《星守の騎士 プトレマイオス》

ランク4/光属性/戦士族/攻 550/守2600
レベル4モンスター×2体以上
(1):このカードのX素材を3つまたは7つ取り除いて発動できる。
●3つ:「No.」モンスター以外の、このカードよりランクが1つ高いXモンスター1体を、自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●7つ:次の相手ターンをスキップする。
(2):お互いのエンドフェイズ毎に発動できる。
自分のエクストラデッキの「ステラナイト」カード1枚を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。


レベル4×2で好きなランク5をフリーチェーンで呼び出せるという、これまでのエクシーズを全て否定するほどのスーパーカードです。
唯一にして最大の欠点が、エクストラデッキの枠の圧迫です。
このカードは単なるエクシーズと異なり、
・自身
・埋めるためのステラナイト
・呼び出すランク5
と最低3枚の枠を要求する上、それぞれについて複数の採用すら圏内という困ったちゃんです。

主な使い方としては、自分のターンにレベル4モンスターを2体並べ、《星守の騎士テラナイト プトレマイオス》 を作り、エンドフェイズにステラナイトを埋め込みます。
このカード自身も守備力2600と壁としてのスペックが高いため、相手にとっては厄介な存在となります。
おそらく、何らかのアクションをしなければこのカードを超えられないため、そのアクションにあわせて《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》《セイクリッド・プレアデス》《始祖の守護者ティラス》等に進化して迎え撃ちます。

例えば、《月の書》《鳥銃士カステル》等を打たれた場合は適当に進化するだけで回避できますし、《ブラック・ホール》《励輝士 ヴェルズビュート》ならば《始祖の守護者ティラス》に進化すれば回避できます。
2600を超える高打点には、《セイクリッド・プレアデス》によるバウンスが、《影依融合》には《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》があり、隙がありません。

エンドフェイズまで相手がアクションを行わなかった場合、さらにステラナイトを埋めつつ、《セイクリッド・プレアデス》を2回使ったり、素材2の《始祖の守護者ティラス》で制圧に向かったりと、優位な状態をさらなるものにできます。

このように、1枚でやれることが余りにも多いパワーカードを、あらゆるデッキがレベル4を2体並べるだけで出せてしまいますが、この例の場合、
《星守の騎士 プトレマイオス》 《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》《セイクリッド・プレアデス》《始祖の守護者ティラス》という5枠を圧迫してしまいます。
他にも、《シャーク・フォートレス》《アーティファクト-デュランダル》といった優秀な進化先があるため、6枠7枠の圧迫も考えられます。

現時点でランク4はかなり多様かつ優秀で、それらの枠を5以上も割いてまで採用する価値のあるセットかはデッキ次第です。
また、同パックに収録された《幽鬼うさぎ》《星守の騎士テラナイト プトレマイオス》 のアンチカードとなっているので、安易は召喚は命取りとなります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR