FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンク召喚について

リンク召喚とシンクロ召喚

リンク召喚は、チューナーとレベル合わせが不要な代わりにパワーが落ちたシンクロ召喚です。

リンク3の《スリーバースト・ショット・ドラゴン》は、《幻層の守護者アルマデス》と同程度の性能ですが、消費が1枚多いです。
《ライトロード・アーク ミカエル》《ブラック・ローズ・ドラゴン》といった大きなリターンを見込めるカードも、《トロイメア・フェニックス》と同じ2枚消費で出せてしまうことを考えると、リンクモンスターのパワーの低さが目立ちます。

そんなリンクモンスターがシンクロモンスターを上回っている点としては、
(1) 消費を抑える方法をシンクロよりも多く持つこと。
(2) 高リンクモンスターを召喚する際、低リンクモンスターの効果を使えること。
(3) レベルを合わせる必要がないこと。
が挙げられます。

シンクロ召喚の消費を抑えるには、《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》といった吊り上げモンスターを使うか、《黒き森のウィッチ》《ゴブリンゾンビ》などとチューナーを並べる必要がありますが、
リンク召喚はモンスターを並べるだけで良いので《黄泉ガエル》《幻獣機テザーウルフ》など、多くのカードと組み合わせられます。

《獣神ヴァルカン》経由で《スクラップ・ドラゴン》を出すためには、チューナー2体が要求されるため連続召喚のハードルは高いです。
対してリンク召喚は、3体のモンスターを並べるだけで、《トロイメア・フェニックス》経由で《スリーバースト・ショット・ドラゴン》を出すことができます。
例えばリンク2とリンク3のカードを2種類ずつピックすれば、3体のモンスターを並べることで4通りのリターンを得られるようになり、レベル合わせの必要がないことも相まって戦術が組み立てやすいです。

リンクモンスター

アンダークロックテイカー×2
トロイメア・ケルベロス×4
トロイメア・フェニックス×4
プロキシー・ドラゴン×2
スリーバーストショット・ドラゴン×2
デコード・トーカー×2
トロイメア・ユニコーン×2
電影の騎士ガイアセイバー×2
トポロジック・ボマー・ドラゴン×2


リンク2トロイメアの2種類は、手札を除去として使うことができます。
他のリンク2は性能が低く、上記を削ってしまうと持つ者と持たざる者の差がついてしまうので、少数精鋭としています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ドラフトの王


2015秋ドラ 7勝2敗ベスト4
2016秋ドラ 8勝1敗ベスト4
2017秋ドラ 1勝2敗予選落ち

TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。