完成したデッキ”紋章獣”

無題

紋章獣はリソースが切れづらいという特性を備えたランク4デッキなので、似た性質を持つテラナイトとの差別化が必然的に要ります。
テラナイトの隙として、《星因士 アルタイル》がターン1かつバトル不可という2つの制約を持つこと、つまり手数とライフレースで怪しさが残る点が挙げられます。
罠を敷いては《神星なる因子》を擁するテラナイトに劣るため、罠0にし、先ほど述べた手数とライフレースに特化して勝負することにしました。
この観点から突き詰めると、紋章獣の理想的な動きは、「下級2体でライフを奪い、メイン2にエクシーズをしてアドバンテージに変換する」ということだと感じました。


《紋章獣レオ》
《紋章獣アバコーンウェイ》はリソース消費を抑えられ、《紋章獣アンフィスバエナ》はライフを取る速度に貢献します。
この効果を使えば使うほど、アドバンテージゲームもライフレースもメイクしやすくなります。
1ターンに1度という制約があるため、相手ターンにも効果を使って効率よくサーチを行いたいです。
そこで蘇生魔法で蘇生し、エクシーズ素材として埋めたまま相手にターンを渡す動きが理想的です。

《紋章獣アバコーンウェイ》
一見パワーの低いカードですが、《紋章獣レオ》を回収することで、その《紋章獣レオ》がさらなる《紋章獣アバコーンウェイ》を持ってきます。
その《紋章獣アバコーンウェイ》は必然的に3枚目となるため、《紋章獣レオ》をさらに回収でき、すると《紋章獣レオ》からさらなる紋章獣をサーチできます。
つまり、《紋章獣アバコーンウェイ》2枚と《紋章獣レオ》にアクセスできた段階で、爆発的に潜在アドバンテージ量が増加します。

《H・C 強襲のハルベルト》
間違いなく、紋章獣最強のサポートカードです。
紋章獣の理想的な動きである、「高打点の下級2体でライフを奪い、メイン2に強力エクシーズ体に変換する」ことを自然に行えるからです。
またこのカードは、高打点かつ展開力を備えるだけでなく、さらに後続まで確保します。
紋章獣ギミックが片方のエクシーズ素材を確保するため、3500程度のライフを奪った後、このカードと紋章獣を後続として確保しつつ、エクシーズまで繋げられます。

《紋章獣アンフィスバエナ》
《紋章獣レオ》《紋章獣アバコーンウェイ》はアドバンテージこそ取れますが、動きの遅いカードです。
それを補うのがこのカードで、特殊召喚効果はターン制限がないため、稼いだアドバンテージを全てライフを奪うことに注ぎ込めます。
さらに、自身の打点をアップさせる効果も強力で、多数のキルパターンに関与できます。

《電光-雪花-》
召喚権を使わずに、モンスターを展開することに長けたデッキであるため、非常に使い勝手が良いです。
特に致命傷になりがちな、《超融合》《神の写し身との接触》《激流葬》《リビングデッドの呼び声》《神星なる因子》《アーティファクトの神智》をまとめて封殺できるスーパーカードです。
《星守の騎士 プトレマイオス》を安全に着地させつつ、《セイクリッド・プレアデス》による維持ができると一気にゲームを支配できます。

《紋章獣ツインヘッド・イーグル》
紋章獣を組む意義ともいえるほどの、スーパーカードです。
素材を持たないエクシーズに《紋章獣レオ》を埋め込めるため、成立すれば基本的に2枚のアドバンテージを確保できます。
《深淵に潜む者》 《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》といった制圧系エクシーズの持久力を高めたり、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》を連発することでライフを一気に奪い取れます。
さらに《星守の騎士 プトレマイオス》が登場したことで、《セイクリッド・プレアデス》の効果を3度使うという大技も可能となりました。

《カゲトカゲ》
《H・C 強襲のハルベルト》に次いで、使いやすい展開札です。
最大の利点は《キングレムリン》からのサーチが可能な点で、《高等紋章術》が絡んだとき、6000以上ものライフを奪い取ります。

《紋章獣バシリスク》
《オネスト》のケアと、《神樹の守護獣-牙王》《影霊衣のクラウソラス》の処理を行えるため、選択肢としては中々に強力なカードです。

《召喚僧サモンプリースト》
《紋章獣レオ》を埋めたエクシーズ、《超電磁タートル》を墓地に構えたエクシーズという、このデッキの最強系を1枚で作り出せるカードです。
魔法カードが多めなので、腐りづらいのも使いやすい要因です。

《超電磁タートル》
《ラヴァルバル・チェイン》《キングレムリン》《星守の騎士 プトレマイオス》など、1ターン残るとアドバンテージを突き放せるエクシーズ体が多いため、素引きからエクシーズにつなげたいカードです。
制圧・2キルに向かう場合は、《ラヴァルバル・チェイン》からこのカードを落とすこともあります。

《マスマティシャン》
デッキの核となる《紋章獣レオ》にアクセスできる上に、損失がほとんど発生しないという超パワーカードです。
1500という打点のおかげで、ダメージカットをしつつ手札を整えられるという、実に理想的な初動札です。

《幽鬼うさぎ》
少ない伏せは《サイクロン》の的になるだけなので意味がなく、《エフェクト・ヴェーラー》ではライフを守れないケースも多々あります。
また、相手のモンスターは生き残るため、そのモンスターの処理にリソースを消費させられてしまうため、攻めの速度が落ちてしまいます。
このカードは、伏せずにライフを守り、ライフを削りやすいという紋章獣にとっては革命的なカードです。

《ブラック・ホール》《地砕き》《月の書》
相手モンスターを処理するのに一々エクシーズを使っていては、ライフを奪う速度が著しく低下してしまいます。
そこで、このカードを使うことで、下級でビート+エクシーズでアドバンテージに変換という、紋章獣の理想的な動きを自然に行えるようにします。
一見1:1に過ぎない《地砕き》ですが、2000削って素材の無い《鳥銃士カステル》でターンを返す動きよりも、3500削って《星守の騎士 プトレマイオス》でターンを返す動きの方が、テンポ・ライフの取りやすさ・ライフの失いにくさという点で格段に良いと感じました。
《ライオウ》《エルシャドール・シェキナーガ》《影霊衣のクラウソラス》といった面倒なカードで詰むこともなくなり、安定感抜群です。
《月の書》は、パワーこそ落ちますが《エフェクト・ヴェーラー》《スキルドレイン》の回避や相手ターンでの妨害など、小回りの利くナイスカードです。

《ソウル・チャージ》
基本は《紋章獣レオ》+レベル4+エクシーズの蘇生です。
蘇生した下級をエクシーズに変換し、《紋章獣ツインヘッド・イーグル》をサーチすることで、蘇生したエクシーズまでもが完全復活します。
使ったターンのビートダウンは不可能ですが、それが気にならないレベルのとてつもないアドバンテージを獲得できます。

《高等紋章術》
《紋章獣レオ》のうまったエクシーズという最強系を1枚で作り出せる超パワーカードです。
《キングレムリン》《ガガガザムライ》を出すことで、一気に6000ものダメージを与えられ、他の展開札と合わせて引くと瞬殺可能です。


環境上位のデッキと比較すると見劣りするため、「好きだから」以外の理由で選択するに値するデッキではありませんが、
アドバンテージ消費の抑えやすさ
ライフの奪いやすさ
エクシーズによる柔軟な対応力
という3点に関しては中々優秀なデッキだと感じました。
また、《高等紋章術》は全ての無制限カードの中でも最強レベルのパワーを持ち、このカードを引くだけでイージーウィンがしやすいのも、このデッキの大きな強みだと思います。

《星守の騎士 プトレマイオス》が本当に強いので、天敵のネクロスが消えると、ランク4デッキの春が訪れるかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつもtwitterを拝見しています。
2つ質問があるのですが
1簡易ノーデンがないのは、やはりプトレマイオスで枠がとられるからでしょうか?
2用心深い私にとって妨害札が少なく感じるのですが防御面はどうでしょうか?

No title

仰る通り防御が薄いんで、先行取らされてハンドかみ合わないと返しですぐ死にますね
ノーデンは枠の関係上抜けてしまいました。
プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR