スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフトプールを作るときに意識していること

横のシナジー

《怒れる類人猿》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》などの単体性能が高いカードで固めるよりも、《キラー・トマト》《強制転移》《聖刻龍-ドラゴンヌート》《EMパートナーガ》のようにお手軽なコンボを決めていく方が勝てるプールにしたいと思っています。

なぜなら、3枚目で《怒れる類人猿》 4枚目で《死霊騎士デスカリバー・ナイト》 5枚目で《地砕き》というように淡々とパワーの高いカードをピックをするのではなく、
3枚目で《キラー・トマト》 4枚目でそれとシナジーを持つ《強制転移》 5枚目で両方とシナジーを持つ《クリッター》といったように、ピックに意味を持たせたいからです。

縦のシナジー

例えば「《神獣王バルバロス》を中心にデッキを組みたい」と思っても、このカードはサーチができないため毎回引けるとは限りません。
ですから、アクセスが簡単なカードを極力多くプールに入れ、どんなカードでもコンセプトの中心に据えられるようにしました。
例えば、
《増援》《魔装戦士 ドラゴディウス》《EMドクロバット・ジョーカー》《EMウィップ・バイパー》
という縦のシナジーをプールに入れておくと、《EMウィップ・バイパー》を1枚しかピックできなかったとしても、アクセスできる確率は跳ね上がります。

住み分けをさせない

極端な話、プール内に魔導・影霊衣・彼岸があるとすると、
1枚目で《グリモの魔導書》 2枚目で《魔導書の神判》をピックしたプレイヤーは魔導中心のピックに
1枚目で《ユニコールの影霊衣》 2枚目で《影霊衣の降魔鏡》をピックしたプレイヤーは影霊衣中心のピックになるため、この2人は独立したピックをすることになってしまいます。
縦横のシナジーを重視したのにも関わらず、それぞれが完全に独立してしまうと本末転倒であるため、このような住み分けは極力できないプールにしました。

テーマのカードは数枚のピックだけで機能するものを選んでいます。
たとえば《ライトロード・ハンター ライコウ》《ライトロード・マジシャン ライラ》《ライトロード・モンク エイリン》《聖刻龍-トフェニドラゴン》《聖刻龍-ドラゴンヌート》《光の援軍》《召集の聖刻印》は1枚ずつピックするだけでも自分のデッキにアクセントを生み出せますが、《聖刻龍-シユウドラゴン》《裁きの龍》《ソーラー・エクスチェンジ》といったカードは【ライトロード】【聖刻】でしか活躍できないカード(=競合が起こりづらい・住み分けを促進するカード)であるため、プールからは外しています。

失敗例

最後に、これまでプールに採用してみてあまり感触の良くなかったカードです。
《ヴェルズ・ケルキオン》《ヴェルズ・サラマンドラ》《ヴェルズ・ヘリオロープ》《ヴェルズ・カストル》《ヴェルズ・アザトホース》は、それぞれ《魔装戦士 ドラゴディウス》《化石調査》《予想GUY》《増援》《キングレムリン》と縦のシナジーを持つため、面白いと思ってプールに採用したのですが、先ほどの《裁きの龍》の例と同じく、【ヴェルズ】を構築するプレイヤーがドラフトから独立してしまい(《増援》《予想GUY》などは競合するが、《ヴェルズ・ケルキオン》の競合は発生しえない)、イマイチでした。

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》《ダーク・アームド・ドラゴン》《氷結界の龍 トリシューラ》は、比較的デッキを選ぶため構築の指針となりやすく、不利な状況を1枚で返せるパワーカードであるため一進一退のデュエルを演出できることを期待して入れたのですが、出したまま制圧してしまうほどパワーがあり、持つものと持たざる者の格差がついてしまうことが目立ったためプールからは抜けてしまいました。

《EMヒックリカエル》《エキセントリック・デーモン》
などのペンデュラムはモンスターと魔法の性質を持つ非常に面白いカードですが、「一気に展開してワンショットキルが可能」「リソースが尽きないのでスケールを剥がせないと非ペンデュラム側が勝てない」「ペンデュラムデッキが安定するにはペンデュラムカードの枚数を多く要求するため、黙々とペンデュラムを集めるピックになりがち」といった多くの問題点がありました。
そこで自身のドラフトでは、5以上のスケールを持つモンスターをプールに入れないことで、ペンデュラム召喚を事実上廃止しました。
ペンデュラム召喚さえなければ《EMヒックリカエル》《EMパートナーガ》《魔装戦士 ドラゴディウス》などはコンボ性に富んだ良いカードであり、デッキ構築の幅を広げてくれます。



上にあげた例は自分のドラフトにおいてのコンセプト、というだけであり、
《死霊騎士デスカリバー・ナイト》《イグザリオン・ユニバース》《奈落の落とし穴》などを相手の伏せを読みながら召喚・セットしていくプレイング重視のドラフトもとても面白いですし、
魔導vs影霊衣vs彼岸のような歴代トップデッキ決定戦のようなドラフトも面白いと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。