スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキドレギアバレーver2

モンスター(14枚)
墓守の司令官×2枚
神獣王バルバロス×2枚
古代の機械巨竜(アンティーク・ギアガジェルドラゴン)
ライオウ×3枚
サイバー・ドラゴン×2枚
Sin スターダスト・ドラゴン
Sin サイバー・エンド・ドラゴン×3枚


魔法(16枚)
歯車街(ギア・タウン)×3枚
強欲で謙虚な壺×2枚
王家の眠る谷-ネクロバレー×2枚
王家の生け贄×2枚
リミッター解除
ブラック・ホール
テラ・フォーミング×3枚
サイクロン×2枚


罠(10枚)
魔宮の賄賂×3枚
神の宣告
心鎮壷(シン・ツェン・フー)×2枚
ダスト・シュート
スキルドレイン×3枚



《墓守の司令官》
2枚は確実に必要。被って引いても2100打点であるので対インゼクターを見て3枚目の投入もありかもしれない。

《神獣王バルバロス》
スキドレ下では非常に強いカードではあるが、スキドレが無い時の性能の低さが弱点。
スキドレが無いときに2枚以上ハンドに嵩張ると弱すぎるため2枚に。

《古代の機械巨竜》
殺傷力を高めるならば2枚。
正直2枚あれば殺せていた局面も多かったが、それ以上にハンドに来てしまうことを恐れて1枚の採用に留めた。

《ライオウ》
最強の下級モンスター。3枚入れない理由がない。

《サイバー・ドラゴン》
滅茶苦茶使いやすい下級モンスター。
除去の的になってくれ、召喚権を使わない為除去を受けてもテンポを阻害されない。
これだけでも強いのにもかかわらず、ライオウを打ち取れる打点に加えてフォートレスやカラクリにも強い。

《Sin スターダスト・ドラゴン》
除去の的になってくれ、召喚権を使わない為除去を受けてもテンポを阻害されない。
サイドラよりは小回りが利かないものの、2500という高めの打点が魅力。
ネクロバレーを守る効果もそこそこ強い。

《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》
このデッキ最強のパワーモンスター。
4000という打点に特殊召喚内臓と3枚積まない理由がどこにもない。

《歯車街》
3枚積まない理由がない。
このカードの枚数がそのまま巨竜の出る回数だからね。

《強欲で謙虚な壺》
その場に応じたパワーカードをハンドに加えられるという点で恐ろしく強いのだが、特殊召喚制限という制約がかなりきつい。
展開後ならばガンガン使っていけるが、初手や展開前でこのカードを使ってしまうと、召喚可能なカードが少ないため場ががら空きになる可能性も高い。
即うちは危険。

《王家の眠る谷-ネクロバレー》
壊されても再び打てて、嵩張ると弱くサーチもできるので2枚安定

《王家の生け贄》
TG代行に勝てる数少ない手。
先攻で握るためフル投入。

《リミッター解除》
このデッキで40番目くらいに強いカード。
ワンチャンで不利な相手にすら強引に勝ちを拾いに行けるパワーカードで弱いはずはない。
打ったターンに決めたいので初手に来るとアド損。

《ブラック・ホール》
ライオウを処理できるカード。
他にも面倒なカードをどかせるので必要だと思ってる。

《テラ・フォーミング》
必須。

《サイクロン》
2枚は欲しいと思う。
1伏せを割って巨竜を安全に投げたり、インゼクターの手札装備を止めたりと勝ちにつながる用途が割とある。
ミラー等地雷デッキへの保険にもなるので必要だと思う。

《魔宮の賄賂》
基本的にはスキドレの維持と巨竜への除外スペルからの防御が目的。
3000、4000を通して勝ちを拾いに行ける時は当然積極的に打ち込む。

《神の宣告》
いれない理由がない。

《心鎮壷》
罠系デッキに滅法強くなる。
腐る相手にはとことん腐るため、メインからは積みたくないのが本音。

《ダスト・シュート》
罠系以外引けば勝ち。

《スキルドレイン》
コンセプト故フル投入。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いむな

Author:いむな
ファンデッキが好きです


2012/04 JDCトライアル スキドレギアバレー ベスト8(/199人)
2013/03 Alexandrite Cup 四征竜 3位(/192人)


TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。