ラディウスドラフト全カード感想 ~その1~

10点

《サイバー・ドラゴン》
召喚権を使わないアタッカーというだけでも貴重だが、《E・HERO エアーマン》《墓守の偵察者》も一方的に打ち取れる高い打点が魅力。
さらに、カオスを組むうえでネックになりやすい光属性の確保まで行える。

《カオス・ソーサラー》
召喚権を使わない貴重な攻め手。
除外効果が通れば1:0交換が成立し、2300という打点は下級に倒されない。
光属性は意識しなければ枚数を取れないことが多く、他のパワーカードと比べるとデッキを選ぶ。

9点

《メタモルポット》
リバースモンスター故に若干不安定だが、決まったときのパワーはレアをも上回る。
暗黒界や《混沌の黒魔術師》との併用が定番だが、罠で守るだけでも強い。

《人造人間-サイコ・ショッカー》
《氷帝メビウス》と違い、蘇生に対応しており《奈落の落とし穴》《サンダー・ブレイク》等を完全に抑え込める。
自身にモンスターを処理する力は無いので、《簡易融合》《クロス・ソウル》を使って召喚したい。

《風帝ライザー》
前にも後ろにも触れる唯一の帝。
雑にアドバンス召喚しても強いが、《魔導雑貨商人》《黒き森のウィッチ》等をリリースして、戦闘破壊まで通すと一気にゲームの主導権を握ることができる。

《雷帝ザボルグ》
一見《風帝ライザー》の劣化だが、光属性であり、相手の帝やカオスを除去する場合はこちらの方が強いことが多い。

《洗脳-ブレインコントロール》
1枚で2000以上のライフを削れるパワーカード。
そのターンで決められない場合、奪ったモンスターの処理に困るので、上級モンスターを多めにピックしておきたい。

《簡易融合》
表も裏も消せる最強の除去魔法。
帝モンスターに繋げるとさらに美味しいが、自壊させても1:1交換のため十分。
正規召喚扱いであるため、《リミット・リバース》などで再利用することも可能。

8点

《閃光の追放者》
バブーン系・帝系・ターボ系・ダーク系に対して圧倒的に強く、ガジェットよりも高い打点を持つため、殆どのデッキに対して有効。
本職のアタッカーには太刀打ちできないので、《収縮》《炸裂装甲》等でサポートしたい。
自身は光属性として墓地に送られるので、カオスとの相性は良い。

《黒き森のウィッチ》
《閃光の追放者》《E・HERO エアーマン》《雷帝ザボルグ》《人造人間-サイコ・ショッカー》等のアタッカーや、《キラー・スネーク》《スナイプストーカー》等のコンボカードまで幅広くサーチ可能。
能動的に墓地に送るのは意外と難しく、戦闘破壊を待つケースになりやすい。

《墓守の偵察者》
《ドリルロイド》《サイバー・ドラゴン》以外の下級では倒せないモンスターを2体並べられる。
攻撃力もそこそこ強く、帝と合わせてライフを削りやすい。
プールに6枚存在するため下位でピック出来ることもあり、非常にお得。

《月読命》
《魔導戦士 ブレイカー》《雷帝ザボルグ》等、多くのモンスターを一方的に打ち取れる。
攻撃性能だけでなく、《聖なる魔術師》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》とのコンボも強い。

《氷帝メビウス》
《人造人間-サイコ・ショッカー》よりも直接的にアドバンテージを奪いに行くカード。
《大寒波》《簡易融合》とのコンボは超強力。

《神の宣告》
優位な状況では最強のカード。
《デス・コアラ》《破壊輪》《魔法の筒》等、バーンカードがプールに多く存在しているため、適当に打つのは危険。

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》
環境の顔。
詳細は《突然変異》《簡易融合》を参照。

7点

《N・グラン・モール》
表も裏も破壊を介さず除去できる上、何度でも再利用できる。
召喚権の関係上、別の攻め手を用意する必要があるが、《サイバー・ドラゴン》で補うと強力。
《聖なるバリア-ミラーフォース-》が致命傷になりやすいので、注意したい。

《デス・コアラ》
守備力の高さから場持ちがよく、ライフを削りながら《月読命》《雷帝ザボルグ》《森の番人グリーン・バブーン》に繋げる動きが強い。

《深淵の暗殺者》
安価な《スナイプストーカー》《鳳翼の爆風》等を強く使うことができる。
その反面、2枚以上確保したいため、自身を集めるために他のパワーカードを逃す羽目になりやすい。

《魔導戦士 ブレイカー》
戦闘破壊や《落とし穴》を受けなければ2:1交換が成立し、最低でも1:1交換が保障された低リスクなパワーカード。
除去を打たせたいので、戦闘から罠で守りつつ、相手のライフに圧力をかけていきたい。

《光と闇の竜》
《黄泉ガエル》《墓守の偵察者》《簡易融合》等のリリース要因と、《D-HERO ディスクガイ》《人造人間-サイコ・ショッカー》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》等の蘇生したいカードをピックしたい。
《魂を削る死霊》等でグダると、削ったリソースをドローフェイズに回復されてしまうので、膠着を解くプランも欲しいところ。

《サイクロン》
使いやすい伏せ除去。
汎用札としても強いが、《悪夢の蜃気楼》とのコンボへ向かいやすくなることが最大の魅力。

《悪夢の蜃気楼》
《サイクロン》《非常食》と組み合わせることで、2枚消費で4枚のドローが可能。
これは《強欲な壺》2発に相当するパワームーブだが、手札を0にする必要があるので、モンスターが多いデッキとは相性が悪い。
また、1度でも《キラー・スネーク》《暗黒界の武神 ゴルド》等を捨てればアドバンテージ的にも損しないので、《サイクロン》で割らずとも強いカード。
《大嵐》を牽制しやすい点も魅力。

《ゴブリンのやりくり上手》
《非常食》と組み合わせることで、大量のドローを見込めるコンボカード。
3枚ピックするのは意外と難しいため、パワーカードを取る機会を捨てやすいのが欠点。

《奈落の落とし穴》
使いやすい罠だが、《N・グラン・モール》《お注射天使リリー》《月読命》《人造人間-サイコ・ショッカー》には無力。
攻撃反応罠と比較すると、《スナイプストーカー》《魔導戦士 ブレイカー》《氷帝メビウス》《森の番人グリーン・バブーン》に対応できるが、後引きでは腐ってしまい一長一短。

《炸裂装甲》
使いやすい罠。
弱点を補完し合える《奈落の落とし穴》とは散らしてピックしたい。

《万能地雷グレイモヤ》
《炸裂装甲》と比較すると、狙ったモンスターを倒しづらいが《エネミーコントローラー》《月の書》等で回避しづらい強みもある。

ドラフトに入れていないカード

一般的なドラフトではメジャーですが、採用しなかったカードを紹介していきます。

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》

典型的なパワーカードです。
一瞬でライフを奪ってしまい、ゲームが大味になってしまうため採用していません。
これほど高いパワーを持つカードは、「見たら即ピック」が定石となるため、パック運に左右されやすくなってしまいます。
《スケープ・ゴースト》《天使の施し》《氷結界の龍 トリシューラ》等も同様です。

《魔界発現世行きデスガイド》

先攻1ターン目に通ってしまうと、簡単にゲームをコントロールできてしまいます。
《クリッター》から2枚目の自身を持ってくる動きも強力で、潜在アドバンテージが大きすぎます。
《カードカー・D》《トリオンの蠱惑魔》等も同様の理由です。

《キングレムリン》

先攻1ターン目にこのカードをエクシーズ召喚し、罠を構えて第二第三のランクエクシーズに繋げるデッキは、大量の罠とレベル4を展開するカードをピックし続けるだけで簡単に組めてしまいます。
また、《フォトン・スラッシャー》《ゴブリン・ドバーグ》《カメンレオン》《キングレムリン》等、ランク4デッキ以外では優先度が低いカードが中心のため、ランク4デッキを組むと決め打ちしたプレイヤーがピックから孤立してしまいがちです。

《緊急テレポート》

サーチ先は《幽鬼うさぎ》すらパワーが低く、プール内に大量の弱いカードを入れる必要があります。《緊急テレポート》を2枚以上ピックして、《サイコ・コマンダー》《クレボンス》を1枚取るか取らないかレベルであるため、パックに下位で流れるカードを固定化させてしまう要因に繋がります。
《レスキューラビット》《聖刻龍-トフェニドラゴン》等も似た理由です。

《霞の谷のファルコン》

このカードが強く使われている場合、殆どがハメ技が成立している状況です。弱いorハメ技の二極化に繋がるので、不採用となっています。
《デス・ラクーダ》《追い剥ぎゴブリン》等も同様の理由です。

《輪廻天狗》

3枚前提や2枚1セットのカードはピックが歪みやすくなります。《アイス・ハンド》等も同様です。

《底無しの落とし穴》《砂塵のバリア-ダストフォース-》

シンクロ・エクシーズモンスターに当てた場合、後続を防ぐため「殴らないプレイ」が正解になるケースが多発します。
その場合、ゲームが無駄に長引いてしまうため、採用していません。

秋ドラ2

ラウンド1

###構築
https://twitter.com/anumimuna/status/799833563239575553

###ピック
2勝で抜けることを意識して、罠ビートの決め打ち。
1-1《お注射天使リリー》、1-2《火舞太刀》、2-1《ギラギランサー》、2-2《聖なるバリア-ミラーフォース-》と順調に集められました。
EDに助けられたこともあり、3-0で通過。


ラウンド2

###構築
https://twitter.com/anumimuna/status/799885362940166145

###ピック
ラディドラは得意なので攻めの姿勢で。
《氷結界の龍 トリシューラ》《ダーク・ダイブ・ボンバー》などシンクロ体のパワーが高いので、猫かアンデを狙いつつアンデ中心に。
《生還の宝札》と各種バリアが強すぎて3-0


ラウンド3

###構築
https://twitter.com/anumimuna/status/799933784548253698

###ピック
オンラインでは人気すぎて組めないバジェ罠+《光の援軍》狙い。
帝に無抵抗なカードが多く初戦を落とし2-1


通算8-1のベスト4で、ドラフト民の面目は保てました。

SHINING VICTORIES徹底解説!

「SRパチンゴーカート」

星4 風 機械族 1800/1000 レア
①:1ターンに1度、手札から機械族モンスター1体を捨て、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

機械族は優秀なカードが多いとはいえ、欲しい人が限られ過ぎててプールに3枚は多いかなという印象。

「裏風の精霊」

星4 風 天使族 1800/900 
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキからリバースモンスター1体を手札に加える。

今パック最強のカード。
《占術姫コインノーマ》《シャドール・ドラゴン》《素早いビッグハムスター》《ライトロード・ハンター ライコウ》《深淵の暗殺者》とサーチ先が強力で、あらゆるデッキに入りうる。
《アステル・ドローン》に代わる4エクの相方で、それと違い競合が発生するのも良い。

「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」

星8 風 ドラゴン族/シンクロ 3000/2500
チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
①:1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。この効果でモンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。②:このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

縛り有シンクロとして、《ライトロード・アーク ミカエル》《ナチュル・パルキオン》《ナチュル・ビースト》の様に他の同レベル帯より少し上のスペックなので良い感じ。

「波紋のバリア -ウェーブ・フォース-」

通常罠
①:相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。

《激流葬》のように、自分のモンスターを守れないリターンの大きい罠なので面白い。
攻撃反応は飽和気味なので、取捨選択が大事。

「フレンドリーファイア」

通常罠
①:相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、そのカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。対象のカードを破壊する。

先行1の罠としては頼りないものの、相手の場にカードがある状態であればかなり強力なカード。
プレイングで打つ側撃たれる側ともに威力が変わりそうで期待の1枚。

SPWRカード考察

「幻影騎士団ダスティローブ」

星3 闇 戦士族 800/1000
「幻影騎士団ダスティローブ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがフィールドに攻撃表示で存在する場合、フィールドの闇属性モンスター1体を対象として発動できる。このカードを守備表示にし、対象のモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで600アップする。②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「幻影騎士団ダスティローブ」以外の「幻影騎士団」カード1枚を手札に加える。

場の効果は弱め。
墓地では《Emダメージ・ジャグラー》なので幻影騎士団が増えれば面白い。
《増援》でサーチでき、《終末の騎士》でも落とせる。

「幻影騎士団サイレントブーツ」

星3 闇 戦士族 200/1200
「幻影騎士団サイレントブーツ」の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに「幻影騎士団」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「ファントム」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

場の効果は弱め。
墓地では《Emダメージ・ジャグラー》なので幻影騎士団と幻影が増えれば面白い。
《増援》でサーチでき、《終末の騎士》でも落とせる。

「幻影騎士団ブレイクソード」

星3 闇 戦士族/エクシーズ 2000/1000
レベル3モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ対象として発動できる。そのカードを破壊する。②:X召喚されたこのカードが破壊された場合、自分の墓地の同じレベルの「幻影騎士団」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは1つ上がる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

ランク3と4のスペック差を埋められる素晴らしいカード。
レベル3で固める旨みが増え、《クレーンクレーン》《魔界発現世行きデスガイド》の強化にもつながる。

「幻影霧剣」

永続罠
フィールドの効果モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。「幻影霧剣」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、対象のモンスターは攻撃できず、攻撃対象にならず、効果は無効化される。そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「幻影騎士団」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

《デモンズ・チェーン》並みの性能を持つ罠で、制圧能力が高すぎないため採用しやすい。
ランク3やセルフバウンスとの噛み合いがある点も良い。

「幻影剣」

永続罠
フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。「幻影剣」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:対象のモンスターの攻撃力は800アップし、戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊できる。そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「幻影騎士団」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

《鎖付き爆弾》《鎖付きブーメラン》《我が身を盾に》のように使える。
ランク3やセルフバウンスとの噛み合いがある点も良い。

「超量士レッドレイヤー」

星5 炎 戦士族 2000/800 
「超量士レッドレイヤー」の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分の墓地の「超量」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。③:このカードが墓地へ送られた場合、「超量士レッドレイヤー」以外の自分の墓地の「超量」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。

2枚目以降が強すぎるのが欠点。
無限に沸く召喚権も割かない2000打点はそれだけでゲームを終わらせかねない。

「超量士ブルーレイヤー」

星3 水 サイキック族 1200/2000
「超量士ブルーレイヤー」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「超量士ブルーレイヤー」以外の「超量」カード1枚を手札に加える。②:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「超量」カードを3枚まで対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。

待望の《グリズリーマザー》《緊急テレポート》対応だが、サーチ先が強すぎるので現状では使えない。

「超量機獣グランパルス」

星3 水 機械族/エクシーズ 1800/2800
レベル3モンスター×2
①:X素材が無いこのカードは攻撃できない。②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。このカードが「超量士ブルーレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・フィールドの「超量士」モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

守備力2800は《焔征竜-ブラスター》でも超えられないため、《ゴーストリック・アルカード》《幻影騎士団ブレイクソード》を優先したい。

「超量機獣エアロボロス」

星4 風 機械族/エクシーズ 2200/2400
レベル4モンスター×2
①:X素材が無いこのカードは攻撃できない。②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。このカードが「超量士グリーンレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・フィールドの「超量士」モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

4×2を重ねないほうが強いことの多そうな絶妙なスペック。
擬似除去持ちなので、パワーを下げたいときには採用したいカード。

「超量機獣マグナライガー」

星5 炎 機械族/エクシーズ 2600/2000
レベル5モンスター×2
①:X素材が無いこのカードは攻撃できない。②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのカードを破壊する。このカードが「超量士レッドレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・フィールドの「超量士」モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

《終焉の守護者アドレウス》《No.61 ヴォルカザウルス》と比べるとパワー不足が否めない。
ランク5は高めのパワーに設定したいため、現時点では採用圏外。
プロフィール

いむな

Author:いむな
ドラフトの王


2015秋ドラ 7勝2敗ベスト4
2016秋ドラ 8勝1敗ベスト4
2017秋ドラ 1勝2敗予選落ち

TwitterID:anumimuna

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
徘徊リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR