スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《ジュラゲド》

星4 闇属性 悪魔族 ATK/1700 DEF/1300
①:自分または相手ターンのバトルステップに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分は1000LP回復する。
②:このカードをリリースし、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターの攻撃力を次のターンの終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

・自分のターンで使う場合
バトル中に特殊召喚し、1700打点を活かしてダメージを与えられます。
他のモンスターがいるのであれば、そのまま効果を使ってさらに1000ダメージを与えられるので、2700ものダメージを上乗せできる《突進》のような感覚で使えます。
《ライオウ》《M・HERO ダークロウ》等を処理できたり、《スキルドレイン》下のクリフォート相手も押せるのが良いですね。

効果を使わない場合、メイン2にエクシーズ素材として使えます。
《カゲトカゲ》などと比較すると、メイン2での展開しかできない点で劣りますが、《フォトン・スラッシャー》《カゲトカゲ》などと異なり特殊召喚の条件が緩いため、初動にも追撃にも使用できます。
どちらの運用方法でも、1000ポイント回復という大きなおまけがついており、ライフレースを優位に運べます。

圧倒的な単体スペックを誇るこのカードですが、お手軽かつ強力なコンボも多くあります。
例えば、《セイクリッド・プレアデス》《強制脱出装置》で1700をさらに上乗せしつつ2000ライフを回復したり、《シャーク・フォートレス》《ガガガザムライ》等と組み合わせてワンターンキルを狙えます。

・相手のターンで使う場合
返り討ちにできないため《オネスト》には劣りますが、モンスターを戦闘から守れます。
また守備でも出せるため、1000回復も相まってワンターンキルを防ぐことができるかもしれません。
《激流葬》などを合わせることで、バトルフェイズに相手のモンスターを全滅させることも可能です。
バトルステップ終了時に展開することで、やや不安が残りますが《増殖するG》をケアしつつモンスターを自分の場に置くこともできます。


攻めでも守りでも非常に使いやすいスーパースペックなモンスターであることがわかります。
また、2枚3枚重ねて引いてしまった場合でも、全て特殊召喚できるため腐ることがないのも強みです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。