FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラディウスドラフトデッキ紹介

ハイビート

《サイバー・ドラゴン》を中心に、《閃光の追放者》《魔導戦士 ブレイカー》等の戦闘力の高いカードをピックする。
必須カードが存在しないため、レアカードを逃さずピック出来る点が強み。

ビートバーン

《地砕き》《炸裂装甲》《奈落の落とし穴》の代わりに、《洗脳-ブレインコントロール》《魔法の筒》《強制脱出装置》を使うハイビート。
アドバンテージよりライフを優先するデッキ
《サイバー・ドラゴン》はこのデッキでも超強力。

ガジェット

ハイビートと違い、《炸裂装甲》《奈落の落とし穴》等の除去に強いビートダウン。
打点は低いので他の要素でカバーしたい。
1400が通用する相手には滅法強い。

《黄泉ガエル》《魔導雑貨商人》《墓守の偵察者》《黒き森のウィッチ》から帝に繋げてアドバンテージを稼ぐデッキ。
《月読命》《カオス・ソーサラー》《光と闇の竜》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》など、帝以外の攻め手も組み込みやすいのでピックの自由度が高い。

バーン帝

《デス・コアラ》《マシュマロン》から帝に繋げてアドバンテージを稼ぐデッキ。
帝は2400のバーンカードとして運用していく。

コントロール

《悪夢の蜃気楼》《ゴブリンのやりくり上手》《非常食》
《深淵の暗殺者》《スナイプストーカー》
《メタモルポット》《暗黒界の軍神 シルバ》
《D-HERO ディスクガイ》《混沌の黒魔術師》《死者蘇生》
など、爆発力を持つコンボを組み込んだデッキ。
ビートや帝系列では産みだせないようなアドバンテージを叩き出せる。

バブーン

帝よりも高い打点を何度も繰り出せる。
獣族は選択肢が狭いが、ビートにも帝にもターボにも寄せられるので個性は出る。

歴代優勝デッキ

第01回 コントロール(ネフティス+変異)
第02回 ビート(バーン)
第03回 コントロール(アンデ+やりくり)
第04回 コントロール(バーン)
第05回 コントロール(デッキレス)
第06回 バブーン(ダーク)
第07回 コントロール(スキドレ+やりくり)
第08回 コントロール(ディスク+バーン)
第09回 バブーン(バーン)
第10回 帝
第11回 コントロール(月読命+代償)
第12回 ビート(ガジェット)
第13回 ビート(ガジェット)
第14回 帝
第15回 帝
第16回 帝
第17回 コントロール(ダーク+やりくり)
第18回 コントロール(フラ+やりくり)
2018y05m27d_130143997.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ドラフトの王


2015秋ドラ 7勝2敗ベスト4
2016秋ドラ 8勝1敗ベスト4
2017秋ドラ 1勝2敗予選落ち

TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。