幻獣機雑感

-幻獣機
下級全てが《幻獣機ドラゴサック》と同等の耐性を持っているので場もちが良いです。
トークンさえあれば、戦闘を否定できるためビートダウンに対して圧倒的に強いです。
核となるのが、《幻獣機メガラプター》《幻獣機ブラックファルコン》《幻獣機オライオン》の3枚です。

《幻獣機メガラプター》
幻獣機におけるエアーマンです。
単体性能が絶望的ですが、トークンを産みだすカードと共存できた時のパワーは凄まじいものがあり、このカードの起動を如何に早めるかが最重要課題です。

《幻獣機ブラックファルコン》
攻撃宣言だけでトークンを産みだせる軽さが魅力で、幻獣機の戦闘に強いという性質をより強固にする要因です。
個人的に、このカードが最強の幻獣機だと思っているため、このカードを主軸に他のカードを選択します。

《幻獣機オライオン》
このカードの登場により、強固な場を容易に作り出せるようになりました。
これまでは《カラクリ守衛 参壱参》を使っていたのですが、このカードは幻獣機であるためサーチが効き、レベル2であるため制圧力の高い8シンクロを呼び出せます。
追加召喚効果も素晴らしい強さで、幻獣機の返し性能の乏しさが一気に解消されました。


-相性の良いカード
《カラクリ守衛 参壱参》
場の幻獣機トークンが全て《カラクリ将軍 無零》に化けるという、超パワーカードです。
《幻獣機オライオン》の登場により《カラクリ大将軍 無零怒》を経由することでサーチが効くようになりました。
なるべく引きたくないカードなのですが、デッキに眠っている枚数分しかシンクロできないため事故と爆発力を同時に獲得するハイリスクハイリターンなカードでもあります。

《スケープ・ゴート》
トークンを一気に4体特殊召喚するパワーカードですが、場に空きがなければ発動できません。
後述する《幻獣機メガラプター》とのコンボが非常に強力です。

《オレイカルコスの結界》
《幻獣機ブラックファルコン》《幻獣機テザーウルフ》と組み合わせることで容易にロックすることができます。
またトークンに打点を持たせられるため、ライフを削る速度も爆発的に高まります。
マスタールール3では場持ちが上昇したため採用したいカードですが、シンクロ・エクシーズに頼れなくなるデメリットもまた大きいです。

《強制転移》
トークンと交換することで、《強奪》以上の性能を発揮します。
使っていて一番パワーを感じるカードでした。

《激流葬》《聖なるバリア-ミラーフォース-》《つり天井》
下級は全て戦闘耐性を持っているため、相手はトークンを除去するために複数のモンスターを展開したうえで、バトルやエクシーズから処理しようと考えます。
そこでこれらの全体除去を打ち込むことで、一気にアドバンテージを突き放すことができます。
特にビートダウンに対する《幻獣機ブラックファルコン》《聖なるバリア-ミラーフォース-》の構えは極悪で、この2枚だけでゲームを決めてしまうほどのパワーを誇ります。

-ギミック
全てはトークンをフィールドに並べることから始まります。
《スケープ・ゴート》《空中補給》または、《幻獣機テザーウルフ》《幻獣機ブラックファルコン》によってフィールドにトークンを溜めながら、《幻獣機メガラプター》によってアドバンテージに変換したり、《幻獣機オライオン》によって戦闘力に変換したりします。

《幻獣機メガラプター》
《スケープ・ゴート》を始動とした、最も理想的な流れが以下になります。

段階1:《幻獣機メガラプター》《羊トークン》《羊トークン》《羊トークン》《羊トークン》
段階2:《幻獣機メガラプター》《幻獣機ブラックファルコン》《幻獣機トークン》《幻獣機トークン》《羊トークン》
段階3:《幻獣機メガラプター》《幻獣機ブラックファルコン》《スターダスト・ドラゴン》《幻獣機トークン》《幻獣機トークン》

まず《幻獣機ブラックファルコン》をサーチし、戦闘を否定しながら次のターンに《幻獣機オライオン》をサーチします。
あとはレベル8シンクロをすることで、《励輝士 ヴェルズビュート》に強い布陣が作れます。
《幻獣機ブラックファルコン》《幻獣機メガラプター》の2枚が揃うと、トークンを産みだす速度が消費する速度を上回るため、戦闘では無敵になれ、次々に布陣を強化できます。
《スターダスト・ドラゴン》も実質的に1度の戦闘耐性を持つため、崩すことは容易ではありません。

-課題
ビートダウン相手には無敵の強さを誇るデッキですが、正直今の環境では苦しいです。
《セイクリッド・プレアデス》《神竜騎士フェルグラント》《クイーンマドルチェ・ティアラミス》といった幻獣機側の布陣を悠々と突破できるモンスターが蔓延しており、さらに《ブレイクスルー・スキル》の存在もあるからです。
そのため、《カラクリ守衛 参壱参》連打によるワンショットが主な勝ち筋となりますが、罠や手札誘発の恰好の的となってしまうため、安易なワンショット狙いは危険です。
利点としては、《群雄割拠》《御前試合》《マクロコスモス》すべてを採用できるほどに、永続メタには強い点が挙げられます。
2本目以降は、《スターダスト・ドラゴン》《閃珖竜 スターダスト》と永続罠を重ねて戦うことになると思われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR