FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOFUのカードを徹底考察!

「クロック・ワイバーン」

星4 風 サイバース族 1800/1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの攻撃力を半分にし、自分フィールドに「クロックトークン」(サイバース族・風・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

《幻獣機テザーウルフ》の相互互換。
幻獣機ネームと単体性能の代わりに特殊召喚でも発動できる。
《強化蘇生》から《烈風帝ライザー》《トロイメア・フェニックス》に繋ぐのが主な使い方になりそう。
コンボ前提の割にパワーが低く、サイバース族や風属性を推しているプール向きか。


「ダイナレスラー・カパプテラ」

星3 風 恐竜族 1600/0
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地へ送る。
②:このカードが「ダイナレスラー」リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
そのリンクモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。

《カメンレオン》《化石調査》に対応した汎用除去モンスターで、アドバンテージを得つつランク3に繋がる貴重なカード。
こう書くと聞こえは良いが、発動条件が厳しく、サーチカードを3枚入れた場合の選択肢で、所謂《サイコ・コマンダー》ポジション。
恐竜族や風属性を推しているプール向きか。


「ダイナレスラー・パンクラトプス」

星7 地 恐竜族 2600/0
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:自分フィールドの「ダイナレスラー」モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

今回の三大パワーカードの一角。
《黒き森のウィッチ》《魂喰いオヴィラプター》に対応し、《サイバー・ドラゴン》より緩い召喚条件で、2600のレベル7を特殊召喚できる。
除去効果も優秀で、《奈落の落とし穴》《次元幽閉》等と2:1交換が狙える。
さらに、生き残った場合は相手ターンの動きを妨害できる。
非常に良いカードだが、《ダーク・アームド・ドラゴン》《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》級のパワーカードであるため、プールは選ぶ。


「雷劫龍-サンダー・ドラゴン」

星8 闇 雷族/特殊召喚 2800/0
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、モンスターの効果が手札で発動した場合に発動する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで300アップする。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、自分の墓地からカード1枚を除外して発動できる。
デッキから雷族モンスター1体を手札に加える。
③:相手エンドフェイズに、除外されている自分のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキの一番上または一番下に戻す。

今回の三大パワーカードの一角。
《黒き森のウィッチ》に対応したカオスモンスター。
サーチ先が面白く、自身に加えて《ヴェルズ・サンダーバード》《ライオウ》《光の精霊ディアーノ》《雷仙神》《ダーク・クリエイター》等に対応している。
これらのモンスターは癖が強いため、雷族を推しているプール向きか。


「混源龍レヴィオニア」

星8 闇 ドラゴン族/特殊召喚 3000/0
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光・闇属性モンスターを合計3体除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:この方法でこのカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
その特殊召喚のために除外したモンスターの属性によって以下の効果を適用する。
このターン、このカードは攻撃できない。
●光のみ:自分の墓地からモンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
●闇のみ:相手の手札をランダムに1枚選んでデッキに戻す。
●光と闇:フィールドのカードを2枚まで選んで破壊する。

今回の三大パワーカードの一角。
《黒き森のウィッチ》《嵐征竜-テンペスト》に対応したカオスモンスター。
効果は非常に面白いが、パワーが異常に高いのでプールを選びがち。


「幻妖フルドラ」

星5 闇 魔法使い族 1500/2400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
捨てたカードの種類によって以下の効果を適用する。
●モンスター:自分の墓地から罠カード1枚を選んで手札に加える。
●魔法:自分の墓地からモンスター1体を選んで手札に加える。
●罠:自分の墓地から魔法カード1枚を選んで手札に加える。

効果は面白いが、アドバンス召喚する価値はない。
《カオスエンドマスター》《キラー・トマト》対応な点を活かして組み込みたい。


「失楽の魔女」

星4 闇 天使族 100/2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「禁じられた」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
②:相手メインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。
デッキから「失楽の魔女」以外の天使族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。

2つのサーチ効果を持つ良カードだが、《禁じられた聖杯》のパワーが低い点が気になる。
後半の効果も意外と狭く、《オネスト》《ジェルエンデュオ》《シャインエンジェル》《次元合成師》程度。


「空牙団の大義 フォルゴ」

闇 獣族/リンク 2400
種族が異なるモンスター3体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
そのリンク素材としたモンスター3体とは異なる種族の「空牙団」モンスター1体をデッキから守備表示で特殊召喚する。
②:相手フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
その後、自分フィールドの「空牙団」モンスターが3種類以上の場合、自分はデッキから2枚ドローする。
【LINK-3:上/左下/右下】

リンク2を下敷きに使えない時点で致命的だが、効果自体も大したことがない。
さらに、リンク4の下敷きにも使えない意味不明なカード。


「竜絶蘭」

次いきます。

「深淵の宣告者」

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:1500LPを払い、種族と属性を1つずつ宣言して発動できる。
宣言した種族・属性のモンスターが相手フィールドに存在する場合、相手はそのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
このターン、相手はそのモンスター及びその同名モンスターのモンスター効果を発動できない。

単なる除去に1500ライフの価値はない。
裏守備も倒せないので、《閃刀術式-アフターバーナー》で十分。


「コンセントレイト」

速攻魔法
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時までその守備力分アップする。
このカードを発動するターン、対象のモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。

上昇幅が大きく、ダメージを期待しやすい。
戦闘がメインのプールであれば採用できるカード。


「クローラー・パラディオン」

永続罠
①:このカードは発動後、効果モンスター(昆虫族・地・星2・攻300/守2100)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する
のカードは罠カードとしても扱う。
②:このカードの効果でこのカードがリンクモンスターのリンク先への特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。

サーチ先は《星遺物を巡る戦い》《星遺物を継ぐもの》の2種が優秀。
前半の効果もそれなりに強いので、サーチ先が複数あるプールなら入れたいカード。


「死魂融合」

通常罠
①:自分の墓地から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを裏側表示で除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

《エルシャドール・ネフィリム》《始祖竜ワイアーム》《冥界龍 ドラゴネクロ》などを1枚で呼び出せる面白いカード。
ただし、融合カードをドラフトに組み込むのはバランス調整が難しい。


「トラップトリック」

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、その同名カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。

状況に応じた罠をサーチできるので非常に面白いが、複数枚ピック前提な点が厄介。
8人よりも6人用のカードと言える。
《ライトロード・マジシャン ライラ》《サイクロン》にチェーン出来れば、単純に+1。
サーチ先にフリーチェーンのカードを忍ばせておけば、発動自体はギリギリまで粘りやすい。
《破壊輪》などの強力なフリーチェーンに加えて、《バージェストマ・オレノイデス》《戦線復帰》のような攻め札を用意しておくのが理想の使い方。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ドラフトの王


2015秋ドラ 7勝2敗ベスト4
2016秋ドラ 8勝1敗ベスト4
2017秋ドラ 1勝2敗予選落ち

TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。