気に同名のエヴォルダーが2枚も消えてしまうため《エヴォルド・ウェストロ》《強制進化》のパワーがガタ落ちしてしまう点が致命的です。
現環境では、《エヴォルド・カシネリア》からエヴォルカイザーを呼び出したところでたかが知れていて、勝つためにはエヴォルカイザーを恒常的に呼び出す必要があります。
同様に《エヴォルド・ラゴスクス》は、エヴォルダーをデッキから消すのにもかかわらずエヴォルカイザーにアクセスできないので、採用はナシだと感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。