スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補給部隊

永続魔法
1ターンに1度、自分フィールド上のモンスターが戦闘・効果で破壊された時、デッキから1枚ドローできる。



「破壊の方法を問わない」「タイミングを逃さない」「効果が重複する」「相手ターンにも発動する」とこの手のカードにありがちな制約を一切持ちません。
1ドローを+1アドバンテージと捉えれば、《黒い旋風》《ゼンマイマニュファクチャ》クラスのカードだと考えられます。
それほどのパワーカードを、デッキを選ばず入れられるのは恐ろしいですね。

とはいえ、《黒い旋風》《ゼンマイマニュファクチャ》と異なりトリガーを満たすためにはカードを失わなければならず、、何らかの方法でその損失を補わなければ手札交換に終わってしまいます。
また、能動的に発動することがやや難しく、毎ターン起動させられる保証はありません。
さらに、現環境では《アーティファクト・ムーブメント》《アーティファクトの神智》が飛び交っており、このカードを維持することは困難です。
1度でも効果の起動を成功させれば、《アーティファクト・ムーブメント》《アーティファクトの神智》を受けてもトントンに持ち込めるため、頑張って1度目を起動させましょう。
2度起動させてしまえばこっちのものです。

そこで、
「損失が生じない破壊」を「自分ターンのみならず相手ターンにも」「いつでも」行えるデッキが望ましいです。


損失が生じない破壊
これは簡単で、《キラー・トマト》《カードガンナー》《炎王の急襲》などが該当します。
相手依存になりますが、例えば《ライオウ》《奈落の落とし穴》を踏んだら1:1しつつトリガーとなれますね。

自分ターンのみならず相手ターンにも
これがかなり難しいです。
条件を満たすだけならば《炎王炎環》《スクラップ・スコール》などがありますが、単に打つだけでは損失が発生してしまうため、アドバンテージを獲得できません。
その中では《激流葬》《つり天井》あたりは、アドバンテージを得ながらさらにトリガーとなれる可能性を持つ、優秀なカードです。
基本的には、相手の戦闘を抑制する目的で使うのが良いと感じました。

いつでも
《キラー・トマト》等のリクルーターであれば比較的簡単ですが、《炎王炎環》《スクラップ・スコール》などは何枚も用意できないですね。



そのうち加筆するかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。