FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフトに入れていないカード

一般的なドラフトではメジャーですが、採用しなかったカードを紹介していきます。

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》

典型的なパワーカードです。
一瞬でライフを奪ってしまい、ゲームが大味になってしまうため採用していません。
これほど高いパワーを持つカードは、「見たら即ピック」が定石となるため、パック運に左右されやすくなってしまいます。
《スケープ・ゴースト》《天使の施し》《氷結界の龍 トリシューラ》等も同様です。

《魔界発現世行きデスガイド》

先攻1ターン目に通ってしまうと、簡単にゲームをコントロールできてしまいます。
《クリッター》から2枚目の自身を持ってくる動きも強力で、潜在アドバンテージが大きすぎます。
《カードカー・D》《トリオンの蠱惑魔》等も同様の理由です。

《キングレムリン》

先攻1ターン目にこのカードをエクシーズ召喚し、罠を構えて第二第三のランクエクシーズに繋げるデッキは、大量の罠とレベル4を展開するカードをピックし続けるだけで簡単に組めてしまいます。
また、《フォトン・スラッシャー》《ゴブリン・ドバーグ》《カメンレオン》《キングレムリン》等、ランク4デッキ以外では優先度が低いカードが中心のため、ランク4デッキを組むと決め打ちしたプレイヤーがピックから孤立してしまいがちです。

《緊急テレポート》

サーチ先は《幽鬼うさぎ》すらパワーが低く、プール内に大量の弱いカードを入れる必要があります。《緊急テレポート》を2枚以上ピックして、《サイコ・コマンダー》《クレボンス》を1枚取るか取らないかレベルであるため、パックに下位で流れるカードを固定化させてしまう要因に繋がります。
《レスキューラビット》《聖刻龍-トフェニドラゴン》等も似た理由です。

《霞の谷のファルコン》

このカードが強く使われている場合、殆どがハメ技が成立している状況です。弱いorハメ技の二極化に繋がるので、不採用となっています。
《デス・ラクーダ》《追い剥ぎゴブリン》等も同様の理由です。

《輪廻天狗》

3枚前提や2枚1セットのカードはピックが歪みやすくなります。《アイス・ハンド》等も同様です。

《底無しの落とし穴》《砂塵のバリア-ダストフォース-》

シンクロ・エクシーズモンスターに当てた場合、後続を防ぐため「殴らないプレイ」が正解になるケースが多発します。
その場合、ゲームが無駄に長引いてしまうため、採用していません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ドラフトの王


2015秋ドラ 7勝2敗ベスト4
2016秋ドラ 8勝1敗ベスト4
2017秋ドラ 1勝2敗予選落ち

TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。