スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成したデッキ”レイドラプターズ”

無題


他のランク4デッキとの相違点は、《RR-インペイル・レイニアス》による戦闘アドバンテージの稼ぎやすさです。
ランク4最強のモンスターである《星守の騎士 プトレマイオス》には前面を処理する力はあまりないので、バトルを通じて前面をどかし、メイン2で蓋をする形が理想的です。
それを容易に達成させられるのが《RR-インペイル・レイニアス》であり、この動きを目指します。


《RR-トリビュート・レイニアス》
数少ない初動札です。
《RR-インペイル・レイニアス》《RR-バニシング・レイニアス》の足りない方をサーチし、次のターンの動きを確定させられます。
このカードが墓地にあるか否かで、《RR-インペイル・レイニアス》のパワーがまるで変わってきます。

《RR-バニシング・レイニアス》
唯一ライフを奪うことのできるRRモンスターです。
《星因士 ベガ》と異なり、1ターンに複数回起動も行えるため、大量展開からのライフ奪取が可能です。

《RR-インペイル・レイニアス》
先述したように、最強のRRモンスターです。
戦闘破壊から《RR-トリビュート・レイニアス》を蘇生し、《RR-ミミクリー・レイニアス》を起動させることで、最大+3のアドバンテージを獲得できます。
《ライオウ》《エルシャドール・ミドラーシュ》等の面倒なモンスターも簡単に突破できる点も見逃せません。

《RR-ミミクリー・レイニアス》
素引きした場合、何らかの方法でエクシーズ召喚の素材するしか使い道がありません。
逆に、エクシーズの素材にしてしまえばデッキが回転するため、このカードの処理が出来るか否かは非常に重要であり、《H・C 強襲のハルベルト》《フォトン・スラッシャー》《スワローズ・ネスト》といった綺麗に処理できるカードを多めに採用しています。

《H・C 強襲のハルベルト》
召喚権を使わず展開でき、ライフを奪う能力と後続を確保することに長けたモンスターなので、デッキのコンセプトに合致しています。
《RR-インペイル・レイニアス》との相性が抜群で、貫通効果さえも活かすことができます。

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》《混沌帝龍 -終焉の使者-》
召喚権を絡めなければライフを取りづらいこのテーマにおいて、召喚権を使わずにライフを奪えるカオスモンスターの存在は非常に重要です。
基本的に繰り出すエクシーズは光属性であるためコストに困ることはほとんどなく、引けばほぼ確実に仕事をしてくれるパワーカードです。

《フォトン・スラッシャー》
光属性の供給は難しくないとはいえ、カオスモンスターが腐ってしまうケースは極力避けたいです。
そこで、《増援》によるサーチの利くこのカードを採用することで、デッキ内の光属性の比率を高めました。
このカードは先行1ターン目で《増殖するG》を踏まずに展開できる数少ないカードでもあります。
また、《星因士 ウヌク》《リチュア・チェイン》《E・HERO エアーマン》を一方的に戦闘破壊出来る点が素晴らしいです。

《幽鬼うさぎ》
環境の中心となっている《星守の騎士 プトレマイオス》を、先からでも後からでも破壊できるカードです。

《増殖するG》
初動となるパーツを引き込みたいことと、相手の速度を遅らせることでRRの遅さを誤魔化したいことから採用しています。

《増援》
《H・C 強襲のハルベルト》4枚目であると同時に、光属性のカードを増やす役割もあります。

《ブラック・ホール》
強力な展開が多すぎる現環境においては、必須レベルのカードだと思います。

《おろかな埋葬》
《RR-インペイル・レイニアス》《RR-バニシング・レイニアス》の好きな方をサーチできるカードです。

《月の書》
小回りが利くいいカードです。

《スワローズ・ネスト》
先述したようにRRは召喚権以外の攻め手をメインギミックに持たないテーマであるため、妨害1枚で崩れやすいです。
このカードは、そういった妨害を踏み越えつつ、より有利な状況を作り出しやすい素晴らしいカードです。
また、アドバンテージの獲得源である《RR-インペイル・レイニアス》、ダメージの獲得源である《RR-バニシング・レイニアス》に素早くアクセスできるカードでもあり、《禁じられた聖槍》《侵略の汎発感染》などと異なり相手への依存もありません。
さらに1ターンで何枚も打てるため被っても問題なく、文句なしのフル投入です。

《RR-レディネス》
海皇などのワンショット系統のデッキを相手にしたとき、採用してあると試合展開がかなり楽になります。
素引きしてもそこまで弱くはなく、維持すると強い《RR-インペイル・レイニアス》《RR-フォース・ストリクス》を守れます。

《ゴッドバードアタック》
鳥獣族の必殺技です。
先行展開を返したり、永続罠を破壊したりと無理な部分に手が届きやすいです。
基本は相手の除去に合わせたり、無効系を受けた下級を返しのターンで飛ばしたりします。
《RR-フォース・ストリクス》《鳥銃士カステル》といった下級で超えられないモンスターを飛ばして打つことも多いです。
また、《RR-バニシング・レイニアス》の効果にチェーンして放つことで、《激流葬》のケアがしやすい点も重要です。

《強制脱出装置》
《星守の騎士 プトレマイオス》に対して一番強い罠だと思いました。
《RR-バニシング・レイニアス》の効果起動に《エフェクト・ヴェーラー》を打たれた場合、このカードを合わせればチャラにできます。

《破壊輪》
フリーチェーンの除去なのでほとんどのデッキに強く打てるのが魅力です。
ライフを奪うことに不安のあるRRにおいて、バーンダメージは非常にありがたいです。


テラナイトと被っていますが、タダで《星守の騎士 プトレマイオス》を出し続けられるので弱いテーマではないと思います。
とはいえ、テラナイトを差し置いて使うデッキではなさそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ネスト不採用についてと、スワローズネストについて使い勝手を教えて欲しいです

スワローズは書いてある通りです

ネストは2度起動しないとプラスにならず、素引きするとマイナスです。
マイナスの方が大きいと思いました。
プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。