FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《終焉龍 カオス・エンペラー》

テキスト

星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか発動できない。
(1):1000LPを支払い、除外されている自分のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを破壊し、そのモンスターを手札に加える。
【モンスター効果】
このカードは通常召喚できない。
「終焉龍 カオス・エンペラー」は1ターンに1度、自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ、手札・EXデッキから特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。
EXモンスターゾーン以外の自分フィールドのカードを全て墓地へ送り、墓地へ送った数まで相手フィールドのカードを墓地へ送る。
その後、相手の墓地へ送った数×300ダメージを相手に与える。
(2):特殊召喚した表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合にデッキの一番下に戻る。

手札から出す場合

《カオス・ソーサラー》と違い、《紅蓮の機界騎士》《邪帝ガイウス》《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》《デコード・トーカー》等に打ち取られない3000打点が魅力です。
その一方、攻める場合は攻撃反応系の罠を踏んでしまいます。
対象を取らない強力な除去効果を持ちますが、自身とライフを失う上に、枚数でも損してしまうので、《星遺物を巡る戦い》《デモンズ・チェーン》などで枚数を稼ぐ必要があります。
特に前者は、自身を守りながら1枚のカードを除去できるため、非常に強力です。
召喚権を使わずに、3000打点や除去効果を使えるので、フィニッシャーとしても切り込み役としても優秀なモンスターです。

エクストラデッキから出す場合

効果をフル活用できる、本命の出し方です。
1000のライフと、除外されたドラゴン族モンスターを必要とします。
手札から出す場合と違い、除去効果に自身が巻き込まれないので、高打点を有効に使いやすいです。
さらに、除外された《デブリ・ドラゴン》《矮星竜 プラネター》《魔装邪龍 イーサルウェポン》《巌征竜-レドックス》《亡龍の戦慄-デストルドー》《終焉龍 カオス・エンペラー》 を回収できるので、簡単に+1のアドバンテージを得られます。
《カオス・ソーサラー》《ダーク・シムルグ》《闇の誘惑》などによるサポートは必須で、綺麗なデッキ構築は難しいです。

その他

属性こそ噛み合いませんが、《EMハンサムライガー》からサーチできます。
特に《EMモンキーボード》を初動にすると、レベル2~3のモンスターをペンデュラム召喚できるようになります。
《SR三つ目のダイス》《カードガンナー》《クリッター》《ペロペロケルペロス》《レッド・リゾネーター》などを手札から特殊召喚できるのは中々強力です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ドラフトの王


2015秋ドラ 7勝2敗ベスト4
2016秋ドラ 8勝1敗ベスト4
2017秋ドラ 1勝2敗予選落ち

TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。