スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOSHカード考察

「EMモンキーボード」
星6 地 獣族/ペンデュラム 1000/2400
①:このカードを手札から捨てて発動できる。手札の「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を相手に見せる。このターン、そのモンスター及び自分の手札の同名モンスターのレベルを1つ下げる。
【P効果 青1/赤1】
「EMモンキーボード」の②のP効果は1ターンに1度しか使用できない。①:もう片方の自分のPゾーンに「EM」カードが存在しない場合、このカードのPスケールは4になる。②:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに発動できる。デッキからレベル4以下の「EM」モンスター1体を手札に加える。

EM専用のテンキで、かなり良いカードだと思います。
ドクロバットとの違いは召喚権を使わないので、ヒックリカエル+グアイバ等のコンボを決めやすい点でしょうか。
セルフバウンスとの相性も素晴らしいですね。


「EMビッグバイトタートル」
星3 水 爬虫類族/ペンデュラム 800/1200
①:このカードが戦闘で破壊された時に発動できる。このカードを破壊したモンスターを破壊する。
【P効果 青3/赤3】
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札の「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を相手に見せる。このターン、そのモンスター及び自分の手札の同名モンスターのレベルを1つ下げる。

爬虫類のEMという点で、パートナーガの相互互換です。
こちらはニュードリュア効果を持ってますが、ドラゴンヌートやグアイバ等との噛み合いを考えるとパートナーガに軍配が上がりそうです。


「竜剣士マスターP(ペンデュラム)」
星4 光 ドラゴン族/ペンデュラム 1950/0 通常モンスター
【P効果 青3/赤3】
①:このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

聖刻+カメンレオンの属性を持つカードで、相手のペンデュラムメタにもなるカードです。
ベクターpとの違いは打点と、光属性であるためカゲトカゲキングレムリンからのカオスへ向かいやすい点と、イグニスターとの噛み合いが強いという3点でしょうか。


「不知火の宮司」
星4 炎 アンデット族 1500/0
「不知火の宮司」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。自分の手札・墓地から「不知火の宮司」以外の「不知火」モンスター1体を選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。②:このカードが除外された場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

ゴブリンゾンビ、ヘルドッグでのサーチが利き、ブラスターとの相性が良いので期待の一枚です。
第一効果で蘇生するいいモンスターがいれば採用圏内です。


「解放のアリアドネ」
星4 光 天使族/ペンデュラム 1700/800
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキからカウンター罠カード3枚を相手に見せ、相手はその中から1枚選ぶ。そのカード1枚を自分の手札に加え、残りをデッキに戻す。
【P効果 青3/赤3】
①:このカードがPゾーンに存在する限り、以下の効果を適用する。●自分はカウンター罠カードを発動するために払うLPが必要なくなる。●自分はカウンター罠カードを発動するために捨てる手札が必要なくなる。

カウンター罠にバリエーションが出れば、かなり良いカードだと思います。


「刻印の調停者」
星4 闇 魔法使い族 1800/1200
①:相手がカード名を1つ宣言して発動する効果を発動した時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。カード名を1つ宣言する。相手が宣言したカード名はこの効果で宣言したカード名になる。①:1ターンに1度、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。次のターンのエンドフェイズにそのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

スカラベの大群がかなり強力になったモンスターです。毎ターン2個ずつアドバンテージを獲得でき、打点も優秀ですがサーチがし辛いステータスのため素引きに限った運用になりそうなのがマイナスです。


「ツインツイスター」速攻魔法
①:手札を1枚捨て、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。

手札を捨てるカードの中でも性能が高いので入れたいところですが、性能が高すぎて罠デッキに人権がなくなってしまいそうなのが問題です


「砂塵のバリア -ダスト・フォース-」通常罠
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て裏側守備表示にする。この効果で裏側守備表示になったモンスターは表示形式を変更できない。

基本的にはミラーフォースの下位互換ですが、こちらはグアイバ等とのコンボが可能です。月の書などと違い、返しを用意できなくても拘束し続けるのが優秀です。
具体的にはグアイバで小さい方を破壊したのち、次のターンで裏のままの大型をラギアで破壊する、などが考えられます。


「神の通告」カウンター罠
①:1500LPを払って以下の効果を発動できる。
●モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

奈落の落とし穴の相互互換ですが、メビウスやドクロバット、デブリドラゴンなどあらゆるカードを止めてしまうだけでなく、ライコウやジョクトのような裏守備にも強く、手札誘発まで弾けて後起きでも機能してしまいます。
他の罠に比べて性能が高すぎるため、レア枠での採用になりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。