スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RR雑感

ほんの少しだけ触ったので感想。
ヴェルズや紋章獣やテラナイトに近い、個性の無いランク4ビートです。
これらと同じように、追加召喚と墓地からの蘇生とサーチを備えています。


《RR-インペイル・レイニアス》
星4/闇属性/鳥獣族/攻1700/守1000
「RR-インペイル・レイニアス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功したターンの自分メインフェイズに1度だけ、フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示にする。
(2):このカードが攻撃したターンの自分メインフェイズ2に、自分の墓地の「RR」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

他のランク4ビートと比較して、一番の差別化要素になるモンスターだと思います。
《星因士 アルタイル》と異なり、メイン2でしか効果を起動できませんが、その代わりに超強力な第一効果を備えています。
これにより、《ライオウ》《エルシャドール・ミドラーシュ》といったモンスターを叩きながらの展開ができるため、《星因士 リゲル》《星因士 アルタイル》を一体化させたようなハイスペックモンスターであることが分かります。


《RR-トリビュート・レイニアス》
星4/闇属性/鳥獣族/攻1800/守 400
「RR-トリビュート・レイニアス」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功したターンの自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「RR」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊したターンの自分メインフェイズ2に発動できる。
デッキから「RUM」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「RR」モンスターしか特殊召喚できない。

《星因士 ウヌク》ですが、後述する《RR-ミミクリー・レイニアス》の存在から、《星因士 デネブ》のように単体で機能するモンスターとなりました。
《RR-インペイル・レイニアス》 で蘇生することで、アドバンテージを突き放せます。


《RR-ミミクリー・レイニアス》
星4/闇属性/鳥獣族/攻1100/守1900
「RR-ミミクリー・レイニアス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功したターンの自分メインフェイズに1度だけ発動できる。
自分フィールドの全ての「RR」モンスターのレベルを1つ上げる。
(2):このカードが墓地へ送られたターンの自分メインフェイズに、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「RR-ミミクリー・レイニアス」以外の「RR」カード1枚を手札に加える。

《紋章獣レオ》ですが、魔法罠もサーチできます。
また第一効果も超優秀で、《No.61 ヴォルカザウルス》を絡めることでライフを一気に奪い取れます。
素引きした場合でも、エクシーズすればサーチャーとして運用できるため、《星因士 デネブ》が6枚あるかのような安定感です。


《RR-バニシング・レイニアス》
星4/闇属性/鳥獣族/攻1300/守1600
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功したターンの
自分メインフェイズに1度だけ発動できる。
手札からレベル4以下の「RR」モンスター1体を特殊召喚する。

《星因士 ベガ》の上位互換です。
3枚引いても全て場に出せます。


《RR-ネスト》
永続魔法
「RR-ネスト」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「RR」モンスターが2体以上存在する場合にこの効果を発動できる。
自分のデッキ・墓地の「RR」モンスター1体を選んで手札に加える。

《ゼンマイマニュファクチャ》を彷彿させる強力な効果で、《RR-ミミクリー・レイニアス》によるサーチまで可能です。
基本的には、《RR-ミミクリー・レイニアス》で本命をサーチする際、このカードを経由してサーチすることで、場に残るこのカード分だけアドバンテージを得られます。
2度目の起動ができたり、《サイクロン》を打ってくれれば儲けものです。
墓地からの回収もできるため、長期戦にも強くなりますが、発動条件がやや重い上にサーチが容易なので1枚で十分だと思います。


《スワローズ・ネスト》
速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する
鳥獣族モンスター1体をリリースして発動する。
リリースしたモンスターと同じレベルの鳥獣族モンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する。

《天架ける星因士》です。
《エフェクト・ヴェーラー》は召喚時に打たれるため1:2交換とはいきませんが、召喚権を使った動きを止められてしまうと何もできなくなってしまうため、このデッキの生命線になるカードだと思います。
また、バトルフェイズ中に《RR-インペイル・レイニアス》を出すことで、1700のダメージを上乗せしつつ墓地のRRを吊り上げられます。
この妨害避けと、ライフを奪う動きがメインになると思います。
一応、《RR-トリビュート・レイニアス》 《RR-ミミクリー・レイニアス》 のどちらかとセットで引くことで、2枚によるエクシーズを行えます。
《カゲトカゲ》と同等の働きですから、強い動きではないですが、選択肢にはなりえます。


《RR-レディネス》
通常罠
(1):このターン、自分フィールドの「RR」モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):自分の墓地に「RR」モンスターが存在する場合に墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分が受ける全てのダメージは0になる。

《RR-ミミクリー・レイニアス》でサーチした《RR-トリビュート・レイニアス》の効果を使用する場合、落としたいカードがもう無いという状況になります。
その時、このカードがデッキに眠っていれば美味しいです。
素引きするとかなり弱いですが、落としておくと死ななくなるため海皇などを相手にしやすいです。
フリーチェーンゆえ、《深淵に潜む者》に舐められないのも大きな利点です。


《RR-フォース・ストリクス》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/鳥獣族/攻 100/守2000
レベル4モンスター×2
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカード以外の自分フィールドの鳥獣族モンスターの数×500アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから鳥獣族・闇属性・レベル4モンスター1体を手札に加える。

一見強そうですが、回す過程で欲しいカードはサーチできてしまう上、《ギアギガント X》のような打点も持たないため態々エクシーズしたい場面はあまりないです。


他のランク4ビート同様、下級2体でビートダウンを行い《星守の騎士 プトレマイオス》に変換して相手ターンを凌ぐ動きが基本になると思います。
その際、《RR-インペイル・レイニアス》がかなり強く、攻守ともに1700なければ下級によるビートダウン&エクシーズが成立します。
構築の際は、この動きを綺麗に行えるようにしたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「個性の無い」はかわいそうww

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。