ファーニマル雑感

元々ファーニマルはアドバンテージを獲得することに長けたデッキで、
《ファーニマル・ドッグ》《ファーニマル・オウル》《融合回収》《融合準備》の4種は、発動するだけでカードが1枚増えました。

とはいえ、獲得したアドバンテージを勝利に繋げる手段が《デストーイ・シザー・ウルフ》しかなく、このカードのアドバンテージ消費が激しすぎる上、盤面解決能力がないという致命的な欠陥を抱えていました。

今回登場した《デストーイ・シザー・タイガー》は、召喚が通ればN:N交換を行えるという素晴らしいカードで、獲得したアドバンテージ差を維持したまま、相手のリソースを削ることができます。
同時に、展開されたフィールドであっても一気に解決することができ、返し性能が跳ね上がりました。

さて、救世主的なカードを手に入れたファーニマルですが、《融合》+ファーニマル+《エッジインプ・シザー》の3枚を手札に入れられなければ始動すら行えないことには変わりません。
そこで、初動になりうるカードはフル投入します。


《ファーニマル・ドッグ》《ファーニマル・オウル》
初動かつアドバンテージを得られるという、ファーニマル最強の2枚です。
前者は《エッジインプ・シザー》を、後者は《融合》を追加で獲得できるため、融合召喚に必要なパーツのうち、2枚が揃う計算になります。
これらのカードを召喚したターンに融合を行えない場合、確実に返しに戦闘破壊されてしまい、獲得したアドバンテージがチャラになってしまいます。
そこで、なるべく召喚したターンに融合を行い、効率の良いアドバンテージ還元が必要になります。

《沼地の魔神王》
このカードは、《エッジインプ・シザー》《融合》の好きな方1枚に化けることができるカードです。
単なるサーチャーなのでアドバンテージにはなりませんが、召喚権を使わない上に融合に必要な3種のうち、絶対数の少ない2種に化けられるため、とても使いやすい初動です。

《E・HERO プリズマー》
アドバンテージを得られない上に、召喚権こそ使用しますが、融合素材のどちらにも化けられるカードです。
《沼地の魔神王》と違い《エッジインプ・シザー》にアクセスできるため、後々の展開が楽になるのも長所です。

《終末の騎士》
《エッジインプ・シザー》を墓地に送るだけなので、アドバンテージ面から見ても、化けられる幅の面から見ても、《E・HERO プリズマー》に劣ります。
このカードが真価を発揮するのは《BF-精鋭のゼピュロス》を落とした時で、《トイポット》を手札に戻すことでランク4エクシーズにつなげられます。
ランク4エクシーズの中でも、《ラヴァルバル・チェイン》《トイポット》をデッキから落とすことができるカードで、つまり、擬似的な《ファーニマル・ドッグ》としての運用が可能です。
《ラヴァルバル・チェイン》については、後々詳しく書きます。

《E・HERO ブレイズマン》
ファーニマルネームを持たない《ファーニマル・オウル》ですので、下位互換です。
レベル4かつ戦士族であるため、各種サポートカードによる恩恵を受けられ、デッキに1枚挿しておくと選択肢が広がります。
一応アドバンテージを獲得できますが、《ファーニマル・オウル》と異なり融合先が弱いため、エクシーズ素材にしない限りは獲得したアドバンテージをすぐに吐き出してしまいます。

《召喚僧サモンプリースト》《増援》
上記のカード3種にアクセスできる、つまり、融合に必要などのカードの代用にもなるというジョーカー的なカードです。
特に前者は《ラヴァルバル・チェイン》に繋ぐことができる上、《トイポット》の起動まで行えるという、このデッキ最強の初動です。

《融合準備》
《ファーニマル・ベア》《エッジインプ・シザー》の好きな方をサーチできます。
罠なので遅く、初動としてはアドバンテージも獲得できませんが、一度融合が回り始めた後は、《融合》のサーチを行えるため、パワーカードになります。
初動としても、召喚権を使わずに融合素材の好きな方に化けられるため及第点です。


ここまでが主な初動で、続いて融合召喚を行える場合にアドバンテージを広げられるカードの紹介です。

《ファーニマル・キャット》《レスキューラビット》
融合召喚で消費するアドバンテージを軽減できます。
非常に強い効果なのですが、融合できなければ紙でしかなく、《ファーニマル・ドッグ》《ファーニマル・オウル》を召喚したターンはそちらを融合素材にするため、2体融合ではこのカードの出番は回りません。
サーチ先としては優秀なため、1枚ずつ挿しておくことで、デッキのパワーが跳ね上がります。

《融合回収》《融合準備》
テキスト通り、アドバンテージ+1を得られます。
前者は即効性に長け、後者は初動にもなれます。


続いて、ギミックに関与するカードです。

《ファーニマル・ベア》《トイポット》
どちらも、単体では弱い部類のカードです、
後者は、《召喚僧サモンプリースト》《ラヴァルバル・チェイン》《トイポット》で捨てることで好きなモンスターにアクセスすることができます。
また、《エッジインプ・シザー》《ラヴァルバル・チェイン》でデッキトップを操作することで、召喚権を使わずにカードの展開が行えます。
文章では強さが伝わりづらいカードであるため、具体例を挙げて紹介します。

手札《召喚僧サモンプリースト》《大天使クリスティア》《トイポット》《激流葬》の場合、

《召喚僧サモンプリースト》で《トイポット》を切り、《終末の騎士》を特殊召喚し、《BF-精鋭のゼピュロス》を落とします。
《トイポット》の効果で《ファーニマル・ベア》をサーチし、《トイポット》をセットします。
《ラヴァルバル・チェイン》をエクシーズ召喚し、トップを《ファーニマル・ドッグ》に固定します。
《トイポット》で《激流葬》を捨てて《ファーニマル・ドッグ》を引き、そのまま特殊召喚して《エッジインプ・シザー》をサーチします。
《BF-精鋭のゼピュロス》で戻し、2枚目の《ラヴァルバル・チェイン》を召喚して、《ファーニマル・オウル》をトップにおきます。
《トイポット》を再度起動し、《エッジインプ・シザー》を捨てて《ファーニマル・オウル》をドローし、手札の《大天使クリスティア》を特殊召喚します。

以上の動きにより、《ラヴァルバル・チェイン》《ラヴァルバル・チェイン》《大天使クリスティア》《トイポット》という盤面が完成し、手札には《ファーニマル・オウル》、墓地には《エッジインプ・シザー》と、後続も確保できました。

このようにこのギミックは4エクシーズと相性が良く、融合を使わない展開を行えるため、デッキの攻め手の選択肢を広げられます。

《簡易融合》
先述したように4エクシーズが強力であるため、4エクシーズを召喚権を使わずに呼び出せるこのカードも間違いなく強いです。
特にコンボがなくとも、《ラヴァルバル・チェイン》《ギアギガント X》的な動きをするため、レベル4さえ落ちていれば万能サーチになります。
また、墓地のファーニマルや《エッジインプ・シザー》を釣ることで、融合素材の確保も行えるため、レベル4が落ちてなくとも仕事はあります。

《ダンディライオン》《大天使クリスティア》
前者は《ラヴァルバル・チェイン》《トイポット》で落とすことで《始祖竜ワイアーム》の融合召喚につながり、後者は自身の効果や《簡易融合》《トイポット》から特殊召喚を行えます。
どちらもゲームを一枚で決められるほどの凄まじい制圧力を誇り、バックを剥がせる《デストーイ・シザー・タイガー》との相性が抜群に良いです。
素引きに頼る《大天使クリスティア》は兎も角、《ダンディライオン》はデッキに1枚挿すだけで《始祖竜ワイアーム》という選択肢を得られるため特に強力です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR