【Em(エンタメイジ)】

《Emトリック・クラウン》
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1200
「Emトリック・クラウン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「Em」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
その後、自分は1000ダメージを受ける。

《Emダメージ・ジャグラー》
星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守1000
「Emダメージ・ジャグラー」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分にダメージを与える魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):自分または相手のバトルフェイズにこのカードを手札から捨てて発動できる。
このターン自分が受ける戦闘ダメージを1度だけ0にする。
(3):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「Emダメージ・ジャグラー」以外の「Em」モンスター1体を手札に加える。


TGを彷彿させる、スーパースペックな下級モンスターが登場しました。
前者はエクシーズ素材やハンドコスト等、どんな方法で墓地に送ってもタイミングを逃さずに帰ってくるため、追加のエクシーズに繋げやすいです。
さらにプトレマイオスから相手エンドのノヴァの動きが通ってしまうと、さらに自身が蘇生し、次のターンのエクシーズ素材の弾2回分になることができます。
後者はそこそこ優秀な防御札兼手札コストで、墓地に行けば《Emトリック・クラウン》 のサーチを行えます。
つまり、このカード1枚で2枚分のハンドコストを賄うことができます。
かなり自由なタイミングで墓地に送れるので、最低でも4枚目以降の《Emトリック・クラウン》 として扱えますね。

以下、この2枚と相性の良いカードです。


《ブリリアント・フュージョン》
永続魔法
「ブリリアント・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時に自分のデッキから「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてエクストラデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた場合にそのモンスターを破壊する。
②:1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。
このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力を相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

《ジェムナイト・セラフィ》
星5/地属性/天使族/攻2300/守1400
「ジェムナイト」と名のついたモンスター+光属性モンスター
このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分のメインフェイズ時に1度だけ、自分は通常召喚に加えてモンスター1体を通常召喚できる。

ジェムナイトというゴミをデッキに入れるリスクこそ負いますが、《二重召喚》を内臓したモンスターを場に出しつつ、《Emトリック・クラウン》 を墓地に送ったり手札に加えたりができます。
手札に加えた《Emトリック・クラウン》と他のレベル4モンスターを両方召喚し、《キングレムリン》《ラヴァルバル・チェイン》《ダイガスタ・エメラル》をエクシーズ召喚することで、それぞれ《ジゴバイト》《H・C サウザンド・ブレード》《ジェムナイト・ガネット》《Emトリック・クラウン》が場に出るため、さらなるエクシーズ召喚につなげられます。


《ジゴバイト》
星4/水属性/爬虫類族/攻1500/守 200
(1):「ジゴバイト」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「ジゴバイト」以外の攻撃力1500/守備力200のモンスター1体を特殊召喚する。

先述したように、《キングレムリン》によるサーチが利き、《Emトリック・クラウン》 の横に並べられるモンスターです。
《激流葬》を打たれても、《Emトリック・クラウン》 が再生するので、《デーモン・イーター》をサーチすることですぐにエクシーズを行えます。


《H・C サウザンド・ブレード》
星4/地属性/戦士族/攻1300/守1100
「H・C サウザンド・ブレード」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、手札から「ヒロイック」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ヒロイック」モンスター1体を特殊召喚し、このカードを守備表示にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヒロイック」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在し、戦闘・効果で自分がダメージを受けた時に発動できる。
このカードを墓地から攻撃表示で特殊召喚する。

《Emトリック・クラウン》 と最強のシナジーを形成できるモンスターです。
このカードが墓地に存在している状況下で、《Emトリック・クラウン》が蘇生するたびに、このカードも誘発して蘇生します。
つまり、《Emトリック・クラウン》 または《H・C サウザンド・ブレード》のどちらかを素材に《ラヴァルバル・チェイン》を作り、もう一方を落とすことで、《Emトリック・クラウン》 が蘇生し、それに反応して《H・C サウザンド・ブレード》も蘇生します。
そしてその2枚で《星守の騎士 プトレマイオス》を作り、相手ターンに効果を起動させると、 《Emトリック・クラウン》《H・C サウザンド・ブレード》が蘇生します。
それがそのまま帰ってくると、返しのターンにこの2枚でエクシーズを2回行えます。
この状況を容易に作れるカードが《召喚僧サモンプリースト》《H・C 強襲のハルベルト》《ブリリアント・フュージョン》ですね。


現状Emを組む場合は、《ブリリアント・フュージョン》 を初動に据えて、《H・C サウザンド・ブレード》のループ形成を狙う方向性が良い気がします。
《ブリリアント・フュージョン》 はゴミを積まなければいけないため、敬遠するかもしれませんが、《ジェネクス・ウンディーネ》《ジェネクス・コントローラー》のような物だと割り切るのが良いと思います。
《ブリリアント・フュージョン》 は召喚権を使わないため気軽に打てて、《ジェムナイト・ガネット》もレベル4であるためエクシーズ召喚やビートに使いやすいので、ジェネクス2種よりはマシでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジェムナイトをゴミだと・・・(怒

No title

ゴミだと強調しすぎでは

なにがファンデッキ視点だよ
ジェムナイトはゴミではないぞ

No title

まあジェムナイトメインじゃないとゴミだよなw
プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR