制限改訂感想

【禁止】
《真竜剣皇マスターP》《ドラゴニックD》

【制限】
《ABC-ドラゴン・バスター》《源竜星-ボウテンコウ》《召喚師アレイスター》《真竜拳士ダイナマイトK》《魂喰いオヴィラプター》《同族感染ウィルス》《ベビケラサウルス》《テラ・フォーミング》《グリモの魔導書》《真竜の継承》《真竜皇の復活》《トリックスター・リンカーネイション》

【準制限】
《WW-アイス・ベル》《召喚僧サモンプリースト》《増殖するG》《化石調査》《貪欲な壺》《未来融合-フューチャー・フュージョン》

【制限解除】
《EMペンデュラム・マジシャン》《黒き森のウィッチ》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《異次元からの埋葬》《炎舞-天キ》《儀式の準備》《機殻の生贄》《真帝王領域》《揺れる眼差し》《竜の渓谷》


《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》さえ刷っていなければ満点近い改訂だと思います。
毎度お馴染みとなっている最近のカードを禁止にガンガン放り込む格好ですが、放置よりはマシですね。
《星守の騎士 プトレマイオス》《Emダメージ・ジャグラー》《EMモンキーボード》《十二獣ドランシア》と、流石に同じことを繰り返し過ぎなので、今度こそ終わりにしてもらいたいところです。

改訂内容ですが、前環境ダントツ最強の【恐竜】が大きく弱体化し、ぶん回しデッキを陰で支えていた【真竜】もそれ以上に弱体化しました。
これによって、メインデッキから大量の手札誘発を積むことが許されるため、間接的には【SPYRAL】が弱まったとも言えます。
メイン手札誘発等、【SPYRAL】包囲網がどの程度働くかが、今後の環境の面白さを左右しそうです。

WW・召喚獣・魔導書等の人気汎用パーツや、【ユニオン】【トリックスター】といった準環境トップを規制したことは、「それより強いSPYRALを放置したのに何故」とヘイトを集める要因にもなっています。
特に前者はオリジナルデッキに出張しやすいパーツであり、SPYRALに対抗しやすくする為にも3か月待っても良かったと思います。
とはいえ、《スケープ・ゴート》《ブリリアント・フュージョン》《強欲で貪欲な壺》《隣の芝刈り》は健在なので、パワフルなオリジナルデッキを組めないこともなさそうです。

環境頭は【SPYRAL】一強が予想されますが、【十二獣】【EMEm】ほどのパワーはなく、【真竜】【恐竜】を両方マークするよりは遥かに楽なため、準環境トップでも勝てる可能性は十分にあります。
また、《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《機殻の生贄》等の緩和と『リンクブレインズパック』を合わせて、上手くバランスを取ってくれると期待しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR