スキドレギアバレー

東京大学デュエル部の文化祭での大会で使用したデッキです。
結果は4勝0敗(2ストレート)のオポ差で2位でした。

アトランティス○○
陵墓アスラピクス○○
スキドレギアバレー○×○
インゼクター○×○

モンスター(14枚)
墓守の司令官×2枚
神獣王バルバロス×3枚
古代の機械巨竜(アンティーク・ギアガジェルドラゴン)
ライオウ×3枚
サイバー・ドラゴン×2枚
Sin サイバー・エンド・ドラゴン×3枚


魔法(15枚)
歯車街(ギア・タウン)×3枚
強欲で謙虚な壺×2枚
王家の眠る谷-ネクロバレー×2枚
王家の生け贄×2枚
ブラック・ホール
テラ・フォーミング×3枚
サイクロン×2枚


罠(11枚)
魔宮の賄賂×3枚
神の宣告
宮廷のしきたり
安全地帯×2枚
ダスト・シュート
スキルドレイン×3枚


エクストラデッキ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×2枚
サイバー・エンド・ドラゴン×3枚


サイドデッキ
王虎ワンフー×3枚
サイクロン
我が身を盾に×2枚
次元の裂け目
大嵐
抹殺の使徒

暗闇を吸い込むマジック・ミラー
強制脱出装置
心鎮壷(シン・ツェン・フー)×3枚
連鎖除外(チェーン・ロスト)



解説
モンスターに関しては、《サイバー・ドラゴン》が特徴的で、このカードをメインに刺すことにより、対カラクリ・対ミラーマッチ・対ガジェットにおいて優位な立ち回りを期待できます。
また単体での性能も非常に優秀で、苦手な《ライオウ》を倒せるカードである上に召喚権を使用せずに相手の《奈落の落とし穴》を踏めるカードであるため、本命の大型モンスターを場に繰り出しやすくなります。
魔法に関しては《サイクロン》《ブラック・ホール》《大嵐》の3枚の配分を迷いましたが、《ライオウ》の対策は多い方が良いだろうということで《ブラック・ホール》はメインに据え、使いどころが難しそうな《大嵐》はサイドへ送りました。《サイクロン》に関しては純粋にスペースが取れそうもなかったので、今回はサイド行きに。
通常のスキドレギアバレーと比較して魔法・罠を除去れるカードが少ないため、《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》《超古代生物の墓場》などを用いたデッキにメインで勝ちづらいので、そこは悩みどころです。
罠に関しては《宮廷のしきたり》がやや特徴的ですが、最大でサイクロンを3枚撃たせられる点、モンスター効果での破壊からも守れる点・サイドの《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》《心鎮壷》とも相性の良い点から刺してみました。

サイドデッキですが、
《サイクロン》《大嵐》はほぼ確定として、先攻の場合には罠系デッキに非常に強くなれる《心鎮壷》、広範囲に刺さる《王虎ワンフー》を3枚ずつ投入し、残りは手札で嵩張らないようにほぼピン採用となっています。
《我が身を盾に》はただ単に《禁じられた聖槍》を持っていないという金銭的な理由で、後攻時に相手の《奈落の落とし穴》と確実に1:1できる枠として投入しました。
残りの《次元の裂け目》《抹殺の使徒》《強制脱出装置》《連鎖除外》《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》に関しては、兎ラギア・インゼクター・暗黒界へのメタを中心に考えました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR