スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウンブレードの《ジュラゲド》

星4 闇属性 悪魔族 ATK/1700 DEF/1300
「ジュラゲド」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手ターンのバトルステップに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分は1000LP回復する。
(2):このカードをリリースし、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターの攻撃力を次のターンの終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。



4エクシーズビートの抱える「相手の大型を突破するのにエクシーズまたは除去スペルが必要」という欠陥を1枚で解消できる素晴らしいカードです。

現環境で採用されている罠は《エフェクト・ヴェーラー》《デモンズ・チェーン》《強制脱出装置》《激流葬》が主流です。
そういった罠の前に置かれた大型モンスターを、4エクシーズビートが処理する状況を考えます。

下級2体を並べたところに《激流葬》を打たれたところで2:2交換に過ぎない上、大型モンスターの処理は行えているため問題にはなりません。
この時点では《デモンズ・チェーン》《強制脱出装置》等を下級に打たれても、0:1交換なので美味しいです。

しかし、相手のモンスターを突破するにはエクシーズ召喚を行わなければならず、そうすると必然的に相手の《エフェクト・ヴェーラー》《強制脱出装置》《デモンズ・チェーン》が生きてしまい、自分は2枚のカードを消費したのにも関わらず、相手のモンスターの処理に失敗するという最悪の状況を招いてしまいます。

そこで、《地砕き》《強制脱出装置》などの単体除去を使うことができれば、エクシーズを組む必要がなくなるため、相手の罠を強く打たせるタイミングを作らずに大型モンスターを突破できます。

しかし、《地砕き》《強制脱出装置》には「相手の場に処理したいモンスターがいなければ腐ってしまう」という欠陥が存在します。
例えば、相手の場に《イエロー・ガジェット》のみがいるとき、手札が《Emトリック・クラウン》《地砕き》《強制脱出装置》では、《Emトリック・クラウン》を召喚して《強制脱出装置》を伏せる程度のアクションしか起こせません。
折角相手の動きが弱いのにも関わらず、自分の手札が除去に寄ってしまったがため、強いアクションを起こせないという状況はかなり寒いと言えます。

さて《ジュラゲド》ですが、1000パンプという強力な効果を持つため、《地砕き》に近い働きをすることが可能です。
そして単体除去と比較して、自身が特殊召喚条件の緩いレベル4モンスターという点で優れており、先の状況が《Emトリック・クラウン》《ジュラゲド》《強制脱出装置》という手札であれば、このデッキの真骨頂であるエクシーズビートに移行することができます。

つまり、《ジュラゲド》は4エクシーズビートが最も欲している
《Emトリック・クラウン》の相方
・大型を処理するための除去スペル
という2つの要素を併せ持つ革命的なモンスターであると考えられます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。